« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

荒らしが消えるのに1ヶ月掛かった

某タグを消しまくっていた荒らしを通報しつつ復帰させていた結果ようやくどうにかなったっぽい。
Photo
8月の頭頃から始めて、荒らされなくなるまで約1ヶ月掛かった。

正直、この荒らしの執拗さ(数ヶ月前から荒らし始めてタグが全滅になってからだいぶ経っても毎日タグの監視をしている)から考えて諦めるようなたまではないと思うので恐らく全アカウントの長期停止もしくは削除になったかプロバイダ経由で警告が行ったかどっちかだと思う。

通報するたびに運営がちゃんと荒らしに対して処分していたと仮定して考えると、サブアカウントをたくさん使って荒らしをする人間をIP調べてプロバイダ経由でどうこうするまでこれだけ時間が掛かるという事なのかも。ちなみに行動パターンからして荒らしは一人です。

タグ荒らしはコメ削除依頼掲示板のタグ荒らし対応依頼スレッドへどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボーカロイドは電気羊の夢を見るか?

白いクスリ騒動の締めとしてクリプトンより改めてアナウンスがあった。

合成音声を含む動画の削除申立について - ピアプロ開発者ブログ

前回出された物と内容はほぼ変わらない。改めてエンドユーザー使用許諾契約により名誉毀損の可能性の有る歌にNGを出す姿勢を貫いている。
これに対して少なからず否定的な意見も有る。楽器であるはずのミクのイメージを守ることは必要なのか?それは表現の自由を狭めてまでするものなのかと。確かに現状では神経質であると受け止められてもしかたないかもしれない。でもこれから起こり得る可能性を考えた時にはこれぐらいやってもいいんじゃないかと思う。

初音ミクは藤田咲、鏡音リン・レンなら下田麻美の声を元に作られた物がボーカロイドだ。これらの歌唱と本人の歌唱にはまだ大きな差が有る。だが、今後の改良によって本人そっくりに歌わせる事が可能になった場合どうなるのか。
本人そっくりに歌わせたり喋らせたりできるようになったら何か問題があった時に本人に迷惑が掛かる可能性がある。そして藤田咲や下田麻美は一般人ではない。

例えば聞くばすぐ誰の声か分かるような有名な人の声を使った高性能のボーカロイドがあったとして。ビートたけしとか大山のぶ代とか誰でもいいけど日本人ならほとんど知ってそうな声で公序良俗に反する音声データが作られた場合、それがニコニコ動画にアップされたMAD的なものであることを知らずに聞かされた人はどんな反応をするのか。ボーカロイドと知らずに一足飛びで元の声の主に批判が行くかもしれない。
今はまだそんなことが起こり得るほどボーカロイドは高性能ではないけど将来は分からない。

続きを読む "ボーカロイドは電気羊の夢を見るか?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルマスター紙芝居・普通


久々に面白いNovelsM@sterを見た気がする。何でこれが埋もれているのか意味不明。

画面演出では飛びぬけた部分は無いものの文章の勢いとBGMのチョイスの良さは素晴らしい。芸能界のシビアさを描きつつそこに春香さんのアイドルオーラをもってして光を差す気持ちの良い展開。少し黒いというか現実主義なPと白い春香さんのコンビが非常にバランスよく信頼感に満ちた掛け合いも気持ちよい。

印象としては「職業アイドル」と「fake story」を足して2で割った感じか。765プロの事務所でドタバタするのもいいけどたまにはこういう胸を焦がすようなノベマスも見ないと何か物足りない。

とりあえず2話までは必ず見る事をお勧めする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モニタの向こうの「生身」が人をおかしくするのか

またユーザー生放送で問題行動が有ったらしい。

女性配信者が局部露出などで釣り、視聴者からウェブマネーの募金を募って数万円集めたらしい。
乞食自体は個人的にはどうでもいいのだが一応規約違反っぽい。
そして明らかに規約違反であるエロで人を集めた上での乞食はアウアウだろう。これが許されるなら今後ニコ生はチャットレディーの巣窟となり、まともな放送をしたい人が枠取りをし難くなるという害が発生するのは目に見えている。

規約違反なし、オリジナルのコンテンツで人気を集めた上での乞食なら後は個人の価値観だけの問題だがそれを満たしている配信者がどれくらい居るのかは不明だ。
そもそもニコ動本体が動画製作者に金が回るシステムを作る気が無いとひろゆきは言っていた。権利上の問題も有るが、そんなことをすれば金目的の転載やエロばかりなってつまらなくなると。

もうこうなったらしばらくウェブカメラは使用できないようにした方がいいと思う。エロ関連はやはりカメラが有るか無いかで相当違うだろうからそれで人気が維持できないような配信者は消えていくだろう。
あと生放送が原因で垢バンするような事態が起きた場合は普通に垢バンするのではなく「プレミアム会員契約の解除」にした方が良いのではないだろうか?アカウントを削除されてもまた別のアカウントを作り直して放送しようとするだけ(件の女性配信者は5回もバンされているらしい)なのでむしろ問題児を見失いやすい。プレミアム権限だけ取り上げておけばまた同じIDでプレミアムに入ってくれるかもしれないので問題児を継続的に監視しやすいし下手なID水増しにならない、プレミアムバンが続けばむしろ運営(゜Д゜)ウマー。

続きを読む "モニタの向こうの「生身」が人をおかしくするのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画削除について追記

初音ミク「白いクスリ」削除依頼めぐりクリプトンが各社と協議 - ITmedia News
やはりクリプトンはニコニコの対応に危機感を感じたみたいだねぇ。おそらく利用規約の見直しと法的に対応できるかの協議なんだろうけど結果が出るまで待つしかない。

一方のニコニコも
宣伝目的の動画利用について‐ニコニコニュース
件のディシプリン実況動画を名指しで今後このような企業の宣伝を原則OKにする方針転換を発表した。妙に展開が速くて逆に怖いぐらいw

昨日の記事で何を問題にしたかったか簡単に書くと

  • 削除基準が曖昧に感じる部分が有る。
  • 他社の利用規約を無視する道義的責任。
  • 他社の利用規約違反とは反対に自社の利用規約違反に対する厳しさ。
  • 要するにバランスが取れていないという事。付け加えて利用規約違反の荒らしに対する対応が甘いのも個人的には不満。
    で、今回自社の利用規約をゆるくする事である程度バランスを取ったと言える。しかし企業からすれば自分の所の利用規約が守られるのは当たり前と考える場合が多いだろうから規制緩和もマンセーとはいかないだろう。

    個人的体験に基づいて書くと、ニコニコ動画の利用規約違反に対する対応は結構甘い。例えばすでに亡くなっている桃邪気Pを騙って動画を上げている人間が居たがこれは利用規約の
    他人の名義、その他会社等の組織名を名乗ること等による、なりすまし行為
    の違反に相当すると考えられるが違反通報しても即座に削除される事は無かった。そもそも通報時に違反内容が「性的な内容」「暴力的な内容」「残虐的な内容」「不快な内容」「差別的な内容」「権利侵害」の6種類しか選択できないのが間違っている。
    なりすましに関してはコミュの方でも有ったので通報したら「ユーザー同士の問題なのでユーザーで解決してください」とか言われたし。連絡手段無い匿名の人とかざらに居るしコミュ入会を拒否されたら対話もくそもないんですがどうしろと?

    利用規約を守らせたいなら悪意を持ったユーザーへの利用規約違反での対応もしっかりして頂きたい。地道に対応していけば全体としてバランスが取れた運営になると思いますよ。

    あと、昨日の記事でクリプトンとの連絡役をちゃんとすべきだと書いたのは、ニコニコニュースだけ読んでいるとうp主に対して権利者削除要請が来た事実を伝えただけに見えるからです。
    うp主に対して「クリプトンさんに何か言う事があれば伝えますよ」とかクリプトンに対して「うp主に提案したい事が有ればこちらから伝えますよ」とか言ったかどうか定かでないので投げっぱなしに見えるという事です。妥協案とか探れたかもしれないのに結局作者は全動画・ブログ削除で消えたらしいね。削除した動画を復活させた上で判断はうp主に任せるとかしなければ別の結果も有ったかもなぁ。

    続きを読む "動画削除について追記"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    白いクスリ騒動は企業的にどうなんだろね

    のりピー麻薬で逮捕。

    初音ミクを使ったのりピーの持ち歌「蒼いうさぎ」の替え歌「白いクスリ」がニコニコに投稿される。

    クリプトン社、白いクスリを利用規約違反を理由に権利者削除。

    ニコニコ運営、一旦削除した動画をクリプトンの主張は法的根拠が無いとして復活。←今ここ

    法的な話や創作的な話は他の人がしてるので別方面で。
    クリプトンは初音ミクの利用規約違反を根拠に削除を申請しているが最終的にニコニコ動画運営はそれを拒否している。これによって今後ソフトウェアの利用規約違反ではニコニコ動画に投稿された動画は削除できない事が確定したと見てもいいだろう。

    で、これって企業的にはどうよ?特にニコニコに広告を出している企業とか自社製品関連の動画が多く投稿されている企業にとってはあまりよくないニュースなんじゃないかな?
    初音ミクの特殊性を考えると同じようなケースはほとんど起こらないだろうが、守ってもらえない企業側からすればニワンゴに対する不信感が募る可能性が有る。これじゃ黒字化遠のかないか?

    続きを読む "白いクスリ騒動は企業的にどうなんだろね"

    | | コメント (5) | トラックバック (0)

    ニコニコでの宣伝告知のハードルが上がっている

    ニコマスのイベントを宣伝する時に付けられる「アイマス企画告知」タグ、これで検索すると今結構すごい事になっている。
    8月に入ってからアップロードされた動画でこのタグが付いているのが26個。1日に2個は告知動画が作られている計算になる。しかし、こうなると告知動画が伸びない。1000再生行けばいい方で数日経っても500再生行かない告知動画もある。事前に知ってもらう為の告知動画なのにその役目がなかなか果たせない。TVのCMと違って取り合えず流しておけばそれなりの人数に見てもらえるということが無いので少々つらい状況。

    おそらく、告知動画と分かっていればもう見ないという人も結構増えてきてると思う。再生やマイリスが伸びたら見る人も居ると思う。これからは告知動画の時点で相当なエネルギーを投入していかないと厳しい時代になったと言えよう。

    自分も72時間生放送の時にすでに告知動画のタイトルには「告知」「CM」の文字を入れない方がいいんじゃないかと考えていた。

    結果このようなタイトルにした。あと、内容についても告知第1弾の頃から動画そのものの面白さを盛り込むことを念頭において作成した。突っ込み所やネタ、使用楽曲は盛り上がる曲にするなど出来るだけ頑張ったつもりだ。
    これから告知動画を作る人は形だけの告知にしたくないなら色々考えて作らないと駄目だろう。

    続きを読む "ニコニコでの宣伝告知のハードルが上がっている"

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    なんでカイト×ミクってすぐ否定されてしまうん?


    カイトとミクを恋愛関係で扱ういわゆる「カイミク」ってやたら嫌悪感示す人多いよなぁ。
    リン×レンとかカイト×メイコとかは比較的おkなのになぜかカイミクだけ反発強い気がする。不思議。

    ミクだけはマスターとくっつくのが妥当と考えられているのかな?

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    ニコ動のTV化はまだあわてるような時間じゃない

    「ニコニコ動画」が普通のテレビ局になってしまった日 デジタル家電&エンタメ-最新ニュースIT-PLUS

    あながち間違いではないけど急ぎすぎというのが正直な感想。

    まず「夏だ!祭りだ!コメントだ!ニコニコ動画12時間ぶっ通し生放送」が何のために放送されたかというと大きな目的の一つはプレミアムユーザー獲得のためだろう。そのために「赤字覚悟」などと称しているし、今回のようなイベントはそうそう無いと思われる。プレミアム会員の獲得と生放送のアピールの為に用意した高級な餌であり毎日のようにそんな金の掛かる事はしない。

    ニコニコ動画とテレビは持ちつ持たれつの関係なのか?という事については「割と最初からそうだ」と言える。
    ニコ厨兼アニオタの人間は初期の頃のアニメ本編丸上げを懐かしみニコニコでコメントを楽しみながらアニメを見たいと思っている人も多い。内容がテレビからそのまま持ってきた物であってもニコニコで見れば違う価値が生まれると思っている人がそれなりに居る時点でニコニコはテレビから大きく離れることは無い。
    また、ニコニコの投稿形式が今のところ動画に限定され、テキストや音声形式での投稿が出来ない以上テレビと大差が無いのは当然である。

    それ以外にも、初期のYouTubeからの動画引用やMAD動画などからニコ動の性質の何割かはまったく新しい物を生み出すことよりもちょっとしたアイデアと手間でありものの素材をおいしく頂こうという精神が強い。今ニコ動がテレビっぽいのはいまだ多くのメディアの中でテレビの力が強いからであり、おそらくテレビが廃れてネットが強くなればネットの素材をメインに扱うことになるだろうし、紙媒体のメディアがものすごく強くなるような事があれば紙媒体をネタのターゲットとするだけだろう。

    続きを読む "ニコ動のTV化はまだあわてるような時間じゃない"

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    フリーのVOCALOIDが純正VOCALOIDを凌駕する?

    なんか思ったほど話題になってない気がしたので。

    とりあえずはこちらの曲を聞いてみてください。ニコニコ非会員の方はこちらからどうぞ。

    相当な神調教です。これほどの物はボーカロイド全体でもなかなか聞ける物ではないと思います。しかもこれはクリプトンやインターネット社の純正ボカロではなくフリーソフト「UTAU」の音声ライブラリ「桃音モモ」を使用しています。

    一般的にUTAU音源は純正ボカロよりも調教のハードルが高いと認識されています。
    タグ検索で「UTAU」+「神調教」で最もマイリスト数の多い物と聞き比べると今回の進化が良く分かると思います。

    ぶっちゃけUTAU音源は一般人の耳では100%理解されないレベルですが今回の連続音を使用した「けんか別れ」は部分的にはまず間違いなく一般人にも通用するレベルでしょう。それどころか比較的調教しにくい鏡音リンを凌駕しているといっても過言ではない。
    この技術革新はもっと評価されるべき。

    ニコマスでも人力ボカロをやっている人が居ますがこの技術を使ってより精度の高い歌唱が再現される可能性もあるので期待したいところです。

    | | コメント (3) | トラックバック (0)

    やばい、ミンゴスまじやばい

    とらのあなの「LONG TIME」発売イベントでミンゴスこと今井麻美さんに会ってきました。

    いやー、まじ可愛い。ミンゴス可愛いよミンゴス。下手なアイドルよりも可愛い。
    ミンゴスは写真だと時々微妙な感じもあるんですけど本物はスゲー可愛かった。
    今回の服装は生足で腰とかの体型がはっきり見える服だったのもポイント高いよ!
    そして、思ったよりは胸があったw
    ニコニコで見た昔の映像だと本当に胸無いなぁって感じだったんですけど昨日見たら「あれ、AとBの中間ぐらいあるかも?」って感じに見えた。まぁPAD入ってるかもしれないけど。

    自分やっぱスレンダーな人好きだと再確認しました。あの細い腰に触りたい・・・。

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    愛の無い作品は本当につまらないのか

    ニコマスPの在り方というのはしばしば話題にされるが今はこれが一部で話題らしい。作品の詳しい解説は
    「手記」→「皮肉」 - ニコ動、それは人の心を癒す
    を読んでもらえばわかりやすいと思います。簡単に説明すれば人気を取りたかったらエロとか流行の物を取り入れて視聴者に媚びればいいじゃないか、出来ないなら諦めて底辺の身に甘んじるべきだという内容です。

    視聴者に媚びて本当に作りたい物ではない作品を作る事はよく非難されます。
    曰く「そんな人の作った物は多分つまらないでしょうね」と。その一方で作者で作品を判断してはいけないという言説もあります。
    おそらく多くの人が納得すると思いますが「過去にすごい作品を作った作者の新作だからといって必ずしも出来が良いとは限らない。その作品を見てから判断を下さないと作者や作品に失礼だ」という論。
    二つの意見は矛盾していますよね?媚びた作品、愛の無い作品だろうと面白いかもしれません。見終わるまでは判断できないはずです。でもまことしやかに「愛の無い作品は駄目」と言われています。

    続きを読む "愛の無い作品は本当につまらないのか"

    | | コメント (6) | トラックバック (2)

    « 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »