« 評価と共感 | トップページ | 童謡ミーツ初音ミク »

愛と欲

前回の「評価と共感」の補足的な話。ちょっと9393というか面倒というかどろどろした話なので嫌な人はスルー推奨で。

 

 

 

 

そもそも、「最初はアイマス愛で動画を作っていたのに再生数を気にするようになって自己承認欲求におぼれた」みたいな嘲笑のされ方自体おかしいと思うんですよねー。じゃあ最初から「褒められたいから動画作ってます!」って宣言して始めたらどうなのよ?
それにその理論だと仕事にやりがいを求める人も愚かであることになると思うんだけど。仕事ってのはお金を稼ぐ、生きるためっていう最初にして最大の目的と目標があって始める物です。何か一芸で食ってる人は別として世の中のサラリーマンは基本的に。で、「やりがいが無い」とか「職場環境が・・・」とかいう人に「最初は金目的だったのにやりがいを求めるなんてみっともない」とか言わないでしょ?普通。

いーじゃん、自己承認欲求上等。そのおかげで面白い動画が見られるなら別に問題ないよ。もちろん「褒めて褒めて!」っていうオーラがだだ漏れの人はうざく感じられる(えっ僕の事ですか?w)と思うけど。個人的に「そういうの嫌い」って言うのはいいんだけど馬鹿にされたり見下されたりするのは何か違うかなー。

自己承認欲求の出てる人でも欲が100%、愛が0%になったわけじゃない。逆に言えば動画の作成動機は愛が100%じゃなきゃいけないの?見る専は?見る専の立場って愛100%なの?自分が楽しいから見てるんじゃないの?受け取るだけで何もしなくても愛100%なの?Pだけ愛100%を求められるのはおかしいよね。細かく考えていくと面倒だよね。そういうの面倒だからてきとーでいいよ、あふぅ。

|

« 評価と共感 | トップページ | 童謡ミーツ初音ミク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/42750375

この記事へのトラックバック一覧です: 愛と欲:

« 評価と共感 | トップページ | 童謡ミーツ初音ミク »