動画紹介を誰に向けてするのか

ニコニコ動画ニュースサイトの話の続き。

うちは一応ニュースサイトではないんですが時々動画紹介をしてます。この時、どういう心理で誰に向けて書いてるかと言えば動画製作者に向けて書いてます。このブログの訪問者に向けて書いている訳ではないのです。
訪問者が楽しめる動画を紹介しているのではありません。また、自分自身が「こんな動画見つけてきた俺スゲー」気分になるために書いてるのでも有りません。基本的に言えば需要などお構いなしで個人的に応援したい動画を紹介します。「もっと評価されるべき」と僕が思った作品を後押しする為に書いています。
だから、うpしてから半日で再生数1万越え、マイリスランキング100位以内のようなスマッシュヒット確定の動画は何か理由が無い限りは紹介しません。「このブログの紹介する動画は面白い」と思ってもらうよりも「この職人の作る動画は面白い」と思ってもらいたいのですよ。動画紹介だけに限れば自分のブログなんぞ道具でしかない。初見の印象を操作しないように細かい感想なども極力控えて書くようにしています。「このシーンが好きだ」とか「ここの技術が凄い」とか細かく書くときは紹介というよりも自己満足で語りたかった時です。

なんでこういう書き方をするかといえば自分がニコマスでPをやってるからでしょうね。ニコマス紹介ブログは大抵の場合、後押しをしたいと考えている人がやっていると思いますが普通のニュースサイトの管理人はそこまで考えている人は少ないんではないかと思います。もちろん僕も普通のニュースサイトは巡回してるので自己満足でやってもらって全く構いません。ただ自分が動画紹介サイトを妄想するなら視聴者を誘導できなきゃやる意味は半分ぐらい無くなっちゃいます。僕は良くも悪くも8割方客は見ないで自分自身と他の製作者ばかり見てるタイプなもんで。

続きを読む "動画紹介を誰に向けてするのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ動画ニュースサイトのハードルは高い

ニコニコ動画Newsサイトについて、想像してみた。

ニコニコ動画を専門に扱うニュースサイトが有ったらいいなと言うお話ですがハードルは高いよなぁ。
そのニュースサイトが出来たとして何をもって成功か失敗かを判断するならば訪問者の数ではなく紹介した動画にどれだけの人が流れたかで判断する事になると思います。で、何人ぐらい誘導できたら成功だと思います?個人的には一つの動画に対して日常的に3~5千、時々万単位で誘導できたら凄いと妄想するんですがこれはかなり厳しい。

このブログはカトゆー家断絶さんからちょくちょく紹介してもらってるんですがカトゆーさんから来る人は最少で200人ぐらいから最大で5000人、平均だと1500人ぐらい。おそらくカトゆーさん所に来た人の1~2割が見に来る感じでしょう。かーずSPさんからリンクされた時も1000人ぐらいなんで大体元サイトの訪問者の1割ぐらい。

大手ニュースサイトから1割~2割の人が来て僕の書いた動画紹介記事を読む。では実際にその動画を見にいった人の数はどれぐらいかと言うと紹介記事を読んだ人の1~2割なんですね。1万人(大手ニュースサイト)→千人(動画紹介記事)→100人(動画)と凄く目減りするんですよね。

扱うネタや紹介記事の書き方にもよりますが1000人誘導するには10万PVのサイトから(複数の合計でもいい)リンクされないと厳しいので大手ニュースサイトが結託して誘導しない限り目標数値達成は殆ど不可能でしょう。そんな事をすればアンチが湧きそうで面倒ですが。

続きを読む "ニコニコ動画ニュースサイトのハードルは高い"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ブログ7-12の法則

ブログで文章を書く時(特に長文)1から10まで書くと面倒くさいし、わざわざそこまで書かなくても分かるよね?って感じで7割ぐらいで書くと、書かなかった3割をつっかれて結局追記として12割ぐらいの量を書く事になる。

最初から10割書いちゃえば?とか言われるんですがそれはそれで完璧な文章なんて書けないからつっつかれるので面倒くさいんだよなぁ。見ず知らずの人間の心理を深読みしろってのは難しいのは分かるんだけど。期待した「当たり前」の領域が外れていると話が通じないんだよな。僕にとってはいい加減でもいいから計算するという発想がまず必要だろ常考って感じなんですが。数値は後からいくらでも変えられるからね。計算しなければ始まらないのよ。

僕は他人のブログを読んで思うところが有った時は過去ログも読んで、その人がその記事ではたまたま筆が滑ったのか、ネタや釣りとして書いてないかを計る行為をするんだけど普通の人はしないのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ココログにはてブが

ココログの記事に付けられたはてなブックマークが表示されるようになったみたいだね。便利な気もするけどネガティブなブクマに気付きやすくなるので精神衛生上良くないかも。しかしniftyの仕事としては(珍しく)評価できる事ではあると思う。でもココログのユーザーとはてなの住人は食い合わせというか組み合わせあんま良くない気もするなぁ・・・。あふぅ

と思ったら速攻で消えてるんだがwwあれっ夢でも見てた?それともエイプリルフールネタだったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SAKURA Internetのブログがひどすぎる

