« アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ10話の重箱の隅 | トップページ | 響け!ユーフォニアム8話の脚を使った演出が面白い »

アニメ製作陣にとってミスの指摘は耳が痛いのか

シンデレラガールズ13話の内容が放送局によって完成Verへの差し替えが行われているとい話が話題になってます。
デレアニ13話を地方局で見た人は今すぐ配信版を見るべき

13話に限らず細かい「あ、これミスかな?」というようなカットは時々有るのですがこのブログでは基本的にあまり触れないようにしています。ミスの指摘は特別面白いものでものないし解釈の手助けになるわけでもない。最近は「弓道警察」のように細か過ぎる指摘で顰蹙を買う人達も居ることですしまとめブログの煽りの種になるので自分はほとんどスルーしてきました。

しかしファンの側からすればDVD&BDでミスはきっちり直して欲しいと思うのが心情で、ならばミスの指摘はBD修正に繋がるので有益とも考えられる。実際の所制作スタッフから見てミスの指摘ってどうなんですかね?自分だったら多分「分かって入るが、ぐぬぬ」って感じになりそう。
一応このブログはたまにバンナムからアクセス有るけどアイマス関連・アニメ関連の部署の人とは限らないし、権限のある人に届かないとただの嫌味になっちゃうし…。一度関係者に聞いてみたい。あとミスの洗い出しって誰がやるんだろう?監督とか?

|

« アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ10話の重箱の隅 | トップページ | 響け!ユーフォニアム8話の脚を使った演出が面白い »

コメント

こんにちは
はじめまして
今年で10年目のPです、アイマスしか知りません。
良くこちらのサイトは拝見させて頂いております。
特にアニメ等で解釈に困った時に拝見しております。
アイマスのアニメはすごく面白いので好きです。本当に重要なシーンは、一カットごとに意味があるからです。
私はアイマスアニメを見るときに、(限られた時間しかないのに)なぜそのシーンを入れるべきと判断したのか(時に冗長に感じられてしまうかもしれないのに)、(他にも良い曲はたくさんあるだろうに)なぜその音楽を用いる必要があったのか、といったことを考えながら見ております。
デレマスアニメはアニマス等と比べると、静物のワンカットが多いです。なぜ(世間一般的には)可愛い女の子さえ出していれば良いものを、女の子がいないシーンを映す必要があるのか(それはもちろん必要なのですが)ということを考えたり、キャラの一瞬の表情の機微を見ていると、あまりにも製作者が考えぬいているので驚かされます。
このサイトではそういった、深層まで見抜いたことを書いてますので、私は大いに感服するところです。もちろん私の考え方と少し異なるところもありますが、それは当然のことで、そのようなところをむしろ楽しみにしております。
この頃では表層のみを見た人の、可愛い、可愛くないといった評価だけで溢れているのを憂うところです。このようななかで貴方のような洞察ができるかたがいらっしゃることは私にとりまして大変嬉しいことです。
今後もこちらのサイトのアイマス考察を楽しみにしております。

ありがとうございました

投稿: §倫理規定§ | 2015/04/29 21:00

毎日更新楽しみにしております。

投稿: ギラリドン | 2015/05/13 21:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/61446103

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ製作陣にとってミスの指摘は耳が痛いのか:

« アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ10話の重箱の隅 | トップページ | 響け!ユーフォニアム8話の脚を使った演出が面白い »