« MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その1 | トップページ | MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その3 »

MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その2

紙芝居クリエーター略して紙クリの初心者向け講座第2回。今回は文字入れについて。

■画面解像度設定
文字入れの前に、解像度の設定を行います。通常ニコニコ動画の解像度は横512縦384になっています。このサイズで作るのもアリですがすいぎんPいわく640×480推奨と言う事で初期設定は640×480になっています。512×384に変更したい人は作り始める前に変更します。解像度の変更を行ってしまうとそれまでに行った編集内容を全て消去してしまう為変更は必ず最初に行います。
まずF3を押してプロパティパネルを開きます。右上の「>>>」と書かれた部分をクリックすると解像度変更画面になります。
12
▼ボタンを押して変更したい画面サイズを選択します。選択したら適応ボタンを押すと全てのレイヤーが新しい解像度に切り替わります。
13
これ以外の画面サイズには変更できません。全て4:3の画面比率となっています。16:9など他の画面比率にしたい場合は後で別のソフトで上下をカットするか黒帯を乗せて偽16:9にするといった方法を取ってください。
14
こういう感じで上下が黒、真ん中が透明の透過PNGを用意すると見せ掛けだけ画面比率を変えられます。当然この画像は一番手前(一番上)のレイヤーに配置します。

■文字入れ下準備
紙クリの最も重要な要素、文字です。結構ここでつまずく人が多いので先に書きますが、紙クリでは文字レイヤー(正式には「Message」レイヤー)に何らかの画像を置かないと文字が書けません。メッセージウインド画像のような物を用意しないといけないと言う事です。あくまでも画像の上に文字を配置しているという形式です。Message1レイヤーに画像を配置したらMessage1に文字を打てるようになります。
メッセージウインド画像は紙クリフォルダ内の素材フォルダに初めから用意されているのでそれを登録して使うといいでしょう。
メッセージウインドを使いたくない人は同じく素材フォルダに最初から入っている「透過640ダミー」という画像を使います。これは640×480の透明な画像ファイルです。
それ以外にも「黒.png」という画像が有ります。これは文字を画面全体に表示させるノベル形式の時に使います。メッセージウインドの上に文字を乗せて表示する時と違って画面に直接乗せる事になるノベル形式では文字の色と画面の色が似てる部分は文字が読みにくくなります。そこで真っ黒な画像を置いて透過率を変更して半透明にしてから文字を乗せます。
1516

文字を表示させるには素材パネルから適当な画像をドラッグしてプレビュー画面にドロップ、配置するレイヤーを「Message1」もしくは「Message2」に指定します。文字レイヤーを追加したい場合は先にF3を押してプロパティパネルでレイヤーの追加を行っておきます。
17
追加する時は文字レイヤーのチックを入れないと画像レイヤーを追加してしまいます。また、ここでレイヤーの順番(どのレイヤーが上か)も変更できます。

■文字入力範囲
文字レイヤーに画像を配置したらF5を押してメッセージレイヤパネルを開きます。デフォルトだと余白が5づつしか設定されていないので文字レイヤーに配置した画像のサイズいっぱいいっぱいまで文字を乗せる設定になっています。
しかしニコニコ動画ではコメントがデフォルトで画面上部に流れるシステムになっているので少なくとも上は少し空けておいた方が文字とコメントが重なりにくく無難です。文字を乗せられる領域は水色の四角ラインで囲まれた範囲です。「ガイドを表示する」のチェックボックスをオフにするとこの水色線は消えます。表示したままにしておいても完成した動画には出ません。
640×480の画像に文字を乗せる場合余白の設定を
18
これぐらいにしておくと実際の画面では
19_2
これぐらいの感じになります。
ちなみにマイナス値を入れると文字レイヤーに配置した画像の大きさを超えて文字を乗せる範囲を拡大します。640×480以下の画像を文字レイヤーに配置した時が分かりやすいです。
20
この数値やると
21
こんな感じで配置された画像の範囲を超えて右側に文字領域を40ドット拡大しています。
ちなみにマイナス値を入力する時は-10ならまず10と打った後に左側にマイナスを入力します。最初からマイナスを入力しようとすると入力できず0に変換されてしまいます。

■文字の編集
F5を押してメッセージレイヤパネルを開くと文字の編集が出来ます。
22
デフォルトでは使用するフォントはMSPゴシックのサイズ20です。これ以外のフォントを使う時やサイズや色を変える時は下の方の「デフォルトフォントを使用」のチェックボックスを外します。これを忘れると反映されません。色を変える時はフォントサイズの右側に有る白い四角を押します。すると色選択パネルが表示されます。
23
好きな色を選んでOKボタン。ここに無い色を使いたい場合は色の作成を押す。
文字のサイズに関してはエコノミーになった時や携帯からの視聴に耐えうるようにするためにデフォルトの20が適当だと思われます。テンポを良くしたい時等狙いが無い限りあまり文字を小さくするのはお勧めできません。同様に明朝などの細い字を使う時も注意が必要です。

MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その3
MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その1

|

« MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その1 | トップページ | MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/45464914

この記事へのトラックバック一覧です: MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その2:

« MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その1 | トップページ | MAD講座 初心者向け紙芝居クリエーター講座その3 »