極上生徒会 第26話

最終回「今日も極上日和」
シリアスな展開は先週までで日常を映して終わりかと思いきや先週の後始末からスタート。神宮司家当主の座は飾りで、能力使用を申請・許可する通称V機関とか何とか言う人達が牛耳ってて極上生徒会を潰そうとする―この辺りのくだりは正直要らなかったなぁ。奏の元で新生神宮司家はオープンになっていくってので良かったのに。なーんかまた聖奈さんが一人で美味しいとこ持ってっちゃった感じ。
1期生が卒業しても結局宮神学園の理事とか講師になって今まで通りの顔ぶれってのはまぁお約束の展開ですが一番良い形でも有る。奈菜穂の「理事長が困っている!これがどういう事か分かるか!」ってのはいかにも日常への回帰の合言葉って感じで顔がほころびますね。きっとこれからも何百回となく繰り返される合言葉。何年経ってもこの一言さえ有れば極上メンバーが集まる魔法の言葉なんだと思う。
最後のアクション、やっぱ和泉香かっこいい。最初はあんま好きじゃなかったんですけどね、りのに対抗心メラメラで。僕は最初好きじゃなかったキャラを好きにさせてくれる作品てのはすごいと思うんですよ。最初から好きにすることは結構簡単だけど、最初はちょっと嫌な奴だなと思わせといて納得いく形でその感情を反転させる。そうすると最初から好きな時よりも反動がついてすごく好きになれる場合が有る。香はそんなキャラですね。
全体の構成を今眺めてみると13話目からシリアス展開に入っているんですよね。それまで4話とか7話とかで散りばめといたシリアス寄りでいい話系の展開を13話からガッと流し込んで尻上りに面白くしていく、何だかんだ言って黒田先生大したもんです。
関係ないけど先週初めて気付いた事、りのとか中学生だったのね。全員高校生だと思ってたけど中高一貫の校舎で生徒会だったのは気付かんかった。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

極上生徒会 25話

第25話「その声は風にのって」
祖父の急死により神宮司家の当主となり宮神学園を自主退学した奏に会うために集まる極上生徒会メンバー。全員の力を結集し警備員を出し抜き奏に自分達の気持ちを伝えようとするが・・・。

特別すごい演出や脚本では無いけどやはりこういうのはとてもドキドキしてグッと来る。会長は自ら身を引いたのだから会いに行くことは会長の望みではないのかもしれないとネガティブになる生徒会メンバーに対しりのは「ただ好きな人に会いに行くのがいけない事だなんておかしい」と主張する。こういうとき馬鹿キャラの台詞は強い。馬鹿で素直な故に理屈とか世間体とか抜きで気持ちを表現できる。
変な所で黒服達が「たかしくん」「○○くん」って呼び合ってるのは面白かった。バトル的には和泉香が良かった。今まで殆ど良いとこ無しな印象だったけど合気?柔道?で敵をなぎ倒す姿は格好良かった、ちゃんと強いんだ。あと管理人さんも強えー。こやまきみこ声はゾイドだとうざいけど管理人さんだと可愛いなぁ。シンディはもう少し早く普通に喋って欲しかったなぁ、ラスト前ってのは遅すぎ。シンディ・管理人さん・聖奈さんが残って戦うシーンがあったけど絶対聖奈さんは戦ってないよなぁ、二人だけ息乱れてたし。遅れてきた久遠も着たい通りの台詞を吐いて4兄も皆の気持ちを代弁してくれて細かく感動できるシーンがたくさんでした。ラストに1話残した構成も良かったと思う。最終回はのんびりムードで迎えられそうで好みの展開。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