また一週間空けちまいましたorz。
普段は1日のPV200~300程度のこのブログ、トラックバックもアニメ感想で特定の番組の時だけ来るぐらいなんですがここ2週間で視聴率の記事に15件以上トラックバックが来たのですが1件を除いて言及無し・関連も薄いトラックバックなので非公開にしました。
中でもSAKURA Internetのブログと思われるURLに「○○.sblo.jp」の付いたブログから大量に来ているんだけどこれがまたどのブログも全然面白くない。「ポケモン」とか「アンパンマン」とか1つの作品だけピックアップして紹介しているブログって事になってるけど中身がスカスカ。記事も2~3件しかない昨日今日作ったような中身も無いブログからトラックバック送ってどうすんだ?
さらにこれらのブログ判子押したように作りが一緒なのも分からん。プロフィールもリンクも無いし「最近のコメント」「最近のトラックバック」なんかも無い(うちも無いけど)管理人の顔が全然見えない。稚拙でも作品について熱く語ってるとかすごい量のデーターが有るとか何か無いのか?さりとて広告で稼ぐのが目的のブログでもないとなると何が目的でこんな内容の薄いブログやってんのか意味不明。誰が見ても楽しく無いし得しないよ、あれは。
で、そんな薄いブログがこんな辺鄙なブログがたまたま取り上げられたのに目を付けて?せっせとトラックバック送るってもうね、吉野家コピペよろしく「アホかと」。普段見もしないブログがちょっとニュースサイトで取り上げられたぐらいでトラバ送ってんじゃねーよ。言及無しトラバ送っといて自分のブログは「言及なしは削除します」とか書いて有るんです。宣伝したけりゃアルファブロガーのとこでもトラバ送っとけっての。そうじゃなければもう少し内容を充実してから出直して来いと。半年ROMれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これが韓国クオリティーか・・・

視聴率の記事にトラックバックが来ました。日本のアニメを扱っている海外サイトであることは分かったので一応見に行ったら韓国のサイトでした。で、問題なのは当該のサイトに視聴率表を写した物が貼ってあったんですがさも自分が情報を仕入れたかのようにウチのサイト名表記はおろかリンクも張って有りません(ページごと翻訳かけたのでまず間違いなし)。リンクも張ってないのにトラックバックを送って客を誘導しようなんてさすがに失礼にも程がある。4月の視聴率記事に関連した中国語のサイトはちゃんとサイト名も書いてリンクも張ってあったぞ。知っていたつもりでも、いざ体験してみるとすごいな韓国人のモラルは。

当人からコメント欄に弁解が有ったようなのでまぁ良しとしますが、日本人にしろ何人にしろ皆もう少し気を使った方がいいぞ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

大手サイトからリンクされたけど

先日の「06/10月のアニメ視聴率」に<カトゆー家断絶><かーずSP>などの大手ニュース系サイトを始め、大量にリンクされたのですが殆どのサイトがリンク先のブログ名を書かないんですね。少し気になったので統計を取ってみると

記事タイトル+情報の取得場所:23
記事のタイトルのみ表記:18
ブログ名まで書く:6
リンク張るだけ:3
自分で付け直した記事タイトル:1
不明:8

続きを読む "大手サイトからリンクされたけど"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「トラックバック文化圏の違い」というか生まれも人種も違うよ

トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか <絵文録ことのは>
ライブドアブログのトラックバックスパム防止策導入についての文句をローゼンメイデン風に書いてみる<TERRY オブ レジェンディア>

元記事は1月の物なんだけど最近また微妙に見かける話題になった。もともとトラックバックは相手の書いた記事に言及する記事を書いてリンクURLを併記してからするのがマナーじゃないのか?という意見があってそうするとアニメ感想系ブログではトラックバックに関する作業が多くなり過ぎるという問題が発生する。スパムトラックバック問題を重視している人達からすると「何それ?」と言う事でトラックバックを送る人達には4つの文化圏が有ってそれぞれ基本となる考え方が違うのではないかという話になった。「言及リンク文化圏」「関連仲間文化圏」「ごあいさつ文化圏」「spam文化圏」、一応このブログははアニメ感想系の「関連仲間文化圏」です。で、
トラックバックと文化圏<M.A. -Blog- >
トラックバックに相手の承諾が必要?<スラッシュドットジャパン>
みたいに僕らアニメ系の人達がよく分からないという印象の他文化圏の方々が居ますがそもそも文化圏以前に生まれや人種が違うのではないかという気がする。

続きを読む "「トラックバック文化圏の違い」というか生まれも人種も違うよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

MAD関係 おすすめサイト アイドルマスター アイマスライブ アニメ アイドルマスター アニメ シンデレラガールズ アニメ・コミック イラスト ウェブログ・ココログ関連 ゲーム シンデレラガールズ ニュース パソコン・インターネット ミリオンライブ! ライトノベル 劇場版アイドルマスター 同人関連 恋愛 文化・芸術 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 未分類アニメ感想 経済・政治・国際 芸能・アイドル 音楽 <アニメ>うたわれるもの感想 <アニメ>かしまし感想 <アニメ>かみちゅ!感想 <アニメ>くじアン感想 <アニメ>なのはA’s感想 <アニメ>ぱにぽに感想 <アニメ>ひぐらし感想 <アニメ>まなびストレート感想 <アニメ>よみがえる空感想 <アニメ>エウレカ感想 <アニメ>ガンパレ感想 <アニメ>コードギアス感想 <アニメ>ゼロの使い魔感想 <アニメ>タクティカルロア感想 <アニメ>ネギま!?感想 <アニメ>ノエイン感想 <アニメ>パラダイスキス感想 <アニメ>パンプキンシザーズ感想 <アニメ>フタコイ感想 <アニメ>ローゼン2期感想 <アニメ>極上生徒会感想 <アニメ>涼宮ハルヒ感想 <アニメ>灼眼のシャナ感想 <アニメ>舞-乙HiME感想 <アニメ>ARIA感想 <アニメ>ARIA2期感想 <アニメ>BLOOD+感想 <アニメ>Canvas2感想 <アニメ>D.C.S.S感想 <アニメ>Fate感想 <アニメ>IGPX感想