D.C.S.S 第26話

第26話「幸せの鐘」
魔法によって消された過去の純一への思いははっきりと覚えていないものの悲しみの涙を流す音夢。それを見てアイシアは自分の行為が間違っていた事を知る。

予想通りアイシアへの風当たりはあまり強くせずあっさり終了。個人的にはアイシアファンがベコベコに凹むぐらいの罰を与えてもいいと思ってたぐらいですが初音島を去るだけ。さくらは過去の自分の失敗があるのであまり強く言えないが純一は甘すぎ。26話自体はあまり言うべきことも無いなぁ。二人の結婚は高校卒業すぐなのかみんな全然年取ってない。あと二人の親が居ないけど死別してたっけ?

総評:はっきり言って蛇足感有りまくり。前作と比べて評価は大きく落ちる。
やはりアイシアの存在がネックでアイシアを削るか他の新キャラを削るかした方が良かったと思う。新キャラであるアイシアを話の中心に据えようとするとキャラ紹介、キャラ立て、心理の掘り下げと話数を取りすぎる。他の新キャラは申し訳程度に紹介話を作ってあるがその実アイシアのための話も兼ねているので散漫で毒にも薬にもならない。
主人公?の純一も今作ではどこが魅力なのかさっぱり分からない状態だし旧キャラへの配慮も事実上ことりのみという手回しの悪さ。1話1話の脚本は置いといてもシリーズ全体の構成が甘過ぎる。
「魔法」という話の柱も十分に生かされていない。今魔法物をやる上で基本的にこなすべきラインも維持していない。「コメットさん☆」「どれみ」等を見てもう少し勉強して来てください、って感じ。
結果的にことりファンだけ一人勝ちであとは全員負け組。ゲームの宣伝としてもあまり効果を期待できない。ことりの描写は結構面白い所が多かったので他が残念。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第23話

第23話「沈黙の夏」
アイシアの願いにより再び花を付け始めた魔法の桜。その影響はすでに始まっていた。

いい意味で期待を裏切られました。今週もウザイ展開になるかなと思ったらハーレム展開、そしてさらにダークな展開へ。下手なホラーより怖いよこれ。音夢と純一が恋人同士であるという認識がいつのまにかただの兄妹というものにすり替わっていく。さらには本人達ですら好き合っていた事を忘れてしまう。たのしい一日を描いたあとにやるのがまた効果的。しかしここまでやってしまうと最終回でアイシアは何かしらの吊るし上げを食らわないと納得いかないかも。前作のラストのさくらみたいに失望の内に初音島を去る、みたいな展開キボンヌ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第21話

第21話「二人の魔法使い」
魔法の桜を蘇らせようとするアイシアにさくらは改めて話をする。しかしアイシアは納得せず逆にさくらを責める。

ごめん、アイシアまじうざい
さくらはさくらなりの葛藤を経て、他の娘も悩んだり我慢して今の状態にあるのにその努力を何も知らずに土足で踏みにじって何様のつもりだ。天然キャラなら何しても許されるわけじゃない。このウザさは狙ってるのか素でやっちゃったのかどっちなんだろ。鬱展開はそれなりに望む所だったけどウザ展開はカンベンして欲しいなぁ。
音夢は純一との関係が良くなってから完全に蚊帳の外なのはどうにかならないものか。一応メインヒロインなんだから音夢とアイシアのからみで問題が進退するような展開も欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第20話

第20話「戻らない季節」
2年前に何があったのか。純一は口をつぐみ運悪く他の友人達も捕まらない。ようやく出会えたことりに話を聞くがアイシアは納得できない。

今回はアイシアのダメな所が顕著な話でしたね。魔法は人を幸せにする物である→魔法は悪くない→魔法が有ったのに皆が幸せになれないのはおかしい→魔法の桜を復活させよう。魔法厨ダメ思考スパイラルで結局ループ。こうなるとなまじこの作品に悪人が居ないのが痛い事に。
ことりは辛いかもしれないけどもう少し詳しくアイシアに教えてやった方が良かったかも。それがアイシアにとって残酷な話だとしても。悪意を知った上で善意を信じるのと無知で善意しか知らないのでは全く違う事だし善意から生まれる悪事が有るって事は善行を行おうとするなら反面教師として知っておかないといけない。
ここら辺の暗い話をどう捌くかによってこの作品の評価が大きく変わってくると思う。萌えアニメとしてはアイシアに視点が偏りすぎて前作より錬度が低いので「魔法」というテーマでいかに見せるかが勝負ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第19話

第19話「さくらの言葉」
帰ってきたさくらに魔法を教えてもらおうとするアイシアだが桜の態度はなぜか冷たい。

うーん、今週のさくらは格好良い。純一と違ってアイシアの純粋さを知ってなお「魔法は危険である」という態度を崩さないのは大人の雰囲気を感じます。逆に被害者側である純一はのんき過ぎるかも。加害者であるさくらの口から言わせるよりも純一が二年前の事を引き合いにアイシアを諌めるべきのような・・・。
次回ことりに事の真相を聞くっぽいがそもそもことりは「桜の木の魔法」をちゃんと認識してるか?一応魔法の話は秘密になってるのだが魔法体験者として知ってる事なのか?
音夢はさくらにやきもち焼かなくなったのは少しつまんない。キーキー怒ってばかりなのも嫌だけど音夢の辞書にライバルに対抗してイチャつくと言う選択肢は無いのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第16話

