« 白いクスリ騒動は企業的にどうなんだろね | トップページ | モニタの向こうの「生身」が人をおかしくするのか »

動画削除について追記

初音ミク「白いクスリ」削除依頼めぐりクリプトンが各社と協議 - ITmedia News
やはりクリプトンはニコニコの対応に危機感を感じたみたいだねぇ。おそらく利用規約の見直しと法的に対応できるかの協議なんだろうけど結果が出るまで待つしかない。

一方のニコニコも
宣伝目的の動画利用について‐ニコニコニュース
件のディシプリン実況動画を名指しで今後このような企業の宣伝を原則OKにする方針転換を発表した。妙に展開が速くて逆に怖いぐらいw

昨日の記事で何を問題にしたかったか簡単に書くと

  • 削除基準が曖昧に感じる部分が有る。
  • 他社の利用規約を無視する道義的責任。
  • 他社の利用規約違反とは反対に自社の利用規約違反に対する厳しさ。
  • 要するにバランスが取れていないという事。付け加えて利用規約違反の荒らしに対する対応が甘いのも個人的には不満。
    で、今回自社の利用規約をゆるくする事である程度バランスを取ったと言える。しかし企業からすれば自分の所の利用規約が守られるのは当たり前と考える場合が多いだろうから規制緩和もマンセーとはいかないだろう。

    個人的体験に基づいて書くと、ニコニコ動画の利用規約違反に対する対応は結構甘い。例えばすでに亡くなっている桃邪気Pを騙って動画を上げている人間が居たがこれは利用規約の
    他人の名義、その他会社等の組織名を名乗ること等による、なりすまし行為
    の違反に相当すると考えられるが違反通報しても即座に削除される事は無かった。そもそも通報時に違反内容が「性的な内容」「暴力的な内容」「残虐的な内容」「不快な内容」「差別的な内容」「権利侵害」の6種類しか選択できないのが間違っている。
    なりすましに関してはコミュの方でも有ったので通報したら「ユーザー同士の問題なのでユーザーで解決してください」とか言われたし。連絡手段無い匿名の人とかざらに居るしコミュ入会を拒否されたら対話もくそもないんですがどうしろと?

    利用規約を守らせたいなら悪意を持ったユーザーへの利用規約違反での対応もしっかりして頂きたい。地道に対応していけば全体としてバランスが取れた運営になると思いますよ。

    あと、昨日の記事でクリプトンとの連絡役をちゃんとすべきだと書いたのは、ニコニコニュースだけ読んでいるとうp主に対して権利者削除要請が来た事実を伝えただけに見えるからです。
    うp主に対して「クリプトンさんに何か言う事があれば伝えますよ」とかクリプトンに対して「うp主に提案したい事が有ればこちらから伝えますよ」とか言ったかどうか定かでないので投げっぱなしに見えるという事です。妥協案とか探れたかもしれないのに結局作者は全動画・ブログ削除で消えたらしいね。削除した動画を復活させた上で判断はうp主に任せるとかしなければ別の結果も有ったかもなぁ。

    さて、別件で動画削除について。
    チェーンソーを使って彫刻を彫る「おっきな〇〇を彫る」シリーズで有名なジェイソンさんの動画が半分ぐらい削除されている。

    個人の権利を侵害したらしい。
    どうも動画製作にはジェイソンさん(彫る人)、ゴレイヌ(動画うp主)、管理人A(?)の少なくとも3人のチームで行われていたらしく、管理人Aのチーム離脱によって彼の関わった動画が削除されたっぽい。
    僕はジェイソンさんの動画を全部見ているわけではないので断言できないが画面には基本的にジェイソンさん以外の人間は出ていなかったと思う。そうなるとプライバシーや肖像権は問題なくなり残るのは著作権。実際に彫っているのはジェイソンさんのはずだからあとはカメラマンとOP製作に関しての権利か?
    しかし複数人で製作した動画がそのうちの一人の申し立てだけで消されるのも大丈夫なんだろうか?その申し立てに正当性があるかちゃんと確認できてるのかなぁ・・・。

    |

    « 白いクスリ騒動は企業的にどうなんだろね | トップページ | モニタの向こうの「生身」が人をおかしくするのか »

    コメント

    コメントを書く



    (ウェブ上には掲載しません)




    トラックバック

    この記事のトラックバックURL:
    http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/45981293

    この記事へのトラックバック一覧です: 動画削除について追記:

    « 白いクスリ騒動は企業的にどうなんだろね | トップページ | モニタの向こうの「生身」が人をおかしくするのか »