BLOOD+総評

一応1年間通して見たので最期に。2ndおよび3rdOPの手の込みようや全体的な作画レベルの維持など作画面に関しては投入されたコストの分だけ評価できると思います。しかし脚本演出で「作品のテーマ」が見えてこないのは致命的。出自の運命に翻弄される少女の悲劇を描きたかったのか(これは土6のオリジナルアニメとしては相応しくないかも)、異種族間の対立と和解を描きたかったのか、悩み続ける若者の姿に若い視聴者を共感させようとしていたのか。どれにしても半端な表現だったと思う。
悩み多き世代にとって悩み続けるキャラクターは共感できると思う。だが同じ悩ませるにしてももう少し実の有る回答を出せなかったものか。結局、最後の最後カイの台詞まで小夜出した答えは後ろ向きな物だった。1年間悩んで出した答えがカイの一言二言で否定される様な安い物だったと言う事だ。これではそれまでの出来事に大して価値を見出せない。今まで歩いた道を肯定する為のゴールをちゃんと目指して歩かなければ見ていて納得の行く物にならない。ゴール直前でワープして別のゴールに到着するなんてしらけるだけ。つくづく土6の番組はそこが甘いと思う。悩めばいいんじゃない、どう悩みを解決するかに意味があるんだ。運命によって無理やり解決してしまった悩みや棚上げされた悩みなんかに価値は無い。
ジャンプアニメを除けばTBS土6のアニメは一番広く若い世代に見られるアニメだと思うのでもう少ししっかりして欲しい。オタクの持つ「共通の世代体験」の最後の砦なんだから。プロダクションIGはもう少し脚本や演出方面の強化を図らないとやばいね。いつまでもオサレアニメの需要が有るとは限らないし。同じIGならIGPXの方が数段面白かったと思う。もう少しあのウィットに富んだコメディー要素がBLOOD+にも入っていればなぁ。それか主人公のビジュアルが近い「時かけ」みたいにアッパーな主人公設定にすれば良かったのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よみ空10話とか

今回の「よみがえる空」はそんなに長文書くほどの内容でなかったので日記風にまとめて。

よみがえる空 第10話「パーティー」
一宏がだいぶたくましく見えてきましたね。一方のめぐみが仕事で色々有ったので今度は一宏が励ます番がくるのかな?本郷三佐の家では色々クスリとさせられる台詞が有って楽しい。しかし第3話のアフターフォローが有るとは思わなかった。これで、全体を見た時の3話の評価が少し上がるな。

舞-乙HiME 第22話「ホロビノウタ」
トモエはシズルに「ご苦労さんどしたな~」とか言われながら捨てられるといいな。チエはどういうつもりか分からん。ミユはちょっとずるいぐらい強かったけど素直に格好良い。アリカvsニナはまたもや爆発オチで片付けられたのは少し残念。アリカが色々悩んで成長したのに対してニナはぶつかるべき壁が無くて葛藤や成長の機会が与えてもらえていない。もっとアリカと口論しながら切り結ぶべきだと思うんだがなぁ・・・。

BLOOD+ 第22話「動物園」
そろそろ視聴切ろうかな~とか思ってたら戦闘が良くなったり(20・21話)ツンデレ?お姉さん小夜が見れたりして少しだけ良かった。あと気が付いたら吉田玲子が脚本参加してんのね。完全に信用しているわけでは無いが割りと好きな作品には参加している人なのでもう少し期待してみるか?

ふしぎ星のふたご姫 第49話「みんなの心☆届け、ブライトに!」
シェイドの「妹一人幸せに出来なくてこの星が救えるか」云々は正直萌えたっつーか良かった。その前の「お前の周りにも誰も居ない」とかもかなり的確なボディーブローだったし初期のシェイドから比べると相当いいキャラになってきたなー。あとはレイン×ブライトフラグをちゃんと回収してもらえれば・・・。

ココログでアニメ感想を書き出すと日記が書きにくくなるのはやり難いなぁ。はてなダイアリーだと1日のエントリの中で記事を分けれるからトラバも記事毎で受けれていいんだけどなぁ。ココログで1個のエントリの中でアニメ感想文とか複数書いてもトラバは一元化されるし読みにくい。かといって1作品1回毎に分けて書くと記事数が増えて過去記事が埋もれやすくなるので日記には向かないし。もともとは日記用だったのに一度感想文書き出すと誰も見ていなくても止めにくい気がしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

BLOOD+ 第8話

第8話「ファントム・オブ・スクール」
翼手を追ってベトナムの全寮制女学校に潜入する小夜とハジ。そこではファントムが黒髪の少女をさらうという噂があった。

今回は割と普通に楽しめた。ルームメイトのミンがいろいろ引っ掻き回してくれたり食堂でもりもりご飯を食べる小夜とかを見て思ったのはやっぱこの作品は下手に格好付けるよりも適度に力抜いて日常生活も混ぜてそのコントラストで見せたほうがいいんじゃないだろうか。小夜のアオザイもいい感じだしもう少しこの学園編が見たいんだけどたぶん2週も有れば終わるんだろうなぁ。
一方のカイ・リクの兄弟はデヴィッド達に置いてかれて路頭に迷ってますが個々が正念場、ここで何とかしないと今後出番はもらえないだろう。次回のリクと現地住民の少女もそれなりに期待していいのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)

