« アニメ アイドルマスター第13話に寄せて | トップページ | アニメ アイドルマスター第12話の重箱の隅 »

アニメ アイドルマスター第11話の重箱の隅

第11話「期待、不安、そして予兆」の小ネタ紹介とか解説。いよいよ中間地点に差し掛かりシリアス多めになってまいりました。ここからしばらくは春香・千早・美希が要注目です。

111
高校の制服のまま事務所に来た春香。春香の自宅から事務所までは2時間ほどかかるので家に帰って着替えてから来るよりもそのまま学校から来るぐらいでないと時間が勿体無い。小鳥の鼻歌は彼女の持ち歌「空」だろうか?壁の張り紙は「一歩」。

112
テスト勉強をするやよい。やよいは勉強が苦手である。

113
小鳥の持ってきたカップがキャラカラー?響=水色、春香=赤。小鳥が学生をしていた(学生服を着ていた)のは約11年前と判明しているので彼女の年齢は28か29と推測されている。

114
今回の予定表。すでに竜宮小町は予定がほぼ完全に埋まるぐらいにはなっている。ドラマ・ライブイベント・TV出演等々。残りのメンバーはレッスンも含めれば3日に一度休みぐらいのペースか。

115
新曲を聞いて千早になにか話しかけようとするけどやっぱりやめる春香。他のキャラと違って千早だけは嬉しいという表情ではなく釘付けになっている感じ。千早を見た後の春香の何か納得したような表情も良いですね。まるで熟年夫婦みたい。

116
ダンスレッスンスタジオ。やよいは能力値的に言えばダンスが一番得意科目だが全体的に初期能力は低めで大器晩成型。

117
雪歩はアイマス2ではダンス能力値が最も低いキャラ。ダンスが得意なキャラは上から響24p、真23p、真美20p、やよい19p。一方美希はパラメーター的に言うとダンスはそれほど得意でないが全体の合計点では総合2位。

118
レベルを落としたくないという美希達の意見により3人一組のチームでフォローすることに。ゲームでも3人で1ユニットなのでこれはユニットの布石だろうか。雪歩は真と貴音を尊敬しているので仲良い。

119
響は可愛い物好きでやよいを可愛がっている。

1110
春香千早は親友で美希は千早を尊敬している(唯一さん付け)。BGMはゲームのED前に流れる「ED_Seikou」。

1111
歌のレッスン。春香はボーカル系キャラなんですけどね・・・。春香・貴音が同率2位の22p。ちなみにボーカル1位は千早でぶっちぎりの30p。千早はトータル数値でも1位。

1112
レッスンの帰り。このあたりは新宿駅付近らしい。「那婿」はナムコ。

1113
あからさまにやよいだけには優しい伊織だがやよいは気付いていない。皆がレッスン終了の時間になっても仕事中の竜宮小町は忙しいという事なのだろう。

1114
春香の部屋。アイマス1の時は部屋中ピンクでレイアウトも違った。挿入歌はゲーム未収録曲の「笑って!」。

1115
新曲の楽譜。ちゃんと歌詞が書かれている。赤丸の所は「よわいだけの」とある。地デジで見れば作曲者の所まで読めるらしい。

1116
春香の本棚。結構参考書が揃っているみたいだし進学校なのかも。花言葉についての本が四季で揃えてあるが花が好きという設定は無かったような気がする。

1117
貴音の説教タイム。貴音は親密具合に応じて他の人への呼び方が変化していくがアニメでは、普段→下の名前、大事な話の場合→フルネームというのが多いみたい。彼女はとある目的の為にアイドルの頂点を目指しておりその目的意識は高い。

1118
このボロ泣きする雪歩がいい。やる前から諦めて泣いていた雪歩ではなく、一生懸命やっても思い通りに行かないことが悔しい雪歩。まだまだ一人じゃ駄目だけど少し成長したと思う。BGMの「i」アコギターVerがこれまた良い感じ。

1119
竜宮小町の練習を見て気圧される真達。真も響もいざという時は結構弱気になるタイプ。

1120
この千早の表情は何だろうか?吉澤記者の春香に対する褒め言葉に反応したようだが。明るく前向きでムードメーカーな春香と自分との対比を思っているのか。それともここで春香の「アイドルをやる動機」が気になったということか。

1121
春香と千早の自主練に黙って付き合うP。目立った活躍の少ない彼ですがこういう所が春香の言う「頑張ってると思う」に繋がっているのかも。

1122
千早の家に泊まる事になった春香。廊下の長さなどから見るにワンルームマンションではなく割りと広いみたい。BGMは「蒼い鳥」。

1123
4話の料理番組以来自炊も時々するようになったと千早は言うが台所には袋がかかったまま新品と見られる鍋やざるが置いてある。千早が春香に気を使わせない 為に嘘をついたという見方もあるが個人的には春香の考える自炊と千早の言う自炊にかなり開きがあるだけのような気がする。むしろ千早は気の利いた嘘などつけない質だろう。

1124
ここで千早の両親が離婚していたことが判明。千早の持つ暗さは家庭内の不和から来ている。詳しくはネタバレなので注意。

1125
幼少期の千早と弟。多分、昔の千早は明るい子だったのだろう、ピースしてるっぽい。

1126
こういう髪を抑えながら食べる女の子の仕草を見ると心がときめくのは何故だろう。

1127
アイドルになる事が小さい頃からの憧れだったと語る春香。千早は歌手になる為の手段としてアイドルをやっているし、他のキャラも何かしらの目的の為アイドルを手段としているが唯一春香だけは「目的がアイドル」のキャラクター。BGMは「GO MY WAY!!」。

1128
家でも練習する雪歩とやよいの姿が泣ける。姉の為に麦茶を用意する長介も良し。

1129
竜宮小町の動画を見てる美希。4話の千早が使っていたヘッドホンがソニー製の物を元にしてあったがこちらも「SOMY」と書かれている。制作協力のアニプレックスはソニー系の会社。

1130
早朝千早の家を出る春香。千早の家の最寄り駅は恵比寿らしいので学校に行くならこの時間帯に出発しないと間に合わない。

1131
やよいの服が前に着ていた物の色違い。3着1000円とかで買っていそう。

1132
吉澤さんのカメラ。「OANONのBOS-1」と読めるがこれはCANONのEOSのパロだと思われ。

1133
新曲の歌もダンスも完璧、と思った瞬間爆発する爆弾。アイマス2では1~3人及び5人ユニットが組めるが4人のユニットは組めない。ゲームでは竜宮小町に追いつくことを目標にしているがここでは完全に美希の勘違いで竜宮小町そのものになろうとしていた。

1134
美希からのメール。わざと改行使いまくっているあたりかなり根に持ってる感じ。

1135
EDは春香の持ち歌「STRAT!!」。あまりそういう感じでもなかったが春香担当回だったようです。今回は新曲は挿入歌としてはクレジットされていない。

関連記事:アニメ アイドルマスター第10話の重箱の隅
関連記事:アニメ アイドルマスター第12話の重箱の隅

|

« アニメ アイドルマスター第13話に寄せて | トップページ | アニメ アイドルマスター第12話の重箱の隅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/52946913

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ アイドルマスター第11話の重箱の隅:

« アニメ アイドルマスター第13話に寄せて | トップページ | アニメ アイドルマスター第12話の重箱の隅 »