舞-乙HiME 第25話&26話

第25話「蒼天の乙女」&第26話「Dream☆Wing~夢の在処」

ノエインと同じく最終回的なカタルシスは薄かったけど良くまとまっていた。セルゲイの事はどうするのか、ナギを倒すとニナまで消えてしまう事はどうするのかと問題があったが割とあっさりと言うか何となく解決しちゃった感じ。
意気揚々と突撃するハルカに対し冷静なアインに笑った。学園開放に動くナオ・ナツキや鉄山靠かますミスマリアなどちょこちょこと見所が有って楽しい。ワルキューレシステムの母体=アリカの母と対面するシーン、アリカの代わりに泣きアリカの代わりに破壊の決断をするマシロかっこいい。
26話のハルカ・シズルのバトルとか格好良いんだけどもう少したくさん見せてほしかったかな。あとはロザリーやサラがいい感じだったのでもう少し活躍させて次回の作品で登場、みたいな事を期待したのだがあんま出番無し。サラなんか五柱なのに、沢城みゆきなのにもったいない・・・。アカネとマーヤのやりとりは緊迫した戦況の中なのに楽しい。「絶対エッチさせない」「絶対諦めないわ!」って乙女にあるまじき会話ですが。エルスは結局生き返らなかったのか。個人的にはエルスやアオイは死んで終わってOKだったんだけどトモエとナギが死ななかったのは納得行かないなぁ。

総評:前作が個人的にもうひとつな感じだったんだけど今作はかなり楽しめました。始めは可愛くなかったアリカ・マシロがセルゲイに恋して可愛くなって城を追われて格好良くなっていく過程が非常に良く描けていてシリーズ構成の上手さが光った。序盤のアリカ達の穴を埋めたニナの可愛さも良かった。セルゲイに対してではなくアリカやエルスに対してのリアクションが可愛かったってのが上手い。
ニナは後半出番が少なかったのは少し惜しかったかな。あとは前半の学園編の時間がもう少しあっても良かったので3クールという構成の番組も今後出てきてもいいのではないかと思いました。ナツキ等の既存キャラの戦闘シーンが少なめだったのもちょっと惜しい。何にせよ楽しめたのでもう少し長く付き合いたかった。26話ってやっぱ少ないよなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (4)

よみ空10話とか

今回の「よみがえる空」はそんなに長文書くほどの内容でなかったので日記風にまとめて。

よみがえる空 第10話「パーティー」
一宏がだいぶたくましく見えてきましたね。一方のめぐみが仕事で色々有ったので今度は一宏が励ます番がくるのかな?本郷三佐の家では色々クスリとさせられる台詞が有って楽しい。しかし第3話のアフターフォローが有るとは思わなかった。これで、全体を見た時の3話の評価が少し上がるな。

舞-乙HiME 第22話「ホロビノウタ」
トモエはシズルに「ご苦労さんどしたな~」とか言われながら捨てられるといいな。チエはどういうつもりか分からん。ミユはちょっとずるいぐらい強かったけど素直に格好良い。アリカvsニナはまたもや爆発オチで片付けられたのは少し残念。アリカが色々悩んで成長したのに対してニナはぶつかるべき壁が無くて葛藤や成長の機会が与えてもらえていない。もっとアリカと口論しながら切り結ぶべきだと思うんだがなぁ・・・。

BLOOD+ 第22話「動物園」
そろそろ視聴切ろうかな~とか思ってたら戦闘が良くなったり(20・21話)ツンデレ?お姉さん小夜が見れたりして少しだけ良かった。あと気が付いたら吉田玲子が脚本参加してんのね。完全に信用しているわけでは無いが割りと好きな作品には参加している人なのでもう少し期待してみるか?

