« 第5回MMD杯予選×アイドルマスター | トップページ | im@sストーリー系PVの作り方 »

ニコニコ生放送の新しいサービスアイデア

ニコニコ動画のプレミアム会員が90万人突破ししましたが牽引役としてはニコニコ生放送の力がかなり大きかったようですね。という事は今後ニワンゴ的にはニコ動本体よりもニコ生の方に力を入れていく事になるんだろうか?

動画と雑談 - 山に生きる

上の記事を読んでいて考えたのだがニコ生は複数生主による1番組の運営をもっと簡単にできるようにしたら放送の幅が広がるのではないだろうか。
基本的に放送主は一人で放送を切り盛りし、複数の視聴者と対話するのが今の生放送。ネタが無い時など他の人の手を借りたい場合はスカイプで誰か読んで一緒に喋ってもらうのが生主側が複数になる唯一の方法である。ただしスカイプの音声を放送に乗せるためにはサウンドミックスとかステレオミキサーとか呼ばれる設定が必要で素人だとここで手こずるしPCの環境によっては使用に耐えない場合もある。

これを運営側でミックスできるようになれば結構楽だと思うんだけどどうでしょう?バックステージパスの機能を拡張して音声データーを放送に乗っけられる「音声権」、引用動画を流せる「引用権」、カメラ映像を流せる「映像権」とか付加させられるようにして複数人で生放送1番組を運営できるようにする。技術的に難しいかもしれないけど。
似た様な感じで別々の番組を相互リンクして双方の音声が聞こえるようにするとかもいいかも。

あとはアイマス系生放送では生放送イベントをよくやるのですがタイムシフト機能は1週間しか残らないので長時間イベントのタイムシフトを後から追っかけようとしても1週間で見終わらない時もある。そんな時のために有料でタイムシフト番組を通常の動画としてニコニコ動画にアップできる機能、もしくはタイムシフトの期間を延長できる機能とかどうでしょうか?

イベント生放送に関しては引用されたイベント用動画は再生数は上がるがコメントが余り増えない傾向にあるので(生放送でコメントして満足してしまう)生主が放送終了後に動画引用中のコメントを選んで元動画に反映させれるような機能が有ると元動画も盛り上がるし生放送の時の興奮をある程度残して置けるのではないでしょうか。

|

« 第5回MMD杯予選×アイドルマスター | トップページ | im@sストーリー系PVの作り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/49112767

この記事へのトラックバック一覧です: ニコニコ生放送の新しいサービスアイデア:

« 第5回MMD杯予選×アイドルマスター | トップページ | im@sストーリー系PVの作り方 »