BLOOD+ 第6話

第6話「おとうさんの手」
父・ジョージを救う為ヤンバルの研究所に潜入する小夜達。そこは暴走したマウス=翼手の巣窟だった。

ハッピーなラストを思わせるようなサブタイでバッドな展開。ジョージの退場のさせ方としてはただ単に翼主にやられて死ぬ、というのよりはずっとマシな展開だったと思う。
でもツッコミどころが多過ぎてイマイチ乗れないんだよなー。翼手が暴走してウヨウヨしてるはずの研究所内で隔壁が閉まってないのは変な話だし翼手の被害者を速攻で研究材料にして新しい翼手にしてしまうのはいくらなんでもやり過ぎというか遺族とかに釈明できないだろ。そもそもマウスが沖縄基地経由で世界の紛争地域に出張っているとの事だったけどわざわざ沖縄なんて面倒くさい情勢の基地で作るより米国の広大な土地でひっそりと作った方が機密性の保持の面で有効だと思うんだが。
この作品でこういうケチを付けるのも見当違いかもしれないが「攻殻機動隊」を作ったIGにしては軍事面の穴が開きすぎる。もう少し穴を無くしてくれないとストーリーの方に集中できないので脚本や演出に頑張ってもらいたい。
今回良かったのはジョージの最期になさけなく泣いてしまうカイが良かった。格好付けたがる性分のはずのカイが体面も糞もなく涙を見せるのは素直で良いと思う。ジョージもさすがの貫禄でいい最期を飾れたと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

BLOOD+ 第3話

第3話「はじまりの場所」
ジョージは小夜に本当の事を話す決意をする。ところがジョージ・小夜・デヴィッドが話をしていると翼手である元米兵のフォレストが現れ・・・。

今回はOPの映像を見ずに歌だけ聴いてみた。うん、歌は結構いい。でも発売は11/30と遠いなぁ、すぐに売ればいいのに。
今回の話は普通に見れる感じではあったけどツッコミ所もそれなりにあった。まず墓が異様に豪華だよね。宮城家単体の墓にしては大きさも建ってる場所も特別な物に見える。もしかしたら小夜の保管場所として特別にあつらえた物なのか?それとも沖縄じゃこれぐらい当たり前?
次に翼手探索中の米兵が本人が隣に居るのにアルジャーノの悪態ついていたけど丸聞こえじゃないのか?大したシーンでもないけどもう少し演出に気を遣って欲しいなぁ。
カイがフォレストを見かけた時も完全に顔の見えない状態なのにフォレストと気付くのはおかしい。先に横顔の一つでも見せればいいのに。
翼手化したフォレストに対しデヴィッドが銃を撃って「足止めにもならんか」と言った割りは焦りが感じられない所とかも個人的にはもったいない。
デヴィットやられてからの展開はまぁまぁだった。ハジに刀を渡されても戦えない小夜に対し自分の気持ち・信念を見せるかの様に翼手に切りかかっていくジョージ。小夜の血を通さない刀は翼手に効かず返り討ちに遭ってしまうが恩人を傷つけたことでフォレストは正気に戻り去っていく。多分手遅れなんだろうけど翼手にも人の心が残っている可能性が有る事は今後話の広がりに繋がると期待したい。
BLOOD+の感想を書いていると自分が「脚本・演出厨」である事が分かる。下手に作画がいいと演出の甘さが目立つし、作画が多少悪くても脚本や演出が良ければ結構楽しめる。最近の人は作画にばかり気を取られ過ぎる気がするんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

BLOOD+ 第2話

第2話「魔法の言葉」
学校で怪物に襲われた小夜を救った謎の男は小夜に自分の血を飲ませ戦いを促す。病院のベットで眼が覚めた小夜は自分に関する重大な秘密を知って病院を飛び出してしまう。

う~ん、やっぱり脚本や演出は普通レベルかなぁ。もう少しバトルが楽しめると思ったのに何のカタルシスも無いままあっさり終了。一刀両断ってほどサクっといかなかったのも中途半端。
物食ってる小夜は可愛いのでもう少しアップでじっくり見せて欲しいな。吸血鬼物はありきたりなテーマなんで謎とかはほとんど気にしてないので今の所小夜の可愛さだけを目的に見てる感じです。
先週少し格好良く見えたカイも今週は作画的にも行動もヘタレ。もっと積極的に小夜ラブな感じをアピールしてくれれば恋愛物として楽しめるかもな←2話目じゃ気の早い話ではあるが。
しかし通り魔犯が捕まった事にした報道は意味分からない脚本だなぁ。射殺されました、の方が沖縄県民感情として収まりがいいし、死体もぐちゃぐちゃにして焼いてしまえば引き渡しても問題無かったのでは?このままで行くと期待はずれオブ・ジ・イヤーになりそうな予感。まぁ自分は期待してなかったんですけどね(w
でも自分ほど否定的な感想を見たこと無いので自分の感覚が世間とずれてきてるのかも、とか思ったりもする。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

BLOOD+ 第1話

BLOOD+ 第1話「ファーストキス」
新番組7本目。2005年沖縄、音無小夜は1年前より昔の記憶が無いが宮城家に引き取られ幸せに暮らしている。ある夜、忘れ物を取りに行った学校で小夜は得体の知れない化け物に襲われる。
OP、全体的にイマイチ感有り過ぎ。抽象的な映像や目のアップとかばっかでアクションも誰に対し何をしているのかよく分からない様な物ばかり。映像センスの足りてない人が怖オサレを狙って頑張ったらこんなの出来ちゃいました、みたいな。
本編、さすがに作画レベルは高いがこれと言って面白い演出やレイアウトなどが無い。攻殻なんかでもそうなんだけどI.Gの仕事って作画マシーンみたいな印象なんだよなぁ。レベルは高いのに細かい旨みみたいのは入ってない。「ガラスの仮面」に例えるとI.Gは姫川亜弓の完璧な演技、ブレインズベース・ufotable・ガイナックスとかが北島マヤの新しくてインパクトのある演技。
頭の方の走り高跳びシーン、「涼風」よりは断然上手いけどやっぱここで「おっ?」と思わせる構図で魅せて欲しかったなぁ、女の子二人で寝転んでるのは良かったけど。前世の記憶?のせいで転んで真っ赤になる描写は可愛かったけど来週から性格変わってこうゆうのが無くなってたら嫌だなぁ。
怪物(翼手と言うらしい)が出てきてからの演出が甘い所が多い。屋根の上から伸びた手に先生が連れ去られ殺されるシーン、すぐに腰をぬかすか悲鳴を上げるのが妥当なのに死体が落ちてくるまで割りと平気な小夜。ガラス張りのドアに鍵を掛けただけで安心するのは怪物相手に舐めすぎ。次の瞬間怪物がドアぶち破るのも早すぎ、さっきまで影も形も無かったのに。
全体的に小夜に恐怖感が見られない。涙目になったり恐怖で瞳孔が開いたり肩を抱いて震えたり引きつった顔に皺が浮かんだり汗だらだらかいたり耳塞いで泣き言を連呼したりしないと全然恐怖煽れないよ。
SEEDといい鋼錬といいこのチャンネルのアニメは恐怖とか死とか葛藤とかが薄っぺらいんですよ。人死にがバンバン出ても怖くもないし感動もしないし重みも無い。ただ綺麗な作画が安目の脚本と演出の上を上滑りしていくだけ。作ってる人達別のはずなのにダメなとこだけ何故似るかなぁ?
ED見ると動画とかの下請けでガイナックスとか童夢、JCなんかも手伝ってやたら下請けのスタジオが多いのでこれでI.G製作ってのもなんか「看板に偽りあり」って感じしちゃうな。
来週からは力に目覚めて壊れ気味になる小夜に期待☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

MAD関係 | おすすめサイト | アイドルマスター | アニメ・コミック | イラスト | ウェブログ・ココログ関連 | ゲーム | ニュース | パソコン・インターネット | ライトノベル | 同人関連 | 恋愛 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 未分類アニメ感想 | 経済・政治・国際 | 芸能・アイドル | 音楽 | <アニメ>うたわれるもの感想 | <アニメ>かしまし感想 | <アニメ>かみちゅ!感想 | <アニメ>くじアン感想 | <アニメ>なのはA’s感想 | <アニメ>ぱにぽに感想 | <アニメ>ひぐらし感想 | <アニメ>まなびストレート感想 | <アニメ>よみがえる空感想 | <アニメ>エウレカ感想 | <アニメ>ガンパレ感想 | <アニメ>コードギアス感想 | <アニメ>ゼロの使い魔感想 | <アニメ>タクティカルロア感想 | <アニメ>ネギま!?感想 | <アニメ>ノエイン感想 | <アニメ>パラダイスキス感想 | <アニメ>パンプキンシザーズ感想 | <アニメ>フタコイ感想 | <アニメ>ローゼン2期感想 | <アニメ>極上生徒会感想 | <アニメ>涼宮ハルヒ感想 | <アニメ>灼眼のシャナ感想 | <アニメ>舞-乙HiME感想 | <アニメ>ARIA感想 | <アニメ>ARIA2期感想 | <アニメ>BLOOD+感想 | <アニメ>Canvas2感想 | <アニメ>D.C.S.S感想 | <アニメ>Fate感想 | <アニメ>IGPX感想