極上生徒会12話

「極上生徒会」 第12話「それは雨の日に」
油断するとこういう良い話を持ってきてくれるのが嬉しい。異常なまでに奏会長に対して忠誠心の高い副会長の金城奈々穂の過去。代々金城家は神宮司家の護衛を担う家柄で小学生の時両親から自分の人生は神宮司家のためだけに有ると聞かされ全てを諦める奈々穂、習字の課題・将来の夢を空白で提出するシーンがなかなかするどい演出。護衛対象である奏と初顔合わせの時、奏が出した最初で最後の命令「貴方はもう自由になってください」自分の自由を奪う対象として憎悪を燃やしてきた相手に思いがけず掛けられた優しい言葉に涙する奈々穂、自分も泣けました。それからしばらく普通の生活を満喫する奈々穂、雨の日に突然、奏の横顔を思い出す。あれは全てを諦めた顔だ、自分と同じように。雨の中、奏の家に走る奈々穂、偶然家を飛び出した奏と会う。突然手に入った自由に何をしたら良いか判らないと語る奈々穂は自分に自由をくれた奏に感謝し今度は奏を自由にする事が自分の夢だと言う。都合の良い親友馬鹿なキャラクターにせずちゃんとした理由を作ってキャラの内面性を補強する、最も基本的な作業だが案外手を抜かれている部分でもあるのでこういう話を見ると安心するなぁ。しかし人によってはシリアス展開全く期待してないようですが個人的には定期的にこういう良い話入ってこないと辛い。せめて作画が良ければもう少しギャグも生きると思うのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

フタコイ

休日をひたすら溜まったアニメ消化に費やしております・・・。まだだ!まだ終わらんよ(泣

極上生徒会」4話「素晴らしく冴えたやり方」
蘭堂りのの教育係に任命された和泉香は会長と親しくなったりのを嫌っているが「自分は会長の失望する様な事だけは絶対にしない」と、りのとプッチャンに宣言する。そんな中、人形劇部で人形が壊される事件がありプッチャンは新入部員の子が怪しいと言うがりのはその推理をかたくなに拒否する。「楽しくないといけない」りの言葉に孤児だった頃会長に拾われた時の事を思い出す香。香は猫の仕業だったと丸く治めるが実は部長が後輩の力に嫉妬して起こした事件だった事を隠してわざと猫を犯人に仕立て上げていた。「自分に憧れている人達が失望する様な事はやるな」と後で部長を叱責する香、なんだかんだ言ってもいい人である。憧れている人が清らかなままで居て欲しいというのは憧れる側の勝手な願いかもしれないが僕はいつもこういうときスパイダーマンの「大きな力には大きな責任が伴う」という台詞を思い出す。「魅力」カリスマと言い換えてもいい何かしら人を引き付ける能力を持つ人間はそれなりの責任感を持って欲しいと思う。どうでもいいけど平仮名で「りの」って名前激しく文章書きにくい。

フタコイ オルタナティブ」5話、サブタイトルは失念(公式サイトがまだ更新されてないので調べるのがめんどくさい)
3話の暗い話も良かったが待ちに待っていた自分好みのお話。なんとなく、しかしいつも一緒にいる沙羅・双樹・恋太郎の三人。だが双子は時々連絡を絶ってプチ失踪をする。いつもは2・3日だが今回は1週間経っても戻ってこない。いつも近くに居る存在が今は居ない。何が理由で一緒になって何が理由で帰ってこないのか。三人の関係に明確な答えが無いから起こる状況。友達以上恋人未満な女の子が二人居てしかもお互いはライバルではなく仲の良い双子。恋人で無い以上拘束することもできないし家族でもないので深い事情を追求する事も出来ない。それでも三人はかけがえの無い関係。やっと帰ってきた二人に「ただいま」も「おかえり」も無い。やっぱりそれも名前の無い関係だからこそ。二人の女と1人の男が真剣にずっと一緒に居られる関係など今の日本には存在しない。だから三人の関係には名前が無い。「二人一緒じゃ駄目ですか?」という双恋=フフタコイのキャッチコピーに対しアニメスタッフが出した答えがコレなんだと思う。双恋を企画した人間は正直もっと軽い気持ちで作ったと思うけどそれに対して最大限真剣な答えを出したんだと評価したい。今回はアクションも殆ど無し、BGMも3曲ぐらい?を時々使うだけでモノローグ中心の静かな展開が気持ち良い。カレカノとかモノローグの多い作品好きみたい>自分。今回の細かい内容は<パズライズ日記>さんとこ参照すると良し。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想