かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話

第12話「やがて恋がはじまる」自分の所為で病気が進行してしまったやす菜と一緒に居る事を決めたはずむ。はずむはその決意をとまりに伝えようとするが・・・。

結論から言っちゃえばやす菜エンドなんだけどむしろとまりの見せ所ばかりの最終回でしたね。はずむ・とまりそれぞれに決意してそれを相手に伝える。悔しくない訳じゃないけど相手のために笑って終わらせられるように努める二人は痛々しい。最後の思い出とばかりに1日遊びまわる二人、おそらくもう二度とないであろう二人だけの日常。ちょっとでも浮気めいた事をするとやす菜の病気が悪くなるかもしれないとビクビクしながら付き合っていくのはあまり健全な関係にも見えないなぁ。しかしとまりは「お前が結婚しても、しわくちゃのばあさんになっても、お前の孫にお前のばあちゃんは私のお婿さんになってくれたんだって自慢してやる」って言ってましたがこの台詞よくよく考えるとやす菜との関係が破綻する事前提の未来の様な気が。やす菜とは結婚も出来ないし子供も孫もつくれないしなぁ。とまりにはぜひ幸せになって欲しいです。

総評:やはりあまり重くない前半から中盤までが一番良かった。たぶん殆どの視聴者が楽しみにしていたのは可愛いはずむ君に振り回されるとまりとやす菜のほんわかした三角関係であってどちらか一人に絞った結果が欲しいって人はそんなに居なかったんじゃないかなぁ。もし原作版がとまりエンドになるならバランスが取れるとは思うんだけどそうでないならあえて後味の悪いやす菜エンドにする必要は無く、なんとなく仲良し三人組の日々は続いていく感じで終わっても良かったんだと思うが。結局視聴者のニーズと作品の展開がずれてしまった所にこの作品の惜しさというか欠点があったなぁ、と。キャラの立て方、物語の導入、絵柄、これらから導き出されるニーズはややぬるめでいいと思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第11話

第11話「その瞳から消えたもの」
勘違いからやす菜が抜け駆けしたと思い込み対抗してはずむにキスをしたとまり。そこへやす菜が現れて・・・。

うへ~、こんなに重い展開になるとは。やす菜のアレは卑怯つーか殴り合いとかが軽く見える最終兵器。ああなっちゃったらもうやす菜選ばないとはずむの人間性が疑われるしなぁ。何かもう少しすっきりしたオチを期待したかったんだが13話構成ならこのラストがベストの選択かなぁ。
今回はギャグ入れなかったのは良かった、入れてたら雰囲気ぶち壊しだしね。今回あゆきが一番男らしい。どっちの芽を間引くか悩んでそのまま伸ばしてしまったはずむに半ギレで説教シーン見てるとはずむのどこが好きだったのか疑問に思えてくる。やっぱとまりが好きって方が自然だったような気がするんだけどな。
しかし宇宙仁のテクノロジーとかでやす菜の病気が治るかもしれないと期待していたんだけど全く逆で宇宙仁がやす菜×はずむの観察から治療法を見つけようとしていたとはねぇ・・・。この流れだとやす菜エンドになりそうだけどとまりファンにも気持ちよい感じで終わって欲しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第9話

第9話「この願いはかないますか?」
皆で夏祭りに出掛ける事になったがはずむは幼い頃の出来事が胸に引っかかっていた。

いままではずむが二股に対して悩む所が無かったのはこれをやるためだったのね。幼い頃に優柔不断の挙句欲しかった綿あめを逃してしまった事がトラウマになって今のやす菜・とまりの状況とダブって見える。それぐらいでトラウマになるかどうかは置いといてなかなか面白い仕掛けだ。ただ、はずむが優柔不断であると言う事はもう少し以前から画面で見せてくれていると効果的だったんだけどな。
やす菜ととまりは前回よりももう一歩すすんではずむにとって一番いい関係になる事を決めたみたいではずむの杞憂は空振りに終わったみたい。まぁそれもはずむの涙有っての事なのかもしれないが。
あゆきは前回よりもむしろ今回の方が光ってた?はずむを見て微笑んだり、とまりに浴衣を着せるように差し向けたり。自分の浴衣のチョイスも渋めの柄が多い所とか蝶の柄を結局選ぶ所も良いなぁ。明日太の妄想はディフォルメでやっちゃダメ。はずむの喋りも縁起っぽくするよりも妄想なんだからマジな方がいいかな。次回は早速やす菜の休戦協定破り?

PS.はずむが「トイレ!」って言って逃げた時、草むらでするのを期待したのは僕だけじゃな(ry

| | コメント (0) | トラックバック (6)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第8話

第8話「見ているだけが・・・」
はずむの恋愛観察をする宇宙仁は新たなデーターを取る為に肝試しを提案する。

思いがけず来たあゆきメイン回と思ったら真のメインはやす菜ととまり。蝶の演出は文字は入れずにあゆきに喋らせた方が良いと思うけど尺の関係で書いた方が早いからだろうな。原作でどうなっていたか知らないけどあゆきがはずむのことを好きってのはちょっと唐突。もう少しやす菜があゆきを見て不思議がる演出とか欲しかったかな。どっちかと言うととまりの事が好きって話のほうがしっくり来る。
はずむモテモテだなぁ。肝試しに行きたくないと泣くところとか可愛いい。しかしはずむはやす菜に対して何にも後ろ暗い所がないってのはどうよ?二股ってのをもう少し気に病んだほうがいいぞ。
やす菜ととまりはあっさり打ち解けて良かったなぁ。やす菜はもともと精神的な問題さえなければ人付き合いは得意そうだからこのまま双方向性の三角関係になっちまえばいいと思う。個人的にはやっぱあゆきと明日太がくっつくのがすっきりとするけどなさそうだな。次回からは辛い展開っぽい?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第6話

第6話「お嫁さんとお婿さん」
やす菜とはずむのキスを目撃したとまりはそれ以降はずむに対してよそよそしい。そんなとまりの行動にはずむはどうしても納得がいかない。

前言撤回というかやはりやす菜はずるい。逃げるとまりを追おうとするはずむの腕を掴んで制止し「受けとめくれてありがとう」と釘を刺す。この一言でもうはずむはやす菜を放ってとまりを追う事が出来なくなる。やす菜は絶対それが分かってやってるのがずるい。とまりがはずむの事を好きなのもはずむの中に友情なり恋愛なり無視できない程のとまりに対する感情が有るのを知ってるのに。
とまりに対して積極的にアプローチしていくはずむは可愛いなぁ。いままで引っ込み思案なキャラだったので廊下の角から出てくるシーンとかポジティブな娘に見えて良い。
あゆきの「舞台に上がる事を決めたのはあなたでしょ?」のシーンはもう少しあゆきのアップとかで印象の強いシーンに仕立てて欲しかったなぁ。脇役ですが台詞は重いのでもう少しプッシュした演出でもいいと思うのですが。
川原での告白まがい、他の人も書いてますがもう少し「二股とは違うんだよ感」みたいなのが欲しいですね。やす菜に対してどう説明するのかの前提が一切無しではずむ君ちょい暴走気味。川を渡るはずむを見て我慢仕切れなくなったとまりのシーンは良かった。涙滲ませてるとまりを見てこっちもちょっとウルっと来ました。
今回は親父の妄想シーンは控えめで残念。来週は明日太メイン?楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話

第5話「やす菜の目に映るもの」
はずむに告白したのをとまりに責められ悩むやす菜。同時にはずむ・とまりもそれぞれやす菜との関係に悩む中、宇宙仁がやす菜の秘密に気付く。

今回はいい感じに悶えられる展開でした。まずは明日太の妄想がいい感じ。単純な見た目だけなら3人中一番可愛いはずむきゅんにちょっとドキドキの明日太は男性視聴者の分身ですな。もともと同性の親友なので気兼ね無しに話しかけてくるあたりとかはずむ可愛いよ。
学校着いて早速イチャイチャの二人に置いてかれるとまり、捨てられた子犬のような感じが良い。今
までよく分からなかったやす菜の問題が初めてやす菜視点で描かれ少しだけ溜飲が下がった。やす菜が描いた、顔の無いはずむ・体さえはっきり描いてない明日太の絵。この設定はなかなか面白い。幼馴染のとまりと違ってやす菜にはずむに固執する理由が無い。そこでこの設定―男の事が認識・区別できない性質―によってやす菜にとってはずむを唯一無二の存在にしなおかつはずむが女になることでさらにその強度を補完するという上手い構造だ。確かにやす菜視点で描かれた世界はちょっと怖い。「火の鳥」で人間が化け物に、ロボットが人間に見えるようになってしまった青年の話があったが突如世界の半分が得体の知れない「何か」で埋め尽くされていたとしたら普通の精神でいられない。そういう意味でやす菜の「革命だった」って言葉は素直に胸に入ってきました。やす菜の驚き喜びそして絶望。とまり派の自分でもここはやす菜に同情を禁じえない。せっかく見えたものの男である以上いつ消えるか分からない、これはむちゃくちゃ怖い。
その経緯を聞いてやす菜を受け止める決心をするはずむ。好きとか嫌いとか言う前に良心が先に出ちゃってキスシーンをとまりに見られて以下来週。来週からはとまりの反撃キスが。楽しみ楽しみ。
お父さんの妄想中のはずむエロ可愛すぎでした。泡まみれで少し伏せ目がちに入浴を許可するはずむはマジやべぇ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第4話

第4話「少女三角形」
やす菜と再び友達の関係に戻れたはずむ。だが二人の関係を見守るとまりは違和感を覚える。

やっぱとまり派の自分としてはやす菜は気に食わねー。男の時は振っておいて女になったら何故かベタベタ。友達、というにも一気に間が詰まりすぎ。部活の先輩の頼みを断ってまではずむと買い物に出掛けあまつさえペアルックで「私たちも恋人に見えるかな?」って何か都合のいい奴って感じ。しかもとまりが二人の関係を怪しんでいながらも強く出てこないのを見越して動いたり。
対してとまりは今回かなり不憫。恋愛対象としては全く見られていない間柄のうえに同性になっちゃって気持ちの行き場が無い所をやす菜に掠め取られは文句言おうにも言えるような立場に無いし・・・。次回やす菜の抱えてる問題が明らかになるけどそこまでしか原作は読んでないのでそれ以降とまりがどう動くか楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第1話&2話

第1話「少年はその日変わった」第2話「彼女は彼女であることを自覚した」
地味でおとなしい大佛はずむは花を育てるのが好きな女っぽい男の子。失恋した心を癒す為に行った山で宇宙船の事故に遭い手違いで女性として体を再生されてしまった。

割と期待している一本。宇宙船なんて物が出てきますがSFではなく現代物ラブコメです。百合属性は個人的に無いのですが細やかな感情の動きに期待しています。あかほりさとる原作と言う事で寒いギャグがありますがそれ以外はゆったりとした作りなのも良いです。
当然個人的にはツンデレ・ツインテール・田村ゆかりと三種の神器をそろえた幼馴染のとまりちゃん一押しです。女っぽいはずむに男勝りのとまり、幼馴染としてバランスを取って来たけど実ははずむの事が好き。そのはずむに好きな娘ができただけならいざ知らず恋愛の対象に出来ない「女の子」になってしまったはずむに・・・というのが見所。1話目でも告白するよう煽った事を後悔してあゆきに「その方が諦めがつくから?」って見透かされてる所とかいいですねぇ。2話目では恋愛感情の行き場を無くしはずむを避けていたけどはずむの頼りなさに我慢できずに女の子としてのノウハウを教える事になりどんどん墓穴を掘っていく様が良い。やっぱツンデレキャラは墓穴掘らないとね。その反面一人で悩んだりするデリケートな面もあったりして緩急取り揃えたキャラ作りとなっています。
相対するやす菜ちゃんはちょっとした秘密があって男の子としてのはずむよりも女の子のはずむの方が好き。彼女の感情は100%恋愛感情ではなくて、「安心感」を得る為の行為である部分があって色々と複雑です。この複雑な事情が絡み合ってもどかしい感情を生み出す、それが「かしまし」の魅力だと思います。

あかほり式ギャグを抜けばある意味神の領域まで達したかもしれないのが残念。でもそれ以外の部分もあかほりが書いているってのも信じがたい様な気もするw
副題の「ガール・ミーツ・ガール」って言葉が何か好き。百合属性は無いんだけど百合属性を許せる世界は穏やかでいいと思う。マリみてを除けば百合属性の強いアニメって初めてかな?百合界期待の星になれるのか否か?

| | コメント (0) | トラックバック (4)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想