« 再生数の話3 マイリス率という考え方 | トップページ | 再生数の話5 趣味だからこそ »

再生数の話4 週マス考

ニコマスにおける再生数についての話です。その手の話が嫌いな人にはお勧めしません。ヒステリックな方にもお勧めしません。

先日の新作は実は水曜日には出来ていたのですが考えた末、金曜朝にうpとなりました。その理由は週刊アイドルマスターランキングへのランクインを狙うためです。

なぜ週マス入りを狙うかと言われればそれが一つの目標であり栄誉だからである事と、週マス入りによって「これ見逃してたから今から見てくるか」という視聴者が来てくれるランクイン効果を狙っての事です。ネタ作品はともかくガチ作品はなるべく多くの人に見てもらいたいと思っています。その上で週マスは初動終了後の貴重な集客チャンスです。

先週はご存知通り、RidgerPの「MASTER ARTIST 66」やカブキンPの「I Want」、いろはPの「ハルレッド」など大作が一気に投稿されました。ふと気が付くと土日にうpされた作品だけでかなりの数が週マスランクイン圏内だと分かりました。
週マスの30位に入るには週ごとに異なりますが大雑把に言って500ポイント必要です。再生数の20分の1の数値とマイリスト数を足した数が500を超えるとランクイン圏内になります。例えば再生5000のマイリス250とかで500ポイント。

金曜朝から日曜夜ぐらいまでの投稿作品でランクイン圏内の作品が約15個、月曜投稿分も含めると約20個がランクイン圏内に入っていました。
「これはまずい・・・」あまりキャッチーな作風でない自分としては激戦週への投稿は躊躇われました。「30位までならあと10本は余裕が有るじゃないか」って?それほど甘くはありませんぜ、旦那。よくよく考えると「新作がくれば高確率でランクインするシリーズ物」が結構存在するのです。それらの作品が今週来てしまうと一気に残った席が埋まります。

比較的更新頻度が高くほぼ確実に新作がランクインするシリーズとしては「姉、ちゃんとPしようよっ!」「ちょっとだけ未来のお話」「女性恐怖症Pの挑戦」「アイマスクエスト」「くされ戦記」「真・女神転生Ⅱ」「弱小事務所」「念能力バトル」「S@G@2」「アイドル寮空室あり」「スイハンジャー」「765シティ」「Gジェネ」と結構数があります。それ以外にも良作のPVや手書きMADなどが来るとすぐ10個ぐらい埋まりそうです。「いつもそんなせこせこした事考えてんの?」と言われるかもしれませんがサーセン、手塩にかけた自作をなるべく多くの人に見てもらいたいので割といつもそんな事を考えながらやってます。

シリーズ物は一旦人気が爆発するとしばらくの間強い。新作の出来がイマイチだったとしても今までのシリーズの平均再生が2万有ったのが急に1万に落ち込んだりはしない。もちろんぱっとしない内容が続けば視聴者は離れますし、それをしないゆえに人気が高いのではありますが。
人気シリーズは固定客の補正が強いので単発物よりも有利になる。なのでそろそろ「シリーズ殿堂入り」というのも作った方がいいのかもしれない。同一シリーズで5~10回ランクインしたら殿堂入り。
デメリットは動画が長くなって編集部が苦労する、そのシリーズファンにとっては嬉しくないかも。個人的には紹介されれば殿堂入りでも良いかなと思う派。

|

« 再生数の話3 マイリス率という考え方 | トップページ | 再生数の話5 趣味だからこそ »

コメント

シリーズ物はたしかに一度当たれば強いですよね
 ただ言い換えれば一度外すともう再生数の伸びが期待
 できないから 再生数のばしたいならそのシリーズは
あきらめるしかないですかね……

投稿: ななし | 2009/10/06 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/46400013

この記事へのトラックバック一覧です: 再生数の話4 週マス考:

« 再生数の話3 マイリス率という考え方 | トップページ | 再生数の話5 趣味だからこそ »