« もっと対策されるべき | トップページ | 僕の考えたアイドルマスター2nd VISION »

死して動画を残す者、残さない者

忌野清志郎が死んでしまったわけだがニコニコでは関連動画に人が集まっている。以前に上げられていた動画がマイリストランキングに入ってきたりしている。

そんな中、このタイミングでわざわざ消す権利者も居る。

いっその事うpされてすぐに消されるぐらい厳しい体制なら分かるがこのタイミングで消すのはダサい消し方だ。コメントを見ると5月4日の途中までは見れたらしい。(消えてない動画も別にあるけどね・・・)

4月23日はニコマスPの桃邪気Pの一周忌だった。

よりによって死別の歌を使ったMADで一躍有名になった彼の事とこの動画はニコニコ動画とニコマスが続く限り語り継がれていくだろう。
ニコニ広告が始まった時、過去にうpされた動画は一律で広告を受け付けない設定にされていた。だがこの動画は永遠にその設定を変えることはできない。非常に勿体無いと思った。今はデフォで広告を許可する設定になっている。運営のおかげで今では金枠だ。
死んじまった人を惜しんでいるファンが居るんだから1週間ぐらいは権利者も気を利かしてそっとして欲しいよな、正直。

少し気になっている事が有るのだが4月23日にマロニエPが新作をうpしている。

これはニコマスでは珍しく登場人物が死んでいる作品だ。小鳥・あずさ・律子とボーカルの誰かがバンド組んでいたがボーカルが死んでしまうという物語になっている。ブログでも特に触れられて居ないのだがこの日付と人の生き死にと言うテーマを考えると桃邪気Pとの関連を考えてしまう。もしこれが偶然なら奇跡なのかもしれない。

|

« もっと対策されるべき | トップページ | 僕の考えたアイドルマスター2nd VISION »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/44900230

この記事へのトラックバック一覧です: 死して動画を残す者、残さない者:

« もっと対策されるべき | トップページ | 僕の考えたアイドルマスター2nd VISION »