« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

3rd ANNIVERSARY LIVEの感想とか

こっちは単純にライブの感想とか。自分はライブやコンサートの類は全く行かない人で、ライブハウスでのライブとか昔アニメのイベントはいったことがある程度なのでこういうヘビーなライブイベントは初めてでした。トークが多いと個人的にちょっと困るかなぁと思ったんですがトークは殆ど無しで曲数が凄く多くて良かったです。

ただ、やはりリマスター系は盛り上がりにくいと感じました。あとはMA収録のいくつかの曲もライブで盛り上がるには多少不向きな曲も有りました。美希はソロで歌ったのが「Here we go!!」のリマスターと「ふるふるフューチャー」だったので多少足りない感じがしました。「relations」が律子と春香だったけかな?に持ってかれたのでなおさら。ノーマルVerからリマスターAへつないで生「わっほい」とかはニコニコ意識してる感じで面白いですけど。将軍様を思い出したのは自分だけじゃないはず。

ダンスが付くと面白くなる曲やバックダンサー有ると映える曲なんかもありました。「キラメキラリ」とか「スタ→トスタ→」はダンス有るとより一層活きのいい曲になるし「迷走MIND」はバックダンサーが付いて凄く格好よくなってました。惜しむらくはショートVerが多いって事ですが曲数にしろ人数にしろ多いので仕方ないですが。

あとゆりしー不参加の中まさかの「inferno」で千早×あずさとかまさにゆりしー涙目(´;ω;`)
一方伊織は本来参加していないC4Uのメリーとか歌ってましたよ。こういうCDでなかったクロスオーバーも面白い。どうせならCDで出してーとかも思っちゃいますが。小鳥さんも「ID:[OL]」「空」とソロ二本で満足度高し。あと開演前の注意事項で動くポリゴンのコトリさんも見れました。思わずその素材くれと言ってしまいましたよ。

社長はあんまり出番なくてVi審査員の山崎すぎおが途中かなり目立ってました。「バナナジュース頂くわ。バナナだけに」って下品な発想しか思いつかないんですがw
串田アキラゲストも意外性あって良かったです。まさかあの1曲の為だけに来るとか思わなかったなぁ。

とりあえず次回改善して欲しい点は衣装!もう少しお金かけて星井。人数多くて大変なのは分かるんですが安っぽい感じなのが・・・。今回はVo服っぽいのとDa服っぽいのの2週類でしたがイメージカラーは外してきたり千早蒼い鳥ソロでDa服っぽいのは違うだろうとか思いました。蒼い鳥ならVoだろそこは。てゆーかそろそろゲーム中の服を実際に作ってしまえばいいと思うんですけどね。ゴシプリとか生地が安っぽくても黒だから意外と良く見えるような気がするんですが。
アンコール曲は絶対「i」だと思ったのに1度歌ってる「THE IDOLM@STER」だったのは響・貴音がまだ「i」を歌えないからなのかな?聞きたかったんだけどなぁ全員での「i」を。あと物販。せめてパンフぐらいもう少し数用意してください。開場17時のイベントで昼ごろにグッズが売り切れとかどんだけー。

個人的にMVPは下田麻美にあげたい。歌にしろトークにしろ安定感抜群。最年少だよね?(響・貴音の中の人は知らんけど)なんとなくとかちの株がグッと上がった感じがします。というか最近真美が好きになってきた。麻ぽんは衣装も可愛かったし中の人もダンスも可愛くて◎。中村先生は相変わらずこういう場は弱い感じでした。CDでは結構上手くなってるんですけどねー。
ゆりしーは何でこの一日ぐらい空けられないんだ!?って思ってましたが曲数とそれに伴ったダンスの量が半端じゃない。故に練習時間も半端じゃないだろうからシングル連続リリースと重なったら出れないのもうなずけます。ただ、あの盛り上がりの中雪歩だけが居ないってのはやはりダメです。なんつーか万難を排してれでも駆けつけてほしいです。反面かなり忙しいはずの釘宮がちゃんと量こなしてたのはずごい。

こちらの反省点?みたいのは応援に関してもう少し足並みそろえる努力も必要かな。一応有志が掛け声のタイミングとかを研究した同人誌を配っていたんですが実際にはその時の流れで強制的に決まってしまうみたいなところもありました。どうせ応援せざるを得ない流れになるならなるべく統一できるように頑張った方がいいかも。「コンサート」と言うよりは「Live」と言う感じで観客も舞台装置の一部と言うか出演者の一部と言うような感じでしたからアイドル様に失礼の無い様曲ぐらいしっかり覚えて行かんとね。あとしっとり系の曲でライトの振りがテンポ無視でゆっくり振り上げ→手繰り寄せに統一されちゃうのはちょっと何とかしてほしいね。やはり曲のテンポに合わせてライト振りたい。

続きを読む "3rd ANNIVERSARY LIVEの感想とか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PSP版アイマスと原点回帰

