« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ3話の重箱の隅

第3話「A ball is resplendent, enjoyable, and...」の小ネタ・解説・考察・感想です。サブタイトルの直訳は「舞踏会は華麗で、楽しくて、そして・・・」。今回は対になる表現や台詞、つながりのあるカットがいくつか有るというのをまず頭に入れておいて下さい。
Imas_cg31
次のライブの広告。全員出るのではなく城ヶ崎美嘉・川島瑞樹・佐久間まゆ・日野茜・小日向美穂の5人。広告の大きさから考えるとアニマス後半の765プロプロぐらいの人気は有りそう。美嘉以外の衣装はゲームに出てきた物。ライブの名前は「Happy Princess Live!」。

続きを読む "アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ3話の重箱の隅"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

アイドルマスターシンデレラガールズのCDはどれを買えばいいのかまとめ

アニマス放送時に新規の人向けに「結局アイドルマスターのCDってどれを買えばいいの?」という記事を書きました。シンデレラガールズ新規向けのCD紹介を一応しておきます。

結論、現状これを買えば良い。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 00 ST@RTER BEST
アニメで中心となるシンデレラプロジェクトのメンバーのソロ曲が集めてある。ただ、3話時点ではまだこのCDの収録曲は流れていない。しかしこれまでのアイマス曲に比べるとキャラソンとしての意味合いが強いためキャラ把握にはプラスになる。今後アニメで流れるのは間違いない。一番安く手っ取り早く曲が集められるCD。
注意点は3話で使用された城ヶ崎美嘉の「TOKIMEKIエスカレート」は入ってないし、OP・EDはもちろん1話挿入歌「お願い!シンデレラ」、2話挿入歌「輝く世界の魔法」も入ってない。また、ソロCDの時に有ったドラマパートやボイス集も入ってないのでお気に入りのキャラが出来た場合は個別のCDを買うのがおすすめ。

続きを読む "アイドルマスターシンデレラガールズのCDはどれを買えばいいのかまとめ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ2話の重箱の隅

第2話「I never seen such a beautiful castle」の小ネタ・解説・考察。サブタイトルは直訳で「私はこんな美しい城を見たことがない」って感じですが自分が意訳するなら「アイドルとしての初めての景色」でしょうかね、超意訳ですが。

Imas_cg21
いくつかのブロック構造の建物が連なって城のように見える346プロの事務所。ここにもこの作品のメインモチーフである時計が。

続きを読む "アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ2話の重箱の隅"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

個人的な批判を他人に語らせるのはもう辞めたら?

総統閣下シリーズが面白かったのは多くの人の意見を代弁していたかあるいはすげーくだらないことで怒ってネタとして成立していたからで、「お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな」レベルの批判したいなら他人の姿形借りてないで自分の発言として批判しろよと言いたい。
コメントの内容やマイリスト数を見れば投稿者の意見に大半の人が同意していないのは明らか。
面白いかそうでないかは個人個人だろうけど原作知ってる人間が初見の人の意見をエスパーして勝手に語ってもねぇ・・・。匿名の場所はどうか知らないけどTwitterでは新キャラの数に混乱はするもそれで切るって言ってる人は見当たらない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ1話の重箱の隅

第1話「Who is in the pumpkin carriage?」の小ネタ紹介・解説・考察です。多少ツッコミを入れさせて頂く場面が有りますが批判目的ではないのであらかじめご了承下さい。あとアイドルマスターあるいはシンデレラガールズを知らない人への情報も含めて書いていますので若干くどい文章になります。そしてあくまでも個人的な解釈であり必ずしもこれが正解というわけではないのでその点ご留意下さい。
ここでは765プロアイドルのアニメアイドルマスター=アニマス、アニメシンデレラガールズ=デレアニorアニデレと呼称させてもらいます。

Imas_cg11Imas_cg12
冒頭の時計、左がTVで右が2周年PVの時。ほぼ同じデザインだがTVでは短針しか12時を指していない(別カットでは長針も有る)。言わずもがな、「シンデレラ」に掛けていて「時計」「12時」というのはこれから色々な所でモチーフとして使われるだろうと予想される。
12時というのは本来童話のシンデレラでは「魔法の解ける時間」なのでそれをモチーフとして使うのはどうかというつっこみは以前から有るわけですが、個人的に女の子に魔法を掛けてアイドルにするのがプロデューサー、そしてファンに魔法を掛けるのがアイドルなので12時に魔法が解けてからがアイドルの見せ場スタートという事ではないかと思っています。シンデレラはただ待つだけの女の子でしたがアイドルというのは選ばれてそこでハッピーエンドじゃなくて、続けていく努力が必要なんですね。

続きを読む "アニメ アイドルマスターシンデレラガールズ1話の重箱の隅"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」を見た人達の反応とか

何かもう本編より見てる人の反応が面白いかもw Twitterの「見つける」機能を適当に更新するだけでも色々流れてきて楽しい。今の所ハッシュタグは「#imas_cg_anime」が一番有力っぽい?

続きを読む "アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」を見た人達の反応とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »