« アニメ アイドルマスター第8話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第10話の重箱の隅 »

アニメ アイドルマスター第9話の重箱の隅

第9話「ふたりだから出来ること」の小ネタ紹介と解説。予告がかなりのミスリードを誘う構成だったので実際に見るとギャップにびっくり。今回は一度見終わってからもう一度見るとよく理解出来る構成になっていると思います。

91
亜美の髪留めが珍しく赤。2の設定では亜美が寒色、真美が暖色なのが基本です。

92
深夜の30分枠らしいが結構大掛かりなセットのドラマ。それなりに予算の掛かった番組なんだろうか?

93
撮影終了。この時点で午後2時。事件はすでに始まっています。小鳥さんのナレーションも要チェック。

94
午後2:30、765プロには3話のワゴン以外にも車があるんですね。貧乏だから1台しか持ってないイメージでしたが。ちなみにあずさは免許持っていません。期間中に仮免すら取れないほど運転が下手で諦めました。

95
亜美の携帯ゲーム機に四葉のクローバーのマーク。

96
こちらも新しい車。亜美真美はまだ仕事より遊びたいさかり。

97
自分へのご褒美として人気のスイーツ、ゴージャスセレブプリンを買ってあるという伊織。それに対してあずさは何か言いたい様子。1回見た後だとここの意味も変わってくる。

98
午後3:00、犯人探し開始。小鳥さん、いい大人が虫歯とか・・・。ここで止めると流し目っぽくてエロい。

99
この目付きがいいね。普段とは全く違う雰囲気が面白い。二人にとってこれは遊びだけど遊びじゃない。だから真剣な目付き。

910
灰色の脳細胞は「ポアロ」が元ネタ、七色の声は「七つの顔の男」、じっちゃんに名に掛けては「金田一少年」、月に代わっては「セーラームーン」。

911
ここは社長室。事務所の中で唯一密閉空間のある場所。BGMはゲームの悲しいシーンなどに使われる「Dark」。やよいの家は毎月第3水曜日はちらし寿司の日でプリンは醤油をかけて擬似うにとして食べているとの事で無実。しかし作中ではまだ夏~秋なのにコートは何処から出したのやら。

912
765プロの入っているビルの屋上。1話で貴音や響が居たのもここと思われる。真は作詞にチャレンジしていたが上手く行かず。こういうのが得意なのはMy詩集を出版したこともある雪歩。

913
Aパートラストで剥きかけだったりんごが剥き終わってラップがしてあり爪楊枝も用意してある。何故か細かい。

914
午後3:30、亜美はラジオ出演があるのでタイムアップ。律子=刑事長とかノリが良すぎてたまらん。

915
亜美達の出るラジオを聞きながらアンパンを食べる。「噂の竜宮小町」と呼ばれている事から知名度は徐々に上がってきている様子。亜美と一緒に居られない不満を漏らしつつも前向きに「自分が売れれば亜美と一緒に仕事が出来る」と考える真美。彼女たちにとって芸能界は「遊び場」なのだ。

916
響を探して事務所へ走る真美。このあたりから画面は完全にシリアスな空気。

917
ドラマのストーリーとプリンの事件が似通っていることに気付く亜美。当然ですがドラマを演じたのは亜美なので真美はこの事には気付いていない。

918
一方の真美は何も知らず無人の事務所に戻る。ラジオを聞きながら麦茶を飲む真美は背後の気配に気付かない。流れる曲は響の持ち歌「Next Life」。完全にミスリードを狙って画面も音も作られていますね。

919
相変わらず美味しい役どころの貴音。

920
ナイフで刺される、なんてことはなく殺虫剤でゴキブリを殺すだけでした。貴音役の原さんは今の部屋に引っ越して初めてゴキブリが出た時に対処法を探るためだけにTwitterを始めた(今はアカウント削除)という逸話を持っています。

921
響も貴音もシロということで残る容疑者は3人に。

922
ドラマと同様に犯人を罠にかける作戦に。それにしてもこの双子ノリノリである。

923
残りの容疑者は春香・千早・美希のメインヒロイン格3人。この時点でもう大体結果は推して知るべしと言うところですが。

924
かつて無いほどにコメディテイストで描かれる春香の慌てっぷり。これだけ反応いいとなんか苛めたくなりますね。いつもだとこういう役回りは雪歩が多いような気がしますが。

925
きわどいカットもありますが明るくしても残念ながら春香のパンツは見えませんでした。ちなみに千早はゲーム中の私服は全てズボンです。

926
今回の予定表。竜宮小町の予定は結構埋まっている。

927
結局は亜美真美が美希のゼリーを食べたのが原因で美希がプリンを食べたというオチ。要するに今回は二人がまだまだ子供であるってことを描く回だったわけですな。

928
二人がまだ子供であることを再確認しつつ真美の気持ちも知ったので取り敢えず今日だけは遊ばせておくことにしたP。二人にとっては良いガス抜きになった。

929
EDは亜美真美の持ち曲「黎明スターライン」。某シューティングゲームのBGMを思わせる軽快なリズムとやたら難しい歌詞が特徴の歌でアイマスの曲としてはかなり異端。

930
まさかのCパート、ダイエット10日目で音を上げそうなあずさ。そういえば2話でもダイエットしてるような描写があったり自分の体型を気にしていた。

931
ここで箱が歪んでいるので雪歩が箱を壊したせいであずさがプリンを見てしまったとの意見もある。確かに見なければ・・・。

932
真犯人はあずさという二段オチ。
時系列的には、
1.午前、伊織が冷蔵庫にプリンを入れる
2.あずさがそれを食べてしまう
3.ドラマ撮影
4.帰りの車でプリンの話題が出たのであずさは謝ろうかと思ったけど言い出せない
5.プリンが無くなったのが発覚
という流れだと思われる。ドラマ撮影のシーンで「今思えばすでに始まっていたのです」という小鳥のナレーションはすでにあずさがプリンを食べていることを表している。

関連記事:アニメ アイドルマスター第8話の重箱の隅
関連記事:アニメ アイドルマスター第10話の重箱の隅

|

« アニメ アイドルマスター第8話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第10話の重箱の隅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/52830345

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ アイドルマスター第9話の重箱の隅:

« アニメ アイドルマスター第8話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第10話の重箱の隅 »