« VOCALOIDとアイドルマスターの関係 | トップページ | アニメ アイドルマスター第11話の重箱の隅 »

アニメ アイドルマスター第13話に寄せて

第13話「そして、彼女たちはきらめくステージへ」とても良かったです。何も不満点が無い、という訳ではないですが良かったです。できれば全員で歌うシーンは欲しかったし、1曲毎の時間も長く取って見せて欲しかったし、竜宮小町のステージシーンが無かったのも残念でした。それでもなお、今回はとても良かったと思います。

関東圏で放映された時、アニマス本スレでの感想を見に行ったら結構不満を述べている人が多かったのですが僕はかなり満足できました。僕は今回ずっと泣きそうなままの状態で最後まで見ました。皆が頑張っている姿が見れてとても嬉しくて泣きそうでした。トラブルが起きないとか、2話かけてじっくりとステージを描くような構成でもそれはそれで僕は良かったと思うのですが不満を言っている人は「◯◯じゃないと嫌だ」というように見たい物がかっちりとその人の中で決まっているように見えました。僕は自分の思い描いていたパターンと違ってもアイドル達が頑張っている姿さえ見れれば多分大抵の物は楽しめると思います。単純に質が低いのと自分の理想と違っていたのをごっちゃにして批判する人が多いのは残念です。

内容の良さと同時にとても良かったのは放送時のミンゴスとあずみんのTwitterでした。ただお仕事として淡々と消化するのではなく限りなくファンに近い目線で楽しんで喜んでくれる姿がとても良かった。自分の好きな物を彼女達が好きって言ってくれて嬉しかった。今回ほどミンゴスが千早で良かったと思ったことはない。

以下個人的に良かったポイント。
■感無量という社長に対して「ここがスタート地点です」と言い切るP。
■一番後ろの席まで楽しめるようにしたいという春香。
■律子の電話に対してがんばれと皆で応援する所。
■開演前「どこまで行けるか試してみたい」と気合の入っている美希。
■焦ってる皆に「自分達が何を届けたいかを考える」と説く春香。
■渋滞に巻き込まれて動かない車内で泣きそうな伊織。
■あえて困難な事に挑戦する美希とそれを快諾するP。
■真美からのメールで美希が頑張っていると聞いた時の律子の表情。
■コールが入った事。やっぱ「ライブ」はこれだよな「コンサート」じゃないから。
■疲れて寝ている9人を見て泣きそうな伊織。
贅沢を言えばDVDでステージシーンが書き足されて長くなってるといいんだけどなぁ。せめて目が逢う瞬間はサビ全部見たい。

|

« VOCALOIDとアイドルマスターの関係 | トップページ | アニメ アイドルマスター第11話の重箱の隅 »

コメント

この前、DVDでアニマス初めて見た者です。
重箱の隅等、凄い記事を書かれていますね。
楽しく読ませてもらってます。

今回の13話の感想はとても共感できる部分があったので、伝えようと思いました。
やはり、皆さんいろんな理想がアニマスにもあるのでしょうが…違ったからといって批判的にとらえるのは…。
私も著者さんの意見と同じで、作られたものの中で、アイドルたちが頑張る姿が見れれば、それで十分満足できました。
というか、嬉しかったですね。


これからも、何か面白い記事があったら、コメント書きたいと思うので、よろしくお願いします。

投稿: y_o | 2012/08/17 02:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/52879639

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ アイドルマスター第13話に寄せて:

« VOCALOIDとアイドルマスターの関係 | トップページ | アニメ アイドルマスター第11話の重箱の隅 »