ノエイン もうひとりの君へ 第24話

第24話「ハジマリ」
マジックサークルプロジェクトの実験がはじまりシャングリラからの侵食が起きる。一方のハルカはノエインに同化されようとしていた。

不思議と最終回カタルシスは無かったんだけど綺麗に終わったとは思います。欲を言えばやはりユウ自身の活躍、ベタだけどピンチを心の強さで跳ね返す様な展開でハルカへの思いを表現して欲しかったです。まぁラストの「ハルカを忘れたりしない!」ってのがそれに当たると言われればそうなんですが最後の最後まで出てこないんじゃなくて途中でカラスを逆に助けたりするぐらいのシーンが欲しかったと言う事で。
ラストにラクリマ界の住人についてその後が一切示されていないけどこれはゾイドと違ってそれがほぼ正解。ハルカが境界の当のてっぺんを眺める事自体がカラスの無事を示している訳だから。でも個人的に逮捕される篠原とかちょくちょく会うようになったハルカの両親、なんとなく腐れ縁になってしまった郡山と内田ちゃんみたいなその後は見たかった。

総評:とにかく明るい話・暗い話のコントラストが上手すぎる作品でした。未来の自分が現在の自分にとって天敵になってしまうヘビーさ(割とすぐ解消されてしまいましたが)とイサミと和解した後のユウ達仲良しグループの日常シーンの楽しさが異常なまでに極端な配置であるにもかかわらずバランスを取れたことは奇跡に近い。楽しい話は脚本もすごいがあの独特のシンプルな絵柄の力もかなり有ったと思う。脚本を十分に生かす絵柄であり動画だったと言う事も忘れちゃいけないと思う。
キャラクター的な事だと殆どのレギュラーキャラが魅力を十分に発揮できたと言う事に関しても2クールアニメとしても奇跡的な完成度だと言える。イサミ・アイ・ミホの3人は言うに及ばず、郡山・内田・アトリ・トビなどの準中心人物、さらにはハルカ・ユウの母親や雪恵・篠原といった外周部のキャラまでキャラが立ってた。原作付きアニメですらしっかりとした脚本が作れない事が多い中このクオリティーの高さは異常。巧みさだけで言えばアニメ史上に類を見ないほどかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ノエイン もうひとりの君へ 第21話

第21話「マボロシ・・・」
シャングリラからの脱出方法が見つからないまま彷徨うユウ達。トビ達も何とかハルカの位置を確認するが・・・

今回はミホ&アトリが光ってた。前回で萌えアトリ返上かと思ったけどいい人部分も残ってたんだ。自分をシャングリラに送れと強引に迫るアトリを止めようとしてケンカになるアトリとミホのシーン「あたしに怒らないでよ!今怒ってるのはあたしなんだから!」って訳分からない理論のミホが素敵だ。ミホに泣かれて折れるアトリも「こいつらを守りたいんだ・・・」って格好良い。上手い事敵キャラ→萌えキャラを経て燃えキャラに。
シャングリラの三人はハルカがいい感じに引っ張ってるなぁ。「この世界は幻だ」と言うカラスに対して「カラスもユウもここにいるよ」って肯定する泰然さが気持ち良い。ラクリマ時空のハルカを見捨てたと告白するカラスにも「私笑ってたでしょ?」って諭すように話すハルカがすごく穏やかで小学生なのに母性出まくり。
結局ノエイン=シャングリラのユウの目的はハルカの確保だったか。時空の収束と言う目的の他に当然ユウとしてのハルカに対する固執があるんだろうな。ただもう一人(二人)の自分であるユウ・カラスをいたぶる理由はよく分からない。ハルカが死んだ事を過去の自分のせいにしてるしてるのか?
黛博士は内田や郡山に説得されたうえハルカ母と出会ってマジックサークルを止める決心がついたみたいだけど死なないといいなぁ。公式サイト見るとノエインって24話でらしいなぁ、あと3話しかないのか。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ノエイン もうひとりの君へ 第13話&14話

第13話「ネガイ」第14話「キオク」
戦いによって傷ついたカラスの体を再生するためにレイズの褶曲ポイントへ向かうハルカ達だがその前にコサギが現れて・・・。

いやー、ここまでアトリが良キャラになるとは思ってもいませんでした。トビの方も今まで優柔不断で何がしたいのかよく分からないキャラだったけどアトリをかばったりコンピューターに長けていたりとぐぐっと高感度がUP。その上、アトリ×ミホ、トビ×雪恵ちゃんのカプ成立の予感?なんか二人が可愛くてしょうがないんですが。
本当にこの番組緩急の付け方が上手い。カラスがヤバイっていうのに郡山とのカーチェイスシーンとか楽しくてしょうがない。14話の皆が集合している時とかもすごくほのぼのとして気持ち良い。アイやミホが未来人だったり元敵だったりする二人をあっさり受け入れてくれたおかげだな。
反面ユウはカラスにべったりなハルカが面白くなくて色々あるわけだがおかげでようやくハルカに対する気持ちに気付いたみたい。今後はもっとユウが頑張ってくれるとうれしいなぁ。カラスは縁の下の力持ち程度で。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

ノエイン もうひとりの君へ 第8話

第8話「カクシゴト」
ラクリマ時空界から元の時空に戻ったハルカとカラス。だが親しげな雰囲気の二人にユウは苛立つ。

あーやっぱ元の世界中心の展開は落ち着くわ。イサミとアイが雪恵ちゃん挟んでケンカしてたりカラスが犬や猫と戯れたり生ゴミ漁りをしているトビとかを見て和む。未来のユウらしいと気付いてだいぶ気を許したカラスとおしゃべりをするハルカとかいい感じ。
その一方でユウとその母親の仲はだいぶ深刻になっちゃいましたねぇ。「お姉ちゃん」ってのはてっきりユウの姉の事だと思っていたのに母親の姉だったのか。この問題は何か話の中心に関わってくる事なのかなぁ?ラクリマとかシャングリラとかの影響で母親はおかしくなった?
部屋でじゃれてるユウとハルカは久しぶりにいい感じになったのにカラスの今後の身の振り方とかユウの母親の事とか問題アリアリだな。とりあえず今はユウの母親が気になる。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

ノエイン もうひとりの君へ 第6話

第6話「ナミダノジクウ」カ
ラスと共に強制的にラクリマ時空界に転送されたハルカ。そこはハルカ達の住む世界から15年後の未来だった。

やはりカラス=ユウ、フクロウ=イサミ、アマミク=アイみたいだな。当然アマミク達にもカラスほどではないにしろハルカに対する動揺があるみたい。そのことがアマミクとフクロウの足かせにならなきゃいいんだけど。
カラスは先週から壊れたまま地下に幽閉。個人的にはもう少しラクリマのハルカとの過去を交えつつ思いでがフラッシュバックしてハルカに傾く、みたいな流れが良かったなぁ。クイナ曰くこの時空のハルカはカラスが殺したらしいのだがもう少しその辺りが知りたい。
ラクリマの食事にすぐ適応してしまうハルカは逞し過ぎ。しかも最初に喰ったのが一番グロそうな生きた芋虫ってあんた・・・。
ミホの娘とのドタバタシーンは暗くなりがちなラクリマでの息抜きでよろしいんじゃないでしょうか、次回から出てこなさそうだけど。
ユウはハルカが目の前で消えた事でかなり情緒不安定な感じでますます自分好みのキャラになってきた。内田ちゃん達の協力でラクリマに干渉したり出来るのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ノエイン もうひとりの君へ 第5話

第5話「ソレカラ・・・」
軟禁状態が続くユウに対して何も出来ないハルカ達。一方、竜騎兵アトリは仲間二人とともに独自の行動を開始した。

なんてこった!ハルカのお風呂シーンが無いなんて。ここまできたら出来るだけ毎回入れて欲しかった。
ミホの家のシーンは楽しくて良い。重い話と軽いシーンとコントラストが心地いい。他にもハルカの家の犬とカラスが会うシーン(時空が違うユウでも何か似た物を感じ取っているのか?)とかアイとイサミがサッカー部の傍らだべってるシーンとか日常っぽいシーンが何かいいんだよなぁ。
内田ちゃんと郡山の二人もいい感じにクッションになるし今後堂絡むのか期待できる。
ラクリマ時空界側は展開速過ぎてちょっ心配。イスカは死んじゃうしカラスは早々にハルカ側に傾くし。もう少しカラスの苦悩が見たいんだけどなぁ。フクロウはやはりこの時空のイサミなんだろか?そうするとこの時空のアイはどうなったんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (6)

ノエイン もうひとりの君へ 第3話

第3話「オワレテ・・・」
突然始まった怪現象、空に掛かる謎の輪、混乱の中ユウとハルカは竜騎兵のアトリに襲われる。絶体絶命のピンチを救ったのは竜騎兵カラスだった。

やったー、作画が元に戻った!しかも先週のラスト部分使い回しできる内容なのに今週の作画で書き直してくれたよ、偉い!今週は絵を見てるだけでなんか嬉しい。
アトリと対決するユウ、マント部分は物理攻撃無効?必殺技も持ってるし完全に太刀打ちできません。今後ユウはどうやってハルカを守るのかな?何かの調査員風の二人が助けてくれるのだろうか。「ファンタジックチルドレン」の二人みたいに役に立たない予感もするけど。
カラスはようやくハルカ達に対する心残りの様な物をはっきり見せてくれた。死体でも構わないはずのハルカを身を挺してでも助け、怯えるユウに叱咤激励を飛ばす。カラスの目の前からハルカが消えてから十数年、カラスは自分の無力さを呪ったんだろう。もっとカラスの心を描いてくれると切ない話になってくだろうからこれからに期待。
後半は日常中心、こちらの方が今の所好み。今週も入浴シーン有り、先週の色っぽいのも良かったけど今週の健全な可愛さも非常に良い。アニメキャラって髪形変えるとすごく可愛く見える時がある。
女の子3人で会話、何かこのシーンすごい良い。まず声優がいいよ、ふしぎ系の工藤晴香、元気のいい千葉紗子、普通に可愛い名塚佳織とバランスがいい。「二人きりで何しての?」とか言われて今更恋人説否定したり、ミホが実はユウの事好きだったり。小学生女子3人の恋話で異様に癒されてしまいました。
ユウとハルカの胸が苦しくなるシーンは緊迫感有って先の日常シーンとの対比が上手く出来てる。ハルカはいきなりピンチですねー。とりあえずこの作画で行ってくれれば相当楽しめる確信が有る。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ノエイン もうひとりの君へ 第2話

第2話「イエデ」
龍のトルク=ハルカを奪いに来た竜騎兵は身内争いの上去って行った。翌日、相変わらず受験の事しか頭に無い母親に反発してユウは家を出る。

はっきりいって先週の癖の強い作画のほうが断然好み。今週はやたらとハイライトの線入れすぎ。髪の毛とかやたらツヤツヤだし眼もキラキラ。アクションの動きも少しうるさかった感じ。でもハルカの入浴シーンは色っぽくて良し。後半も喫茶店シーンまではまぁまぁ良かった。アクエリオンの時もそうだったけどキャラ作画は一度決めたレベル・方向性で統一してくれないと落ち着かない。無理なら基準レベルを最初から少し落とすべきかも。
まだ話は公式ページ見てないとサッパリなレベル。カラスがハルカを龍のトルクとして扱う事にあまりためらいが無いように見えるのは個人的に残念、もう少し苦渋の選択っぽい物を期待してたんだけど。あと本筋と関係ないところでアイとイサミくっつかねぇかなぁと期待してる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ノエイン もうひとりの君へ 第1話

