« 【ミリオンライブ!】ULA予選の走り方 | トップページ

ゲーム実況(肉声)が無ければVOICEROID実況を見ればいいじゃない

ニコニコ動画のゲーム実況はもうオワコン。大手実況者は既にYouTubeシフトでニコニコではチャンネル活動がメイン。

最近ゲーム実況にハマり始めました。と言っても普通の実況はあまり興味なくVOICEROID実況だけ見てます。

上の記事でニコニコでの実況がオワコン化でYouTubeに取って代わられていると書かれてますが確かにマイリスランキングのポイント見てても去年から今年の頭ぐらいの勢いは無い感じがします。 今日の総合ランキング10位のポイントが1000ぐらいなのに対してゲーム実況プレイカテゴリの10位が390なので伸びるものは伸びるけど全体としてめちゃくちゃ強いジャンルって感じではなくなってきているのかなー、と。

自分で生主やっておいてなんですが普通の肉声の実況って見る気がしないのでゆっくり実況やVOICEROID実況だけ見てます。VOICEROID実況の良い所は

・実況主が2次元の可愛い女の子(という設定)なので見た目や声が良い
・わざとらしい小芝居も2次元キャラなら許せる
・別の作者の動画でもキャラが共通ならスターシステム的にキャラへの愛着が蓄積できる
・作者が変に神格化されにくく視聴者も信者化しにくいのでコメが荒れにくい

というところでしょうか。

すごく面白い肉声実況とか見れば考えも変わるかもしれませんが今の所肉声の実況が「変に笑いを取ろうとする」というイメージが強くて見る気がしないのです。
ただVOICEROID実況でもキャラ設定を「変態」「レズ」等で変に飾ろうとする動画も有り、そういうのはあまり自分の好みではないですね。

自分がVOICEROID実況を見るきっかけになったのは少し前に投稿されたこの動画のおかげ。

実はゲーム実況というよりはゲーム紹介動画に近いんですがキャラのドット絵とかもすごいしSteamのマイナーゲーム紹介なので他の動画とかぶらないのも良い。
いやー海外ゲー殆ど知らなかったけどSteamのお陰ですごく世界が広がってたんですね。ボリュームはそこそこだけど値段も安いゲームとかアイデアの面白いゲームが知れて興味深い。

他に最近見たのは

マインクラフト+ゾンビゲー的なゲーム。開発中だけど販売しているアーリーアクセスという形式のおかげか頻繁にバージョンアップが有るので新要素がどんどん追加されていくので動画的にも見所に欠かない。


戦時下の一般市民になってのサバイバルゲーム。洋ゲーはサバイバル物が多い印象。


洋物ホラーゲー。グラフィック凄いので雰囲気が出る。


PCやPS4でも出てるFPS「Battlefield 1」。作者が特定武器のキル数世界ランカーで見ごたえ有る。あと使われているVOICEROID東北きりたんがすごく聞きやすい。声優がイゼッタの茜屋日海夏なので個人的にタイムリー。


洋物ホラーゲー。殺人者に追われるけど戦闘手段がないのでいかに逃げるかというシステムはクロックタワーを彷彿とさせる。

日本のゲームは無料(アイテム課金等)かフルプライスの2択な状態ですがSteamではその中間の数百円~3000円ぐらいのゲームがたくさんあってバラエティ豊かな感じです。
洋ゲーを色々見ていると日本ゲームがすごくガラパゴス化して見える。ガワだけ取り替えたようなスマホゲーが多いのでもう少しアイデア勝負できるようになると良いのですが。

|

« 【ミリオンライブ!】ULA予選の走り方 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/64518762

この記事へのトラックバック一覧です: ゲーム実況(肉声)が無ければVOICEROID実況を見ればいいじゃない:

« 【ミリオンライブ!】ULA予選の走り方 | トップページ