« アニメ アイドルマスター第2話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスターの役割 »

アニメ アイドルマスターにおける主観の排除

アニメ『アイドルマスター』第4話における「アイドルアニメ」としてのコンセプトと演出のズレ

アニマスにおける主観的な場面の少なさについて語ってる人が居て、特に原作に思い入れはない人の視点だとそうかもなぁと思いまして。
ただアニマスの事情を考慮するとある程度わざと主観性を排除している部分があるのでそこを攻められるのは多少辛いかなと。新規さんとかにはそんなん知るかよとか言われそうですが。先に断っておきますが自分はカメラワーク的な知識はないのであくまでもアニマスの持つ特殊な事情による話をします。

まず制作にあたってバンナムの石原Dから「最初は事務所もの、アイドル誰かの目線で話が進んでいくのではなくて、視点を一歩外に置いて事務所を外から見ているアリの巣を観察する感じにして欲しい」と注文が付けられていたらしい。
自分も2話を見た時、何故もっと伊織視点で描くかP視点でアドバイスをガンガン出す方向で描かないのかと疑問に思ったんだけど石原Dの話を聞いて納得した。そして2話以降、伊織・雪歩・千早と1キャラにスポットを当てる回になっているけどだんだん主観性は増えてるように思える。6話から話が動くみたいだからもっと主観的なシーンは増えるんじゃないかな。

5話を見た人の感想の中に「複数キャラが映るようにかなり気を遣っているのが見えた」という感想があった。アイマスは他の作品と違ってなるべく全キャラを 均等に描くことをファンから求められる。だから多分、主観的なシーンを減らしてその分他のキャラも映るようなシーンにしてると思う。13人も女の子が居る と一人一人描いてると時間が足りなくなる。
あと、ゲーム本編では横のつながりは無いに等しいのでアニメならでは見せ方をするためにもキャラ同士の絡みが重要になってくるので余計に複数キャラをカメラに収めないといけない。

Pに関しても男が出ることに抵抗がある人達が居るので完全にP視点で進めるわけには行かないんだよね。Pが無能だって怒ってる人も居るけど多分有能だったら有能でアイドルと接触しすぎて発狂する人が出るだろうね。視聴者が自分とPを重ねられるようになるまでじっくりと待たないと派手にPを動かすこともできない。

あと脚本に文句言う人も結構居るけどこの作品ではシーンごとに断片的になってはいけないという制約が発生しているので難しい。前に起きた出来事が離れた場所に居る別の人物の描写に繋がって行かないと人数が多い分ものすごく分かり辛い話になってしまう。
簡単に「あの描写はダメ」みたいな事は言えるけど他のシーンに繋ぐことを考えると代案を出すのが苦労するだろう。

要するにアイドルマスターというのは史上稀に見る厄介なアニメ化なんですよ。パッと流行ってすぐにアニメ化されたわけでも、知る人ぞ知るレベルの細々とした支えられ方をしてきたわけでもない。約6年という時間を経て、2008年から2009年の盛り上がりのピークを越え、9.18の衝撃に耐えた人が支えてるコンテンツなんです。これほど厄介なファンはなかなか居ない。
それを踏まえた上で見ている自分としては画面の作りに全く違和感はないしニコニコの配信でのコメントやブログでの感想でもそういった意見は余り出てないと思う。もう少しじっくり見て欲しいというのが個人的感想です。

|

« アニメ アイドルマスター第2話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスターの役割 »

コメント

初書き込みします。
アニマスDVD見ながらネットして流れ着きました。
放送終わって時間経ちますが、何度か見直しても良いですね。

最近、去年・一昨年のライブDVDも買って来たので、見ながらネットしていたら引っかかった『9.18事件』の言葉。

自分はヌルいゲーマーなので当時はあまり気にしていませんでしたが、まさかこんな事態になって居たことにびっくりしました。

アケマス当時から評判悪かったディレ1は、本当に大事なものが見えて無かったって事を改めて思い知らされました、今更ながら。

それでも、このゲーム世界をアニメ化してくれたスタッフ一同に感謝でいっぱいです。

個人的にちょっとモニョる部分が無い訳ではありませんが、全編通して落ちる事が無かったクオリティは賞賛に値すると思います。

その高い画質とこちらのおかげで、コマ送りの楽しさを知りました(笑)

ありがとうございます。

他の所にもコメント残すかもしれませんが、宜しくお願いします。

投稿: orzP | 2012/10/28 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/52410689

この記事へのトラックバック一覧です: アニメ アイドルマスターにおける主観の排除:

« アニメ アイドルマスター第2話の重箱の隅 | トップページ | アニメ アイドルマスターの役割 »