« アニメ アイドルマスター第4話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第6話の重箱の隅 »

アニメ アイドルマスター第5話の重箱の隅

第5話「みんなとすごす夏休み」の小ネタ等解説。一時停止しないとわからないようなネタや初心者向けの解説とかしてます。

51
今週の文字は「忍耐」、と言っても耐え忍ぶのは冒頭だけ。事務所にエアコンは2台ありますが窓際のエアコンは最初から壊れたままで今回のラストでも直してなかった。家庭用のエアコンだから稼働していても事務所内隅々まで冷えることはなさそう。響は沖縄出身ですが暑いの苦手なので大変。

52
真っ白なスケジュール。5~17日まで予定が無い。しかも書いてある物も決定した仕事ではなくオーディションばかり。落書きは富士山、飴を持ったやよい、気球、くじら。

53
律子が扇いでいる書類は竜宮小町の企画書。

54
「心頭滅却すれば火もまた涼し」と言いつつ一人だけバケツの水で足を冷やす律子。このシーンを見て大抵の人が思い浮かべるのはエヴァンゲリオン第11話「静止した闇の中で」の碇司令。錦織監督は元ガイナックスなのでパロなのかも。

55
亜美真美は2本セットのアイスを分け合った後残った「ゴリゴリ君ソーダ味」掛けてじゃんけんするも双子ゆえかあいこ続き。

56
電車内の配置。Pの後ろはお婆さんが座っている。このシーンで流れる曲はゲームのBGM「TOWN」。通称「てってってー」と呼ばれ、よくコメント弾幕ができる。

57
暇な人間ばかりな状況に愕然とするPに「律子も(暇なの)か?」と聞かれて照れる律子。プロデューサーという立場に居るので余り描写されないが基本的に律子はツンデレで照れ屋。

58
おそらく千早は春香に引っ張られて参加したのだろう、いつも通り乗り気でない。春香は珍しくリボンが白色。1話以降ずっと、ステージ衣装の時以外リボンは赤だった。春香が歌っているのはアイマス1で彼女の持ち歌だった「太陽のジェラシー」。夏の海辺を舞台にした明るい歌だ。

59
春香の趣味はお菓子作り、その腕はなかなかのもの。亜美真美の「手持ちのチョコを2払いクッキーを4召喚する」はカードゲームで定番のフレーズ。

510
二人で座っているのに駅弁を3個買う響。当然大食いの貴音の為である。響と貴音はアイドルマスターSPではライバル会社の961プロ所属の設定で、2では最初から765プロに居る設定に変更された新キャラ同士なので一緒に描かれる事が多い。

511
看板に手を振る貴音。貴音は少し視力が悪い。

512
アイドル達が着ている水着はアイマス2の「ビューティーミズギ」を元にアレンジされた物。流れる挿入歌「神SUMMER!!」はアニメ用新曲。

513
やよいの水着だけスク水だがゲーム中に「ビューティーミズギ」が存在しないわけではなく単なる演出上の問題。

514
765プロのバストサイズ2トップと並んで悔しがる千早。アイマス2の設定では千早はバスト72cmで単独最下位。アイマス1で千早と同じ72cmだったやよいは74cmになっている。

515
よく見ると伊織の浮き輪はシャルルの絵柄。浮き輪を使っているが伊織は泳げないという設定は多分無い。泳ぎが苦手なのは律子。

516
穴を掘りながら雪歩が歌っているのは自作の「穴掘りの歌」。法令により砂浜は1.5m以上の深さの穴を掘る時は許可がいるそうです。

517
ジャンボラーメン3杯を軽くたいらげる貴音。大食いでラーメンが好物なのは貴音役の原由実さんの特徴を設定に活かした為。

518
競泳中に魚をとって思わず「取ったゲロー!」の響。4話のゲロゲロキッチンを引きずってますね。真も脳筋な所がありますが響もかなりアホの子っぷりを発揮してますね。道具を使わずに取った場合は漁業権についてうるさく言われることはあまりないと思われます。

519
夕日が海の向こうに沈むという事はここは日本海側の可能性が高い。

520
大部屋に通されて大喜びででんぐり返しする響。ちょっとした事ですがキャラの性質を示したり、視聴者が「あるある」と思うような良いカットだと思います。

521
社長から電話が掛かってきてGOサインの出た竜宮小町の企画書。伊織がリーダーであることや「アミューズメントミュージック」という番組でデビューする事が読み取れる。

522
バーベキューの時の配置。律子は撮影係、貴音は一人だけ椅子を用意して食べる気まんまん。位置関係を見ると、飲み物を持ってきた千早やPの肉を横取りした美希はPから離れていることが分かるので心情を深読みすると面白いかも。

523
企画が通ってご機嫌な律子の鼻歌は「GO MY WAY!!」。律子のバストサイズはアイマス1では85cmで2位、2の設定では貴音・美希に抜かれて4位。

525
間違えて男湯に入ってきた美希を見て慌てるP。よく見るとハム蔵もPと同じように前を隠したり女湯の方向を手で示したりしている。ってゆーか君いつも裸じゃん?

524
卓球に興じる亜美真美。ちゃんとラケットの色が亜美が青、真美が赤になっている。じゃんけんの時もそうだが双子の思考パターンがほぼ同一のためスマッシュのラリーになって決着が付かない。あずさは巨乳ゆえ、肩がこるのかマッサージ機を使用中。

526
雪歩が忘れた携帯を探しに行く伊織・真・雪歩。文句を言いつつも先頭に立って歩いてくれる伊織は意外と面倒見の良い子。雪歩の携帯の着信音はゲームのBGM「Refresh」。

527
貴音と月は深い関係がある。詳しくはネタバレになるのでゲーム本編を参照のこと。

528
「皆と旅行したりするの苦手?」という春香の問に千早は「分からない」と答える。アイマス2では必ず3人のユニットを組むせいか、それほど言及されないが千早は集団行動が苦手。「歌う事、歌唱力の向上」を最優先事項とする千早とそれ以外の人間では意識が全く違う。アイマス1の世界では家庭の問題のみならず学校でも孤立している描写がある。ここのBGMはゲームのBGM「Night」のアレンジかな?

529
Pの部屋で乾杯するP&あずさ。Pの持つ缶は「MINSE BEER」と書いてるので伊織の家の関連会社か。あずさは酒に弱いがあずさ役のたかはし智秋さんは酒に強い。

530
律子の飲んでいるのはジャワティストレート。アニメから入った人の多くが誤解しているだろうが律子は19歳で未成年。Pの年齢設定はアイマス1では23歳程度。机の上にやたらたくさん飲み物があるので律子・あずさ以外の誰かが来ていたのだろうか?あずさが歌っている「ねこねこにゃんにゃん」という歌はラジオ内のミニドラマであずさが風呂の中で歌っていたもの。

531
伊織はうさちゃんと、雪歩は真と一緒に睡眠。雪歩と真のコンビは「ゆきまこ」と呼ばれ765プロの中で最も「百合」に近い組み合わせ(一応二人ともノーマルです)。

532
「おにぎりの具は」「いちごババロア」、両方共美希の好物。美希は鮭や具なしおにぎりが好きだが母親が面倒くさがりなので鮭にぎりはめったに作ってもらえない。

533
美希達の寝言に思わず吹き出してしまってそのまま会話になる春香達。千早は笑いの沸点が低く、くだらないダジャレでも大受けするタイプ。「来年の私達ってどうなっているのかな?」という台詞は原作プレイ済みの人間には重い言葉。ゲームではどんなに成功を収めようと必ず1年でユニットが解散になるシステムなので、東方MADで言う所の「寿命ネタ」同様にアイマスにおいて時間経過のネタはある種の哀愁が漂う。

534
Pについて、素直に評価する春香と下げておいて上げるツンデレの伊織。春香はゲーム中他キャラと比較して初期からPへの好感度が高目な態度のキャラ。ここから流れる曲は「i」のピアノVer。支えてくれる仲間への感謝を歌った曲。

535
事務所に着いた時には全員行きとは別の服に。春香のリボンも白から黄色にチェンジ。

536
スーツの時にいつも付けている四つ葉のクローバーのバッジが赤色に。恐らく四つ葉のクローバーの意味は竜宮小町が律子を入れて4人なのでチームの象徴的な物だと思う。

537
正式に竜宮小町の企画について発表。寝転んで撮影した伊織がなんかエロい。この写真だと亜美が一人で写っているが2話のラストを見ると・・・
538
亜美真美は二人で撮影している(旧宣材でも二人で撮影)ので律子がこの頃から企画を考えていて別撮りしたのだろうか?EDは千早・あずさ・真・美希・響・律子が歌うアニメ用新曲「MOONY」。

関連記事:アニメ アイドルマスター第4話の重箱の隅
関連記事:アニメ アイドルマスター第6話の重箱の隅

|

« アニメ アイドルマスター第4話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第6話の重箱の隅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/52609898

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ アイドルマスター第5話の重箱の隅:

« アニメ アイドルマスター第4話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスター第6話の重箱の隅 »