« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »

ハイエナ問題

Ohnuma Sound Lab. blog  年の瀬・歌い手・ボカロ界隈・これからの活動
言及している記事はたくさんあるのでここから見てくだしあ

ボカロオリジナル曲を歌ってみたにリスペクトは必要かって言う話から始まってニコニコ動画全体でリスペクトは必要かという展開になってますな。

個人的には規制の進んだつまらないがマナーの有るニコ動とフリーダムで面白いがそれによって泣かされる人もいるニコ動、という二つの未来しか無いと考えるのはどうかなと思います。中間でも良くね?
大福Pのような考えのボカロPしか居ないという事はありえんでしょう。どのジャンルの住人にしてもニコニコ動画において全会一致など僕はありえないと思います。ニコニコ動画はそんなに底が浅くはない。現にロリコムさんやほぼ日Pなんかはすでに改変OKと表明しているわけだし。だから一部のボカロPが「替え歌禁止」「歌ってみた禁止」を掲げても寛容的なPの曲を使って順応し、ハイエナさん達は逞しく生きて行くと思います。それこそ彼らが真にハイエナなら何もボカロ曲にこだわらなくてもアニソンで人気を得ている歌い手さんも居るのだから他ジャンルの歌を歌えばいいだけで殊更外野が保護する必要性を感じません。

ハイエナ保護が必要になるのは、例えばクリプトンとかレコード会社とか何かの集団としての力を発揮できる所が動いた時だけです。ニコ動がフリーダムだからこそ面白いというならたかだか個人の権利者が改変禁止を掲げる程度の自由は認めるべきでしょう。法や条例による規制とはレベルが違いすぎると思うのですが。頑固親父のラーメン屋にいちいち反対運動しなくても他の店で食べればいいんですよ。なんせボカロPは観測できる範囲だけでも3500人以上居るんですから。

続きを読む "ハイエナ問題"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あまりにも繊細な

半年ぶりに来た「春風謳歌」の新作。
これはすごい。
かつてここまで細やかに春香を描いた作品が有っただろうか?ふんだんにイラストを使うことで感情表現が深くなっている。
並Pの上手い所は顔の見えないカットが多いこと。絵で語り過ぎず、そして決める時は最高の表情で決める。メリハリが効いているんだと思う。裾を折り曲げたズボンが左右で少し高さが違うところとか春香っぽさを表していて秀逸だなー。あと、おっぱい。
この動画、なんか、ため息が出るような良さが有る。すごい春香っぽいというか、理想の春香像に近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年10月 | トップページ | 2011年1月 »