第16話「芽生えた想い」
結局告白しなかったことりに対しアイシアは「私なら・・・」と想像してまい純一の事が好きなのかもしれないと気付きだした。

やはりちょっと唐突過ぎる感が有る。今まではアイシアの巻き起こすトラブルばっかり描いていて、それをどう純一が収めるかみたいな所で純一の良さをアピールとかしなかったのでどこでどう純一に惚れたのか説明要素が全然無い。音夢ルートで来たのにいきなりアイシアフラグが立ってました、という感じにしか思えない。ここら辺をしっかりしておけば残り10話がより生きてきたのにもったいない。
それは今期からの新サブヒロイン達にも言えることで各サブヒロインがメインとなる話でも純一活躍しないし純一とのなれ初めも紹介されない。これはアレか、ゲームを買えと言うことですか?
前作の猫メイドの人(名前忘れた)は結局そういう事になっていたのか。猫の記憶を引き継いで自分の思いとして持っていると。ここら辺は前作見てないと全然分からないね。
今週はどうにも不親切さが多く感じられた。その上すでに純一×音夢がカップル成立しているのにそこにアイシアを突撃させるってのはどういう了見というかオチどうするんだろ?今回はさくらの時みたいな欝別れエンドは止めた方がいいと思うので着地点次第で作品全体の評価が大きく変わってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第15話

第15話「歌声を届けに」
旅行でことりの純一への思いを知ってからアイシアはずっと沈み気味。何とか小鳥を幸せにするために一芝居をうって純一のために料理を作ってもらうが・・・。

鬱恋愛展開キター。こういうダウナーな展開好きです。アイシアに純一のこと好きかと聞かれて「変な意味じゃなく兄妹として・・・」とか照れる音夢は可愛いけどもう周知の事実なんだしもっと堂々としてればいいのに。音夢がはっきり恋人宣言しないから他の女が苦しむんだよなぁ。
アイシアに頼まれ料理の材料を買いに街を歩く内に過去の二人の思い出がフラッシュバックしてくるのが良い。こういうなんでもない行為がことりにとって全て思い出になるということりの素朴さを見て取れる。家に料理を作りに行っててさえも女として意識されてないのが甘酸っぱい。
2年間使い慣れたはずの台所が音夢が帰ってきた途端、様相を変えてしまった事に密かにショックを受けることり。この部分は素晴らしい。音夢が悪い訳ではない、ただ音夢は音夢としてこの場に居るだけでことりの心をえぐる。この残酷さがたまらない。せっかく作ったヤキソバサラダを冷やそうと冷蔵庫を開けた途端追い討ちが掛かる。音夢が居ないから料理を作る人が居ないというのは全くの嘘で、すでに音夢の手によってヤキソバサラダが用意してあった。ただ単に料理が用意してあるだけではない、純一の好みを知っていることりが思い出の品として用意した物と全く同じヤキソバサラダが置いてあるのが痛い。
音夢が悪い訳でも純一が悪い訳でもアイシアが悪い訳でも(ちょっとは悪いけど)ない、ただ思いを棄てきれない自分が悪いと落ち込む。こういう展開はゲームの世界では見られないアニメならではの展開で面白い。
純一に誘われ気持ちを伝える一大決心をするも結局言えない所がことりらしい。好きな男に振り向いてもらえないどころかイチャついてるのを見せられ辛いはずなのに平気な顔をする報われなさ加減がことりの魅力かも。
しかし、「同級生」とか恋愛ゲームを原作にしたアニメって結局ゲームの世界と同じで主人公の男が女を追いかける形だった頃はつまらない作品が多かったけど女の子の視点から男を追いかけたりするようになって面白い物が増えてきたなぁ。たぶん最初の「To Heart」のアニメが契機だったんだと思うがそれまで作る側も見る側も勘違いしてたのかも知れない、と思った。最後、萌先輩の予告が笑えた。いつものトロトロした口調で喋っている内に時間終了でブツッと切れるのが可笑しくて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

D.C.S.S 第14話

D.C.S.S 第14話「心の扉」
音夢が初音島に戻り純一と仲直りも果たしたので音夢の居ない2年間純一の面倒を見てくれた友人に感謝して旅行に招待する事に。しかし皆が浮かれる中ことりだけは表情が暗い。
S.Sになってから恋愛がらみの話が音夢と純一の間だけに限定されてつまらなかったんですが今回は面白かった。こういうダウナー系の話が結構好き。好きな男には妹兼恋人がいて振られたけどまだ忘れられない。その妹が2年間居なくなり一見チャンスにも見えるが純一の落ち込みようや生来の人の良さから結局縁の下の力持ち状態。それでも純一のそばに居られるならと思っていたその特等席もぽっと出の新キャラ・アイシアに奪われ、音夢が帰ってきた事により純一の目がことりに向かなくなる。でもまだ諦めきれない。そして諦め切れない自分を疎ましくも思う。音夢と純一の仲を一番応援しているように振舞うあたりがただのおしとやか系ヒロインとは違う味わいを作っている。前向きと言うほど前向きでも後ろ向きと言うほど後ろ向きにもなれない半端さが逆に良い。
ことりもそうだが今回は音夢以外の女キャラ報われなさ過ぎ。眞子も明らかに純一のこと好きなはずだし新キャラ達も一応(少なくとも原作では)純一が好きなはずなのにそういう話を作ってもらえずアイシアのドタバタに絡まれるだけってのは恋愛物を期待していた自分としては物足りない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想