« アイドルマスター10thライブレポート&関係者の反応まとめ | トップページ | シンデレラガールズスターライトステージをPCでやる方法 »

美城常務の話

Twitterで美城常務について「無能」とか「アメリカで挫折してきた」とか色々言われているの見て自分も少しTwitterで書いていたのですが、

ちょうど似たようなことをまとめている記事がうpされていました。

美城常務、かなりイイ仕事してる説

大体の所は上の記事で書かれているので割愛するとしてTwitterの繰り返しになりますがシンデレラガールズ世界のアイドル業界についての考察だけ付け加えておきます。

  • ゲーム準拠であれば現在シンデレラガールズには200弱のアイドルが存在しているのでそのままであれば346プロには約200人のアイドルが所属している。
  • 346プロが業界でNo.1なのかどうかは不明だが大手なのは確かだろう。アイマス世界の大手プロは他に961プロも存在する。大雑把に考えてアイドル部門発足2年ちょいの346プロがシェア50%も行っているとは思えないので業界全体でメジャーデビュー済みもしくはデビュー前提のアイドルが1000人以上は居るのでは?
  • 詳しくないが現実で一定以上の知名度のアイドル(有る程度の年齢やキャリアにより女優等にシフトした人を除き)って300人ぐらいかなというイメージなので現実の2~3倍競争がはげしいのでは?
  • 1000人もアイドルが居ればみくやウサミンのようにキャラを作っても似たような(すでにこの二人が若干被り気味)アイドルが出てしまう可能性は高い。1つの商品が普及した時に「高級品を売る」という発想はジャンルを問わず一般的である。
  • 競争が激しければ一旦売れても長続きしないアイドルもたくさん出てくるはず。長期的に売っていくためには「信者」や「固定客」が一定以上居るのが望ましくその為にスター性を高めるというのは一つの合理的な手段。
  • AKBはすごく可愛い容姿の子ではなく身近に居そうなレベルの可愛さを選んでると聞いたことがあるし、握手会により「身近なアイドル感」を出している。そういう売り方に対してのカウンターとして「スター性」は有効。
  • 346プロは元々映画等を製作しており資金力やコネの強い会社だろう。人材も豊富でそこから選りすぐりのアイドルに集中的に資金を投入して売りだした場合中小のプロダクションでは同じことができず対抗できない。

しかし面白いのはハリウッド帰りの赤羽根Pは恐らく武内Pと同路線で765プロアイドルをさらに躍進させていると思われるが同じくアメリカ(ニューヨーク)から帰ってきた美城常務は逆の路線という点。アメリカのアイドル事情とかどうなってるんでしょうね?

|

« アイドルマスター10thライブレポート&関係者の反応まとめ | トップページ | シンデレラガールズスターライトステージをPCでやる方法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/62004443

この記事へのトラックバック一覧です: 美城常務の話:

« アイドルマスター10thライブレポート&関係者の反応まとめ | トップページ | シンデレラガールズスターライトステージをPCでやる方法 »