ふしぎ星のふたご姫 第49話「みんなの心☆届け、ブライトに!」
シェイドの「妹一人幸せに出来なくてこの星が救えるか」云々は正直萌えたっつーか良かった。その前の「お前の周りにも誰も居ない」とかもかなり的確なボディーブローだったし初期のシェイドから比べると相当いいキャラになってきたなー。あとはレイン×ブライトフラグをちゃんと回収してもらえれば・・・。

ココログでアニメ感想を書き出すと日記が書きにくくなるのはやり難いなぁ。はてなダイアリーだと1日のエントリの中で記事を分けれるからトラバも記事毎で受けれていいんだけどなぁ。ココログで1個のエントリの中でアニメ感想文とか複数書いてもトラバは一元化されるし読みにくい。かといって1作品1回毎に分けて書くと記事数が増えて過去記事が埋もれやすくなるので日記には向かないし。もともとは日記用だったのに一度感想文書き出すと誰も見ていなくても止めにくい気がしてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (6)

舞-乙HiME 第21話

第21話「白き姫、目覚めるとき」
アスワドの村に馴染んだマシロ。たが、村の近くにヴィントブルームからの難民が現れミドリは彼等の抹殺を行おうとする。

すごく王道的な物語で面白い。「覇道と王道」という話があるがまさしくマシロの進む道は王道。最初からすごかった奴よりも、最初ダメで努力してすごくなった奴の方が見ていて気持ち良い。ここまでマシロを持って来れた脚本はホントすごいと思う。前作の時は鬱展開が続いて最終回で明るい展開に回復って流れだったけど今作は嫌な事があった後にちゃんといい事嬉しい事が来るようにバランス調整が上手い。アオイ・ミミの死という鬱要素を使っただけの見返りがちゃんと描けている。二人が死んだだけの価値の或る話だった。アオイを死に追いやったうちの一人であるミミだけど自分に優しくしてくれた事、自分のせいで不幸になった事を思い出し最後に見捨てられなかった。憎しみと感謝の心は差し引きじゃない、別個の物なんだよね。
アリカ・マシロの腹は決まったので後はセルゲイやニナの出方次第か。トモエはとっとやられて下さい。チエは・・・生き残ってくれるといいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

舞-乙HiME 第18話

第18話「ホワイトアウト」
アリカとニナの衝突による爆発で一人はぐれてしまったマシロは城下を追い出された難民と行動を共にするが難民は口々にマシロ女王の事を罵るばかりでマシロは聞くに堪えない。

今回は上手かった。神脚本とまでは言わないがかなり堅実に上手い脚本演出だった。今回はマシロが話の中心で他の人物は出番が少ない。マシロはアリカとはぐれあまつさえミコトもそばに居ない完全に孤立した状況。そんな状況の中、兵士は探しにくるわ難民はマシロの事を悪くしか言わないわ誰も助けてくれないわで徹底的にマシロは痛め付けられる。
だがそこに一筋の希望が差す。難民の少女・ミミが水をくれ、食べ物も持ってきてくれた。見ず知らずの者を助ける少女の優しさか、初めて生きる為の食事を口にした事への感動かマシロの頬を自然と涙が流れる。
しかしそれはやはりマシロを助けてはくれなかった。マシロの従者であったアオイが難民達に素性がばれてしまい詰問される場面に出くわしてしまう。思わず人垣を掻き分けて進むマシロ。だがそれ以上怖くて足が動かない。「女王の居場所を教えれば助けてやる」と脅されるアオイ。今出ればアオイの命と引き換えに自分が確実に死ぬ事を考え声を出す事も前に出る事も出来ない無力なマシロの視線がアオイと交差する。「自分は女王なのだから好き勝手やって何が悪い」という突っぱねた気持ちと、そんな自分だからこそアオイが裏切る可能性が十分に有るという恐怖心が同時にマシロの心を支配する。そんなマシロを見てアオイは「知らないし知っていても教えるつもりは無い」と自ら崖に身を躍らす。ここでアオイを助けていれば守れたかもしれない最後の物が砕けて散った。マシロは友も従者も国も王の誇りも無くし砂漠に倒れ伏す。

とにかく30分使ってマシロをいじめ倒す。そこにミミという救いの手を差し出すがそれすらもマシロを傷付ける刃として用意されていた残忍さ、いわば必要悪を書ききった事をまず賞賛したい。見ず知らずの人間に掛ける情けを持ったミミですらマシロ女王に掛ける情けは一片も持ち合わせていない事を知りいかに自分が国民から信用されていなかったのか否、憎まれていたのかを知り背筋の凍るマシロ。そんな中で結果的にマシロを選んで助けてくれたアオイすらも恐怖心に負けて見殺しにしたという事実が最期に残ったマシロ自身をも殺してしまう。
持ち上げておいて落とす、見事な鬱展開。もしアオイとの再会の前に難民の口からあれほどの事を聞いていなければ生来の無鉄砲さと無知を武器にマシロは矢面に立てたかもしれない。だが脚本はそれを許さなかった。あらかじめマシロの希望を根こそぎ奪っておいての二者択一。この残忍な流れに上手さを感じる。
そしてアオイの飛び降りるシーン、ベタではあるが音声を切った演出がとても良い。マシロが叫んだであろう何かは誰の耳にも聞こえない。聞こえないならそれは言わなかったの同じ。そこでどんなに悲しもうが懺悔しようが意味は無いし許されないという事。この演出とアオイの潔さに僕は美しさを感じた。
どんなに悲劇的なことであろうと今回の事はこの先のマシロにとって必要な事件なんだと思う。だからアオイやエルスが必ずしも復活して欲しいとは自分は思わない。皆生きて幸せなのが一番だけど死んでしまったならそれはそれでしょうがないよ、きっと。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

舞-乙HiME 第8話

第8話「運命の軛」
支給されたコーラルジェムを失って青いジェムを付けてしまった為それを隠す事に四苦八苦するアリカ。契約を解除する方法をため禁書庫へ忍び込む事を決意するが・・・。

いい感じのテンポでどんどん面白くなってきました。前の話で出した謎に少しだけ回答(もしくはヒント)を出すというバランスがなかなか良い。いい感じに視聴者の興味を引っ張ってると思います。
何か知ってて知らない素振りをしてるなぁとは思ってたナギが下手すると直接黒幕に関わってきそうで際どい展開。
今回のミユは完全にいい人?なにかしらのキーパーソンであるのは間違いないんだろうけど敵にならないか少し心配。
今回はアリカ達の話というよりもミス・マリアの話になっちゃった感じ。オトメとマスターの絆は友情よりも固い、恋を捨ててまで友達を蹴落としてまでマイスターになっても結局飾りか戦争の道具とはなんとも因果な商売だなぁ。作品の根底から覆してしまうがオトメなんて無い方がこの話はハッピーに終わるんだろうなぁ・・・。単純に言葉の上の奇麗事だけでない突き抜けた解決法でアリカがハッピーエンドを飾ってくれる事を期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

舞-乙HiME 第6話

第6話「ニナ、まかれる…orz」
ニナがくすぐったがりであるという意外な弱点が発覚する。それを知ったシホは水泳授業に合わせてプールに罠を張る。

セクシー&コメディー作品として前作より面白くなってきた。自分の中では小清水亜美キャラは萌え対象ではなくネタというか馬鹿キャラ扱いだったんだけどニナはきちんと可愛くてエロい。ベッドで悶えるシーンとかニナの声だけ抜き出したらもうやってるとしか思えない。
他にもエルスが「ニナちゃんなら・・・」って百合フェロモン出してるとことか水着の中まで触手に入られちゃうニナのシーンとかぱにぽにに続きエロ成分満載。これだけバカ&エロのパワーが強いと面白い。あとは後半のシリアス路線が馴染むかどうかだなー。
真のお姫様はアリカじゃなくてニナなのか。ばらすの早くない?それとももう一回どんでん返しする為のミスリード作戦かな。
そして今回も美味しい所を持っていくナオ。毎回ニナとナオの好感度だけ面白いように上がっていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

舞-乙HiME 第5話

第5話「学園と制服とあたし♪」
ガルデローベへの登校初日、上級生に呼び出され制服を売った疑いを掛けられるアリカ。友達になったエルスとイリーナの協力で犯人探しをする事に。

舞台が整ってきて面白くなってきた。いじめ展開は好きじゃないけど今回は結構楽しめました。
しかし田中理恵の人(名前覚えらんない)はやはり黒い人でしたか、残念。思わせぶりなカットが多いとは思ったけどこんなに早く分かるとは。最近田中理恵の役どころ黒そうな人が多いなぁ・・・。
ウォンは紫の薔薇の人ですか。アリカ支援してるのニナに知れたら泣かれるんだろうなぁ。恋を捨てなければならないという乙女の制約、この二人に恋愛は成立するのか楽しみ。
今回もニナ好感度UP。不正が好きじゃないと言う事だろうけど結果的にアリカのために立ち回ってしまうニナが好きだ。ナオもサバサバしてる割に後輩の頼みを聞いてあげたりして良い感じ。アリカは騒いでばっかりだとうるさいので少し凹んだりするのもいいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

舞-乙HiME 第2話

第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」
気を失ったアリカは学園内で眼が覚める。入学したいと言うアリカだが審議会の承認がないと無理と言われ自分で嘆願に行くことに。

やっぱ、アリカがイマイチ好きになれない。馬鹿の癖に文句多いんですよねー。前作で命が許されてたのは馬鹿だから何言われても暖簾に腕押し状態で割りと誰に対しても平等に好意的に接するのが良かった訳で。アリカはセルゲイやマシロに対して巻き込んでおいて悪びれないのがちょっと・・・。
前作キャラ次々登場、好感触なのはナオ・チエあたり。前作の余裕の無いナオは好きじゃなかったけど今回はシホ相手でなければまったりしてそうで少し期待。チエは前から結構好きだったんだけど活躍しなかったんだよなぁ、眼鏡無くなったのは痛い。百合展開ならシズルよりもチエに期待。シホは前作のナツキのポジションで汚れ役確定ですか?あんまり鬱陶しくならないといいんだけど・・・。
結局ニナが一番いい娘だな。義父に嫌われたくないその事だけを一心に考えてるのがいいです。でもセルゲイの方は、ナツキがアリカの入学とニナの無罪を天秤にかけてきたのに譲る気なさそうだったので報われない。案外頭固そうだなぁ、セルゲイ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

舞-乙HiME 第1話

舞-乙HiME 第1話「ユメノ☆アリカ」
新番組9本目。アリカ・ユメミヤは田舎育ちの14歳。伝説の「マイスターオトメ」だったという生き別れの母親を捜して、ヴィントブルーム王国へやって来た。そこでオトメのニナ・ウォンと共に王国の姫・マシロの逃亡騒ぎに巻き込まれる。そんな中、マシロを狙った怪物・スレイブが攻めて来て・・・。
舞-HiMEからキャラを引き継ぎつつ舞台は変更。こういうシステムは今まで誰もやらなかったんだろうか?舞-HiMEシリーズでやる事が効果的かどうかは別として面白い試みだと思う。
作画は前作同様安定しているがこれと言って特別な面白味も無い。命の剣ぶん回しみたいな特徴的な絵が有るといいのだが。
主役のアリカだが、命+舞衣÷2って感じだが個人的には少々ウザイ。蟻に似ていると言われた時のアクションとかがうるさい。ニナが本気で迷惑してるってのもあるけどちょっと好感度低いなぁ。この先の展開を読むとシホもウザそうだし視聴するのにエネルギー要りそう・・・。百合っぽい要素は期待度未知数。キスするマシロは可愛かったけどアリカとのペアはあまり面白く無さそうなんだよなぁ。ニナ×お姉さまあたりに期待か。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想