« HaRuKarnival'09について | トップページ | 愛の無い作品は本当につまらないのか »

御三家とそれ以外のMADの文化的差

PCが壊れて動画がまともに見れない環境で涙目の西岡Pです(挨拶)

アニメ「けいおん!」のアルバムがオリコンの週間アルバムチャートでアニメキャラクターとしては初の1位を獲得したらしいですね。6.7万枚を売り上げたとの事で、アイマスのCDが多くて2万ちょっと売れるのでその3倍の売れ行きとうらやましい勢いです。

さて、ニコニコ動画においてけいおん!のMADはどんな物が人気なのかというと基本的にアニメ本編を編集したMADになります。映像か音かの違いはあれど基本的にほとんどのけいおん!MADはアニメ本編を素材としていて手書き等の自前要素はかなり少ない。MMDのけいおん!モデルも思ったほどには使われてない印象です。
今最も人気のあるアニメと言っても過言ではないけいおん!なのにMADの世界では妙に幅が狭いですね。

この傾向はほとんどのアニメMADに共通しています。ハルヒ・らき☆すたの頃から人気に比例したほどには手書き系MADは作られていない、或いは存在するけどランキング上位に上がるほど人気は出ない事が多い。何故アニメMADでは本編編集MAD以外の幅が生まれてこないのか不思議です。

もうひとつ不思議なことが、手書き系MADは女性向け作品では盛んな事です。ヘタリア・銀魂・リボーン・乱太郎など作品では優れた手描きMADがたくさん作られています。女性は動画編集が苦手だからいっそのこと全部手描きにしてしまうのでしょうか?

御三家では実に様々な動画が作られます。特にアイマスは、ダンスアクションをメインに見せるPV系MAD、キャラクターの持つストーリーを音楽に乗せて表現するストーリ系PV、動的な部分を切り捨て物語性の表現に特化したNovelsM@ster、ほかの作品とのコラボレーションを行っている架空戦記、キャラだけ借りてまったく原作に関係ない事を解説する教養講座、リミックス・マッシュアップ等の音MAD、アニメのOP等をトレースしたりして再現する再現M@ster、オール手描きの紙芝居。動画で出来るような事はほとんどやっています。

ボカロ・東方も程度の差はあれど基本的に色んな種類の動画があります。なぜ御三家だけ動画の種類の幅が広いのか不思議です。
かつて「ひぐらしのなく頃に」は御三家に匹敵するような幅を持ったジャンルでしたがアニメ本編を使った動画が一斉削除されたことにより一気に勢いが無くなりました。
もし、今後御三家のどれかが廃れるような事があった場合取って代わるような物は現れるのか?と考えると現状ではなかなか難しそうな気がします。

これだけヒットしたけいおん!でコレだとアニメからMADのヒットジャンルが生まれるのはかなり厳しそう。ひぐらしがMADとして隆盛したのは元が同人だった事やドラマCD・ゲームなどのメディアミックスが早くから進んでいた事が要因だと思う。うみねこは・・・難しそうかな。
ゲームは今は下火になりつつあるジャンルなのでやはり厳しい。ゲーム実況は勢いはあるが個人がたくさん居るだけで集団ではないのでどれだけ大きくなっても恐らく御三家とは似てこないと思う。合作とかイベントとか全然無いしね。アイマスや東方がヒットしたのは定期的に燃料が投下されるからだと思うのでそういう体制のゲームじゃないと無理かな。
まとまらないけど終わる。

|

« HaRuKarnival'09について | トップページ | 愛の無い作品は本当につまらないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/45780891

この記事へのトラックバック一覧です: 御三家とそれ以外のMADの文化的差:

« HaRuKarnival'09について | トップページ | 愛の無い作品は本当につまらないのか »