灼眼のシャナ 第24話

第24話「紅蓮の想い」
ついに悠二に辿り着くシャナ。しかし時すでに遅く御崎市は存在の力の溢れすぎで崩壊しようとしていた。

とりあえず無難に終わった。しかしOPの映像に有ったシャナvsシュドナイのバトルって無いのね・・・。マージョリーにしろヴィルヘルミナにしろ戦闘シーンはそんなに見所なかったなぁ。ヴィルヘルミナの方が強そうなのにやられてるのは少々納得がいかなかったが中だと存在の力が補充できないのか?むしろシャナのパンチラシーンが動画良かった。
あんまりいい所の無かった悠二だがヘカテーを否定し大剣ブルトーザオガーを操って見せたり死ぬであろうシャナのアラストールの顕現に付き合ったりするのはそれなりに見せ所あって良かった。ただバトルは全部うやむやに終わったので消化不良な感じもする最後だったとも言える。

総評:それなりに楽しみそれなりに文句も有る。とにかく悠二の見せ場が削られる傾向になったのは個人的に×。吉田さんの出番ももう少し取った方がシャナとの対比が出来たと思うのに。原作4巻までをもっとゆっくり丁寧にやった方が個人的には好みの展開になったと思う。あんまり無理してストーリー消化するよりもクオリティーを高くする方向性の方が良かったのになぁ。
作画面に関してはいとうのいぢが別に好きでない自分としては多少安っぽくてもアニメのキャラデザは馴染めました。J.C.STAFFの特徴、彩色の良さや作画崩れの無さも全体的な印象の良さを作っていたので原作未見の人ならだいぶ楽しめた作品となったと思います。
何と言っても釘宮理恵の演じるシャナは可愛い。カリカリもふもふしたり、照れて「うるさいうるさい!」って怒鳴りちらしたりとツンデレの魅力を存分に発揮できていた事だけでもアニメ化の意味は有ったかと。釘宮理恵のツンデレ声を聞くだけでボクは幸せな気分になれますよ(笑)でも映画はたぶん見に行かないなぁ。それよりもシャナ(とヴィルヘルミナ)の日常とかのオリジナル外伝でも作ればいいのになぁ。ああ、「ゼロの使い魔」のルイズも釘宮がやらないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

灼眼のシャナ 第19話

第19話「戦いの中で」
吉田一美に自分が徒を討つフレイムヘイズだと告げるシャナ。一方、悠二はカムシンに吉田を戦いに巻き込んだ理由を問い詰める。

今回もなかなか良かった。結構飛ばされがちな悠二絡みのシーンがたくさんあって満足。佐藤に対し何の躊躇もなく「坂井悠二は死んだ」と淡々と言ったりカムシンに「吉田さんはこちら側に来るべきじゃなかった。優しい人だから自分がもう二度と帰れない場所に居て欲しかった」と語るシーンとか格好いい。反面シャナに対する気の遣えなさはイライラするが。
一方の吉田さんもなかなかの存在感を示してた。もう人間では無いという悠二に対し「坂井君は人間です」と強くはっきりと答えたり、町の修復に当たっての温かいイメージなど良くも悪くも普通に幸せに育ってきたんだなぁって感じがします。吉田さんの町のイメージを感じて泣いちゃう悠二も素直な表現で良い。
一人取り残されたシャナは可愛そう。元々町の人間ではないしそういう育ち方もしてきていないシャナは悠二と吉田さんの間の共通の感情に入り込む事が出来ない。悠二の育ってきた町への思いを感じ取っていたたまれなくなってしまうシャナは後が無い。かといってヴィルヘルミナは解決してくれなさそう・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

灼眼のシャナ 第18話

第18話「砕ける願い」
夏祭りの日、吉田と待ち合わせ悠二。一方それを知らないシャナは待ちくたびれて千草と行った祭の場で二人を見かけ動揺する。

坂井悠二はいっぺん死んだ方がいいと思います。どうしてあの場面で吉田さんを追いかけなければいけない絶対的な理由が有るというのだ。無いよそんなもの。順当に考えて自在法の主である徒を倒した後に説明するのが正しいだろうが。モタモタしてると吉田を含む一般人に危害が及ぶ危険性が時間を追うごとに高くなるのが分からんのか。だいたいシャナと町を出る決意をしたのに吉田にこだわっても意味無いのに。シャナも泣かすし今回の悠二はダメダメ。
一方の吉田さんは出番が増えてきていい感じです。いままで省かれた吉田さんのシーンが描かれていればもっと良くなっていたであろうに。どうでもいいけど公園で茫然自失の吉田さんは浴衣の乱れ具合とか虚ろな目とか犯された後みたいに見えるんですけど。
シャナはストレートに感情表現するようになってますます可愛い。子供のようにしがみ付いて悠二を止めるしぐさとかいっぱいいっぱいさでアピールしてるのに気付いてもらえないのは可愛そうってゆーか悠二鈍すぎ。
マージョリー組もなかなかいい感じになってきた。真正面から田中に告白したオガちゃんもなかなか良いがこれももう少し伏線張ってから見せてくれるともっと盛り上がったと思うのだが。これで余り物の佐藤×マージョリーがくっつくのかな?この章から原作読んでないので良くも悪くも前知識無しで見れます。マージョリーのおっぱいは正直やりすぎじゃねえかと思った。だれかエロ同人出さねえかなぁ(またそれか)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

灼眼のシャナ 第8話

第8話「麗しのゴブレット」
私怨に捕らわれ屍拾いラミーをあくまでも倒そうとするマージョリーに対しやる気を取り戻したシャナと悠二が立ちふさがる。

フリアグネ戦で失くしていたやる気をシャナが回復させていく過程等はかなり端折られて不親切と言うか安く見える。本当はもう少し紆余曲折ありながら信頼したり失望したりしてすこしづつ距離を縮めていくはずなんだが。
でも深く考えずに見れば「何でも出来る!」を連呼するシャナは可愛いと思う。恋愛にしろそれ以外にしろ他人に認められ受け入られるってのはすごく浮き足立って自分が大きくなった気がするものですからシャナもなんだかんだいってそういう所は普通の女の子ってことですね。
マージョリー側も佐藤のキャラ付けは面白いと思うけど原作に比べると圧倒的に描写量が足りてないなぁ。全体的にシャナにスポットを絞ろうとしてる感じが見え見えなんだが多分スポンサーの意向なんだろうなぁー。個人的にはもう少し吉田さんのキャラとか立てたほうがいいと思うんだけどそれもないまま次回は隙間的な水着回。知らない話なので未見の原作6巻以降のエピソードなのかな?田中の事が好きらしい女の事かも出てくるみたいだけどやはり唐突感が否めないなぁ。ゲームが出る前にギャル成分を主張しておこうという魂胆だろうがいささか本末転倒気味な気がしてならない。しかし吉田さんおっぱいでか過ぎじゃないのか?意外と有るCぐらいかと思ってたけどDかEは有りそうな勢いだぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

灼眼のシャナ 第6話

第6話「交錯・発動・対決」
屍拾いラミーからフリアグネの狙いを聞いた悠二はシャナに知らせるが何故か怒ってしまう。乱れた心のまま戦うシャナだったが一方的に痛めつけられる。

今回は初めて原作からの改悪でした。正確に言えばフリアグネとの戦いが終わった後の2巻に出るはずのマージョリーが先に出てきた時点でかなり原作と違ってしまったのだがそこら辺はいいとしてもフリアグネ戦での悠二のポジションの大幅変更は明らかに改悪だと思う。この作品の見所の一つは「悠二の戦い方」だと思っている。トーチを見たり封絶や徒の力を敏感に感じる事はできるが戦闘力はゼロの彼がいかに自分の身をかえりみずに戦いに参加するか。その姿を格好良く見せるのがこの作品の醍醐味の一つだ。
それなのに今回悠二は大した事をしていない。原作では「あんたたちも、僕が利用できるというのなら、そうするのがいい」と自分の存在の力を使ってでも敵をおびき出す覚悟を見せる。戦いに巻き込まれた時も自分に構わず戦う事をシャナに望み二人は通じ合う。そしてフリアグネのもつ宝具の真の意味を見抜き都喰らいを阻止する。勇気と洞察力そしてシャナとの信頼が悠二の武器なのだ。だがアニメでは悠二は敵の攻撃をシャナに知らせただけでギクシャクした状態が続きむしろ精神的に足を引っ張った。戦いの後シャナは悠二に感謝するがあまり話にそぐわない台詞だった。
メディアミックスしたりリメイクする時に製作者側(原作者も含め)が作品のどこが面白いのか理解せずに削ってしまうということはまま有る事だけどシャナにおいてそれは致命的に見えるんだがなぁ・・・。13話構成なら4巻までの内容でとどめておく作りにすれば今回の部分も削られずに済んだと思うのだがスポンサーとしてはやはりバトルを見せたいのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

灼眼のシャナ 第2話

第2話「灯る炎」
自分がすでに存在を食われた残りカスである事を告げられ愕然とする悠二。さらにクラスメートの平井ゆかりはすでにトーチの炎が小さく希薄な存在となっていた。

想像以上に丁寧に補完されている、偉い偉い。前回のラスト付近からおさらいで用語解説、悠二の心理描写補完と全体的に丁寧な脚本作り。自分が死んでいたことや他の人間が食われていたこと、そして存在が消えると言う事の恐ろしさむなしさを十分に視聴者に伝える努力をしている。
平井ゆかりが今日中に消える事を知った悠二は平井の好きだった友人・池と遊びに行くセッティングをして二人をくっつけようとするが存在が希薄なった平井は無気力で池も興味を示さない。どんなに頑張っても「ミステス」である悠二と違って一般人の池からは平井の存在感がどんどん薄れていってしまう。最期、好きだった土手からの夕日を眺めながら平井ゆかりはこの世から消える。3人で撮ったプリクラでさえもその存在を残してはいない。一旦は理解したつもりの「存在が消える」ということの意味を再確認する悠二、或る意味血がドバッと出て殺されるよりもとても残酷な事である。
しかしフレイムヘイズの少女はそんなことには興味を示さない。吐いて捨てる様な当たり前のことだと、トーチは人でなく物であり自分も与えられた使命をこなすだけの存在でしかない、と。そんな少女に反発を覚える悠二は「僕はただのトーチじゃない」「君もただのフレイムヘイズじゃない、シャナだ」と少女に名をつける。ここの描写は原作よりも優れている。トーチを物扱いする事だけでなくシャナが自分さえももの扱いする事に憤りを覚える悠二の真っ直ぐさが強調されている。視聴者からそしてシャナから悠二に対する好感度を上げるシーンだ。「D.C.S.S」の純一がどこが魅力的なのか示せないのと対照的に悠二は人の良さを表現できてる。
シャナ自身はまだ萌えポイント少ないですねぇ。メロンパン(原作ではたこ焼き)のシーンは普通に可愛いけど。この先のツンデレ場面が待ち遠しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

灼眼のシャナ 第1話

灼眼のシャナ 第1話「全ての終わり、一つの始まり」

新番組14本目。あらすじは省略。さすがJ.C.STAFF、彩色が綺麗。キャラデザが安っぽい以外は全体的に思ったよりも良い出来。悠二の童顔を少し男らしくしたのは正解、最近童顔主人公多過ぎるからなぁ。
平井さんに顔と声が!ますみんかぁ。授業中に助けてもらったりしていい感じと思ったら親友の池くん狙い。平井×悠二展開も悪くないと思ったんだがな。でも来週1回使って消えるまでのお話描いてもらえるのは原作より優遇されていると言うか丁寧で良い。
戦闘シーンは速過ぎて何やったか分からない表現だったのでもう少し分かりやすく事前事後のアクションも見せてくれるといいかなぁ。敵の燐子の斬られ表現とかは口開けた時の絵とかはなかなかいい感じ。ひょっとしたら原作未見の人ならBLOOD+よりもインパクト有るかも。火の粉が舞ったりするエフェクト表現はかなり丁寧。キャラ絵の安っぽさをある程度カバーしてくれます。そのかわりアイキャッチの黒髪シャナは正直(´・ω・`)ショボーン。
脚本は原作をちゃんと噛み砕いて作ってあるので原作知らない人にも多少優しくなっている。専門用語の多さに躓く人が多そうなので2・3話で上手く説明してくれるといいのだが。
個人的な予想ではショボくなるんじゃないかと思ったけど及第点以上の出来でした。ちゃんと作ればアニメ栄えするお話だったということでしょうか。期待してなかっただけに意外な拾い物になると嬉しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想