ノエイン もうひとりの君へ 第1話「アオイユキ」
新番組8本目。小学6年生の上乃木ハルカは絵本作家の母親と二人暮し。目下気になる事は幼馴染の後藤ユウが受験勉強に追い立てられ付き合いが悪い事。一方、ラクリマ時空界の竜騎兵カラスは敵の侵攻を止める鍵「龍のトルク」を求めハルカ達の前に姿を表す。
監督・シリーズ構成は「エスカフローネ」の赤根和樹、キャラデザは「アルジュナ」の岸田隆宏、製作は「アクエリオン」のサテライト。
背景とかにCGを多用しかなり美麗な画面。綺麗さだけで言うなら今期のアニメでダントツのトップ。反面キャラデザは動き重視であっさりしつつ目の描き方なんかはかなり個性的で多少好みが分かれそう、自分的にはアリだが。所謂萌え絵とは別ベクトルでの大きな瞳はキャラの心理描写に大いに役立っている。コメディ的な場面でのディフォルメや振り付けも上手い。あと背景も綺麗な上に膨大なカットで使われていて量がすごい。
声優はヒロインのハルカに「ハチクロ」ハグちゃん役の工藤晴香、他は殆ど安定したメンバーで安心して見れそう。僕は子供の役にそのまま子供の声優を充てるのは好きじゃないのでこの声優陣は助かる。工藤晴香もハグちゃんの時よりだいぶ上手くなったように聞こえる。
話的には、というか全体的に「ファンタジックチルドレン」に似た空気が漂っているので放送開始前から期待していたがまぁ大体期待通り。世界を救うか彼女を救うか、敵は未来の自分、護るのは現在の自分。様々な葛藤を孕みつつハルカを護ってしまう、そんな純粋で切ない話が展開されそうです。
第1話の時点でマイナスポイントは無し。だが次回予告見たらいきなり作画がこってりした物になっててゲンナリ。良いか悪いかは別として2話目から作画の統制取れてないよ・・・。やり直しを要求シル!余談だが舞台の北海道・函館はサテライトのスタジオが北海道にあるからのようだ。聖地巡礼するとなると大変だなぁ北海道は。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

MAD関係 | おすすめサイト | アイドルマスター | アニメ・コミック | イラスト | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | ニュース | パソコン・インターネット | ライトノベル | 同人関連 | 恋愛 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未分類アニメ感想 | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 音楽 | <アニメ>うたわれるもの感想 | <アニメ>かしまし感想 | <アニメ>かみちゅ!感想 | <アニメ>くじアン感想 | <アニメ>なのはA’s感想 | <アニメ>ぱにぽに感想 | <アニメ>ひぐらし感想 | <アニメ>まなびストレート感想 | <アニメ>よみがえる空感想 | <アニメ>エウレカ感想 | <アニメ>ガンパレ感想 | <アニメ>コードギアス感想 | <アニメ>ゼロの使い魔感想 | <アニメ>タクティカルロア感想 | <アニメ>ネギま!?感想 | <アニメ>ノエイン感想 | <アニメ>パラダイスキス感想 | <アニメ>パンプキンシザーズ感想 | <アニメ>フタコイ感想 | <アニメ>ローゼン2期感想 | <アニメ>極上生徒会感想 | <アニメ>涼宮ハルヒ感想 | <アニメ>灼眼のシャナ感想 | <アニメ>舞-乙HiME感想 | <アニメ>ARIA感想 | <アニメ>ARIA2期感想 | <アニメ>BLOOD+感想 | <アニメ>Canvas2感想 | <アニメ>D.C.S.S感想 | <アニメ>Fate感想 | <アニメ>IGPX感想