« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

アイドルは嫁ですよ

某つぶやきに対して。
アイドルは嫁じゃないってのは、それはアイマスに触れた最初の機会がゲームその物であった人達には当たり前かもしれないけど動画から入った人には寝耳に水というか心外というか。
最初からゲームに触れた人はプロデューサー=自分という方式が成立し主観視点なのかもしれないけど、動画から入った自分は最初はプロデューサー=動画をうpした人だから第3者視点なのよ。誰かが育てたアイドルをファンとし愛でるという接し方もアリだし、必ずしもアイドルとプロデューサーの関係だけに留めておく必要も感じない。アイマスに金を落としてくれるならゲームその物をやらずにCDだけ買ってファンとして活動する人もウェルカムですよ。

リスペクトを期待するのは人間のサガだけど過剰に期待しても仕方ないよ。大体、PV系だってコラボ相手の要素、特に非アイマス曲に対してのリスペクトは十分じゃない。音源フルVerで作られたPVがどれだけ有ると思ってるんだ。意地悪く意趣返ししてしまうと「アケマスPはこんな傲慢な奴ばかり」とか言われちゃうよ。最初に「個人的に」って断るか最後に「あまりまやの好みじゃない」って付けようぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニコニコミュニティのオーナー権限

なんか、「iM@S架空戦記コミュニティ」コミュのオーナーが長期間ログインしてないらしく生放送やコミュ動画アップロードが制限されちゃってるらしい。

運営がどう認識してるか知らないけどアイマス民にとってはコミュは個人コミュよりもジャンルコミュやキャラコミュ等のみんなで運営するようなコミュの方が大事だ。都合上コミュを作った人がオーナーになってるけどオーナー1人の意志で好き勝手にやって良い物でもない。

でも今回のようなコミュ存続危機に対してオーナ権限委譲はオーナーと連絡がつかないと不可能ってのは八方塞がりになってしまう。そもそもニコニコ動画はユーザー同士の連絡手段を用意していないのでメールアドレスやTwitter・ブログを公開している人でないと連絡先すら分からないこともまま有る。
だからコミュオーナー権限は事前に次のオーナー候補を指定できるシステムにするべきだと思う。オーナーが指定したプレミアム会員のコミュメンバーがそれを了承したらコミュ消滅条件に達した時点で次のオーナーに自動委譲するシステムが欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ニコニコ動画に新しい機能のアイデアが無い…だと!?

                        ヘ(^o^)ヘ いいぜ
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ 運営がこれ以上ニコ動本体に
                /(  )    新機能がいらないって言うなら
       (^o^) 三  / / >
 \     (\\ 三
 (/o^)  < \ 三 
 ( /
 / く  まずはそのふざけた
       幻想をぶち殺す

ニコニコ大会議にてひろゆき&夏野さんいわく「高画質はもう実現しているのでこれ以上ニコニコ動画で増やすことがない」そうだ。いやー、考えればもっと有るでしょ。

続きを読む "ニコニコ動画に新しい機能のアイデアが無い…だと!?"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第5回MMD杯本選376本見た自分がお薦め紹介するZE

第5回MMD杯本選+遅刻組376本見終わりました。もうゴールしていいよね?
個人的お薦め作品をジャンル毎に紹介するよー。ちなみに本選の投票締め切りは9月2日21までです。気に入った動画をマイリスするとそれが得票になります。

まずは一番のおすすめ!

これでもマイリス最多じゃないのが不思議なぐらい良く出来てる。ミク達が宇宙へある物を飛ばすために素人なりに知恵とチームワークを結集して頑張ります。展開の良さ、映像美、豊富な小ネタ、どれをとっても素人離れした出来。

続きを読む "第5回MMD杯本選376本見た自分がお薦め紹介するZE"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

第5回MMD杯の宣伝が半端無い件

ちょいと計算してみたらニコニ広告拒否設定の物を除き宣伝率約81%。
総額は56万6200円分、平均にして約1600円分の広告費が投入されている。

ちなみにコレは本選用動画のみの数字。予選とMMD杯運営の動画は勘定に入れていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

@ジャンプ拒否機能欲しいなぁ

第5回MMD杯本選に提出された「Bad AApple!!」の支援と称して釣り動画を大量に用意して@ジャンプで飛ばしてるお馬鹿ちゃんがいて折角の楽しい空気も台無し。もうそろそろこういう馬鹿対策のために「@ジャンプを拒否するユーザー設定」もしくは「この動画を@ジャンプのジャンプ先として指定できない動画設定」が欲しいかも。
件の馬鹿は(別人かもしれないけど)無関係の「Bad Apple!!」関連動画にも「第5回MMD杯本選」タグ付けてるし、頭がパーン関連の動画にも便乗か何か知らんが本選タグ付いてるしで色々と台無し。

追記:@ジャンプと関係ないけど削除依頼掲示板に「第5回MMD杯本選とういうタグを付けて、祭りという名目で公式のランキングを一部の信者票や工作行為で埋める、ランキング荒らし行為に該当します」とMMD杯そのものを排除したいマジキチな人が湧いてるわ・・・。適当な有名動画にタグ付けて検索妨害する奴も居るしこういうのは運営が素早く取り締まって欲しいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

im@sストーリー系PVの作り方

生放送でストーリー系PVの作り方について聞かれたので喋ったんだけど一応文字にも書き起こしておく。

まず一口にストーリ系PVといっても自分の作るものは特殊で、同じくストーリー系PVのタグが付くメイPとかシラカワPの作品とはかなり作りが異なる。他の人が「曲(歌詞)の核となる部分(主題)をストーリーに反映させてその他の細かい所は必ずしも曲に合わせない」という作り方に対して僕は「歌詞で描かれている状況を画面で再現する」という作り方になっています。なんで、僕のは再現M@ster的な要素が強いですね。

続きを読む "im@sストーリー系PVの作り方"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ生放送の新しいサービスアイデア

ニコニコ動画のプレミアム会員が90万人突破ししましたが牽引役としてはニコニコ生放送の力がかなり大きかったようですね。という事は今後ニワンゴ的にはニコ動本体よりもニコ生の方に力を入れていく事になるんだろうか?

動画と雑談 - 山に生きる

上の記事を読んでいて考えたのだがニコ生は複数生主による1番組の運営をもっと簡単にできるようにしたら放送の幅が広がるのではないだろうか。
基本的に放送主は一人で放送を切り盛りし、複数の視聴者と対話するのが今の生放送。ネタが無い時など他の人の手を借りたい場合はスカイプで誰か読んで一緒に喋ってもらうのが生主側が複数になる唯一の方法である。ただしスカイプの音声を放送に乗せるためにはサウンドミックスとかステレオミキサーとか呼ばれる設定が必要で素人だとここで手こずるしPCの環境によっては使用に耐えない場合もある。

これを運営側でミックスできるようになれば結構楽だと思うんだけどどうでしょう?バックステージパスの機能を拡張して音声データーを放送に乗っけられる「音声権」、引用動画を流せる「引用権」、カメラ映像を流せる「映像権」とか付加させられるようにして複数人で生放送1番組を運営できるようにする。技術的に難しいかもしれないけど。
似た様な感じで別々の番組を相互リンクして双方の音声が聞こえるようにするとかもいいかも。

あとはアイマス系生放送では生放送イベントをよくやるのですがタイムシフト機能は1週間しか残らないので長時間イベントのタイムシフトを後から追っかけようとしても1週間で見終わらない時もある。そんな時のために有料でタイムシフト番組を通常の動画としてニコニコ動画にアップできる機能、もしくはタイムシフトの期間を延長できる機能とかどうでしょうか?

イベント生放送に関しては引用されたイベント用動画は再生数は上がるがコメントが余り増えない傾向にあるので(生放送でコメントして満足してしまう)生主が放送終了後に動画引用中のコメントを選んで元動画に反映させれるような機能が有ると元動画も盛り上がるし生放送の時の興奮をある程度残して置けるのではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第5回MMD杯予選×アイドルマスター

「第5回MMD杯予選」 「アイドルマスター」タグを含む検索結果

無料の3Dツール「MikuMikuDace」を使った大会MMD杯の5回目予選が開催中ですね。当初はボカロ関連が多かったMMDも今では色々なモデルが公開されアイマスモデルも充実しています。
現在アイマス関連をメインにした作品は20本エントリーしてるみたいです。個人的には箱◯からの抜きでは作りにくい動くドラマを期待したいですね。

シネ☆MADのCMでもMMDで色々やっていたcyanPの青春ドラマ?しかもフルボイスっぽい。

 

実写背景との合成がいい感じ!内容はたかゆきで邦画っぽい雰囲気?
個人的にはこの2つが気になります。

続きを読む "第5回MMD杯予選×アイドルマスター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »