« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »

何を忘れたのかを忘れている

某ニコマスPがアイマス公式でお仕事をしたらしく、それにともなって動画を全部消した。それ自体はけじめなり、契約なり仕方ないことかもしれないが消す際に動画タイトル・タグも消して投稿者名も(以前からそうなってたどうか分からないけど)普段知られていたP名ではない物になった状態で動画が削除されていた。

今回に限らずこうして痕跡全てを消していく投稿者は居るのだけど個人的になんかすっきりしないと思っていた。なんですっきりしないのか気付いたのだが、マンガやアニメに良くある呪いなど超常的な力によって記憶を消去・改変された時みたいな感じなんだと思った。

動画タイトルと作者が不明になった時点で自分のマイリストから幾つかの動画が消えていてもそれが何の動画だったのかが分からない。物によっては何年も前の動画だし年ごとに分けていても多い人は年間アイマス動画だけで100本以上マイリスしているので、最近見たばかりというのでなければ誰の何という動画が消えたのか分からない場合がある。

確かに何かが消えている。それは昔楽しんだ動画の一つだ。でも削除跡を見に行ってもタイトルが分からない。作者も分からない。思い出を引っ張り出すための糸が切れている。ちょっとさみしい消し方だと思う。せめてこちらの思い出は残るように消してもらえたらなぁ、と思う。まぁそういう契約なら仕方ないと思うけど多分本人の意志だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劇場版アイドルマスターのダンサー組は誰がふさわしいのか

今、ネットで書かれている劇場版の不満点疑問点を収集しているのですがその中の一つに「ダンサー組の選出が某事務所のゴリ押しで嫌」というのが有ります。じゃあミリオンライブ!から劇場版に出るキャラが誰だったら納得できる範囲だったのか、というのをちょっと考えてみた。

続きを読む "劇場版アイドルマスターのダンサー組は誰がふさわしいのか"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

何故劇場版アイドルマスターを嫌う前に動かないのか

俺は何故こんなにも劇場版アイマスが嫌いなのか

批判の内容がどうこう以前に、良く分からない部分が有ったなら何故他人に尋ねないのかが僕は理解が出来ない。「あの部分意味不明だったんだけどどう?」とか「いまいち面白さがわからないから教えて」とか聞けばいいじゃん。当時考察とか感想とか書いてた人はたくさん居るんだからそういうの読めばいいじゃん。

理解しようとする気の無いまま2回目見に行っても金と時間の無駄ですよ。2回目に寝たっていうのは少なくとも「血眼になって自分が見落としたかもしれない所を見つけよう」みたいな気概が無かったってことでしょう。1回目でそういう気持ちを持たせられなかった製作陣の負けっていう言い方もできるけど。アケ版から追っかけて来たアイマスってそんな労力を割く気にもなれないほど軽かったのかな?他の作品はともかくアイマスは特別に好きな作品だったのでは?自分の中で「つまらないもの」として思考をロックしたから寝ちゃったんじゃないですかね?是非はともかく、「批判するためにアニメを最終話まで見る」っていうアンチの人達の方がよっぽど情熱的に向き合ってるよね。

嫌いでつまらないと思ってるのに円盤買うのも良く意味が分からない。部分的に買ってもいいぐらい好きなシーンが有ったから?そうまでするなら先に誰かに解釈を乞えば良かったのに。僕は以前に書いてますよ、どこがどういう意味を持っていて良かったのかを。一人で解決できないことをそのまま抱えてしまうってアニマス見てきた人のやることじゃないですよ。そんなの6話のPと同じじゃないですか。

「分からない」で済ませて後で爆発させてもあんまいい事ないですよ。少なくない人から「何言ってんだこいつ」と思われた事でしょう。「あのシーンAって人は○○だって言ってるけど自分は納得出来ない」とかの方が有意義な批判になると思います。全体的に書かなくてもいい事書いて損しているように見えます。「モブ」とか作品に対する皮肉なら何を言っても許されるとか思ってるんでしょうか?書き方が悪いせいで円盤買ったのも地獄のミサワに見えちゃうし。

あと、この批判をありがたがってる人も良く分からない。当時から批判はそれなりに有ったし徹底的に解剖した上での批判じゃないから結局感覚的な物に見える。「劇場版は思考停止した信者が持ち上げてるだけ」みたいな事を言ってる人も居るけど、こちらは丁寧に神輿作って階段建設して持ち上げてるけどそっちはどうなのよ?落とし穴掘って地下室作ってちゃんと落とせよ、と思う。大して理由も書かずに批判して「信者ガー」とか言ってる方が思考停止だと思いますよ。信者が如何に持ち上げてその持ち上げ方が如何に間違ってるかを論じないと。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年12月 »