パシフィコ横浜行ってまいりました。2時間以上総立ちで足疲れた・・・。さてPSP版の美希が961プロに移籍で美希好きの一緒に行った人がかなり「気が重い」と言っていたので「こりゃまたWhoPがへこむだろーな」とか話してたら予想通りの反応でワロタ。
個人的にはまぁ、酷い事にはならないと信じています。しかしコミュがかなり変更になって新規ユーザーと美希の話が通じなくなると嫌だなぁという心配はぬぐえないですなぁ。他にもソロでしかプロデュース出来ない事を致命的と捉える人も居るようですが個人的には問題じゃないですね。

今、ニコマスは大きく3つの方向性に分かれています。元々アイドルマスターが持っていた要素を切り分けてステージシーン中心のPV系、物語中心のノベマスやストーリー系PV、そしてキャラクター性の架空戦記の3つの分野を形作っています。
一部のPVでは曲とキャラの組み合わせに特別な意味が無い作品が有ります。これが物語要素を重視した作品になると「失恋の歌だから春香にやらせよう」とか「気弱な恋の歌だから雪歩に歌わせてコミュの台詞を入れよう」とかなってくるわけです。架空戦記では「このキャラならこう言われればこう答えるだろう」というキャラクター性は再現されていますが歌やダンス、コミュであった物語は扱われない。こうして、3つの方向性はそれぞれ他の方向性を削り取ってその特性を特化させてきたのですが悪く言えば他の要素を軽視しているとも言えます。

最近、覚醒美希に対して「この子誰?」みたいなコメが有って軽くめまいを覚えてしまうのですが恐らくコメ主はPV系作品は見ても美希のコミュ動画を見ていない人なんでしょうね。自分も全キャラのコミュを見たわけでは無いのですがこういうコメにはちょっと切なくなります。
自分は歌もダンスも好きだし、美希や千早の切ないコミュにグッと来たりしますし、ドラマCDなんかの物語と呼ぶほどでもないキャラ同士の掛け合いだって楽しめます。というか切り離したくないです。アイドルは歌うための、踊る為のお人形さんではないのでどういう性格でどういう背景が有るのかを知ってからPVや架空戦記を楽しんで欲しいんですけどニコニコ中心でアイマスに繋がっている人で最近入ってきた人にはPVがどうしても中心になってしまうと思うんですよね。どれだけニコニコの人口が増えても昔からアップされているコミュ動画は再生数あんまり変わってないんですよ。新規の人で箱を持っていない人は下手するとこの先もずっとアイマスの物語性に触れずにPVだけ見ていくのかなって思うとかなり残念です。

で、PSP版を機にちょっとやってみようかなという人が増えればちゃんと全ての要素を含んだ元のままのアイドルマスターに触れるという事になります。切り捨てられていた要素に光が当たるだけでPSP版の価値は十分に有ると思います。ニコニコでアイマスの一部分しか見ていない人はPSP版でいいから買って、原点回帰というか温故知新して下さい。きっともっと世界が広がるはずですよ。

続きを読む "PSP版アイマスと原点回帰"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

動画紹介を誰に向けてするのか

ニコニコ動画ニュースサイトの話の続き。

うちは一応ニュースサイトではないんですが時々動画紹介をしてます。この時、どういう心理で誰に向けて書いてるかと言えば動画製作者に向けて書いてます。このブログの訪問者に向けて書いている訳ではないのです。
訪問者が楽しめる動画を紹介しているのではありません。また、自分自身が「こんな動画見つけてきた俺スゲー」気分になるために書いてるのでも有りません。基本的に言えば需要などお構いなしで個人的に応援したい動画を紹介します。「もっと評価されるべき」と僕が思った作品を後押しする為に書いています。
だから、うpしてから半日で再生数1万越え、マイリスランキング100位以内のようなスマッシュヒット確定の動画は何か理由が無い限りは紹介しません。「このブログの紹介する動画は面白い」と思ってもらうよりも「この職人の作る動画は面白い」と思ってもらいたいのですよ。動画紹介だけに限れば自分のブログなんぞ道具でしかない。初見の印象を操作しないように細かい感想なども極力控えて書くようにしています。「このシーンが好きだ」とか「ここの技術が凄い」とか細かく書くときは紹介というよりも自己満足で語りたかった時です。

なんでこういう書き方をするかといえば自分がニコマスでPをやってるからでしょうね。ニコマス紹介ブログは大抵の場合、後押しをしたいと考えている人がやっていると思いますが普通のニュースサイトの管理人はそこまで考えている人は少ないんではないかと思います。もちろん僕も普通のニュースサイトは巡回してるので自己満足でやってもらって全く構いません。ただ自分が動画紹介サイトを妄想するなら視聴者を誘導できなきゃやる意味は半分ぐらい無くなっちゃいます。僕は良くも悪くも8割方客は見ないで自分自身と他の製作者ばかり見てるタイプなもんで。

続きを読む "動画紹介を誰に向けてするのか"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコニコ動画ニュースサイトのハードルは高い

ニコニコ動画Newsサイトについて、想像してみた。

ニコニコ動画を専門に扱うニュースサイトが有ったらいいなと言うお話ですがハードルは高いよなぁ。
そのニュースサイトが出来たとして何をもって成功か失敗かを判断するならば訪問者の数ではなく紹介した動画にどれだけの人が流れたかで判断する事になると思います。で、何人ぐらい誘導できたら成功だと思います?個人的には一つの動画に対して日常的に3~5千、時々万単位で誘導できたら凄いと妄想するんですがこれはかなり厳しい。

このブログはカトゆー家断絶さんからちょくちょく紹介してもらってるんですがカトゆーさんから来る人は最少で200人ぐらいから最大で5000人、平均だと1500人ぐらい。おそらくカトゆーさん所に来た人の1~2割が見に来る感じでしょう。かーずSPさんからリンクされた時も1000人ぐらいなんで大体元サイトの訪問者の1割ぐらい。

大手ニュースサイトから1割~2割の人が来て僕の書いた動画紹介記事を読む。では実際にその動画を見にいった人の数はどれぐらいかと言うと紹介記事を読んだ人の1~2割なんですね。1万人(大手ニュースサイト)→千人(動画紹介記事)→100人(動画)と凄く目減りするんですよね。

扱うネタや紹介記事の書き方にもよりますが1000人誘導するには10万PVのサイトから(複数の合計でもいい)リンクされないと厳しいので大手ニュースサイトが結託して誘導しない限り目標数値達成は殆ど不可能でしょう。そんな事をすればアンチが湧きそうで面倒ですが。

続きを読む "ニコニコ動画ニュースサイトのハードルは高い"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

初音ミクから生まれたラノベ

初音ミクオリジナル曲「ブラックロック★シューター」を元にラノベにしてニコニコに公開している人が居るそうです。情報元:<Shamrock’s Cafe
何と文章も絵も一人で描いてるらしい。ニコニコの新たな可能性かも。

さらに上の動画を元にPVを作った人も

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイマスMAD界に追い風が

「Live For You!」において背景無しのブルーバックでアイドルが踊ってくれる裏技、通称765comm@ndが発覚して切抜きを使用した合成MAD制作に掛かる時間が大幅に短縮できるようになりました。アニメMADが消されるようになるかもしれないという逆風の中、バンダイナムコが公式でこういう機能を搭載してくれたのは暗にMADを作れといっているような物ですね、分かります。

と言いつつも、実はVS9だとこの恩恵受けられないですね・・・。VS9のクロマキー機能が貧弱すぎてブルーが消えるまで消す色の近似値を上げていくとキャラの方も透けてしまうので通常のMADでは今まで通り手で抜いていくしかないです。VS10だと使えるらしいんですが誰かVS9でも綺麗にクロマキー可能な方法知ってたら教えて欲しいです。
VS9使いでもフォトショなどの自動選択ツールで背景の部分を選択していくと手で抜くよりは大まかになりますが若干速く切り抜き出来ます。この後手で修正を掛ければ少しは楽に出来るはず。
ちなみに普通に切抜きすると1キャラ1フレームで5~10分掛かります。1秒分の切抜きを用意しようとすると30fpsでソロで2.5時間、トリオなら7.5時間掛かる計算です。これをアニメのOPMADでやると1分30秒×30fps×トリオで675時間必要です。これからもVS9使いは手で抜いていく事になる可能性が高いのでその時は生暖かい目で見守ってくださいな。

でもこの機会にプレミアエレメンツに乗り換えるかなぁ。このハンデは大きすぎるからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金を払ってでもMADを

ニコニコ動画、映画やアニメの二次創作作品を削除へ--日本映像ソフト協会らの要請でニュース - CNET Japan

時間を捻出する為に3週間ぐらいギアスとマクロス以外のアニメを断ってMAD作ってたらえらい事になってますね。まさに寝耳に水と言うべきか。つい最近アニメの本編を基本的に削除する方針にしたのにその結果が見えるかどうか分からないうちにアニメMADまで削除する方針になったのは残念です。もう少し速いうちに本編うpを禁止しておくべきだったかなぁ。

アイマスMADしか作っていない自分とて素材としては一部アニメからのものを使っているので無関係ではないです。削除ポイント累計により垢バンされたどうしよ・・・。一視聴者としてはハルヒの「こんなに近くで・・・」シリーズとかマイリストに入ってます。

自分は有料会員なのでMADを見るために金を払っていると言っても過言ではない。この上、MADをうpしている人は会員費を2倍払ってくださいと言われても僕は払います。僕は金を払ってでもMADを作りたい。下手なアニメ見るよりもMAD作ってる方が楽しいかもしれん。もちろんその金額が2千円、3千円と上がっていくとなると限界は来ますが。

個人的にはニコニコは完全有料化でもいいかもなぁとか思ってます。削除プログラムに参加している個人や団体の著作物を使用して作ったMADをうpしている人は会員費2倍でその分権利者に補償金として還元でもいいや。多分人が集まらなくてつまらない閑散とした場になって終了でしょうけどね・・・。

続きを読む "金を払ってでもMADを"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »