« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

コードギアスR2の視聴率1.4%をどう見るか

4話の視聴率が1.4%だったらしいがこれは確か前期の平均より下だったと思う。深夜で放送されていた時よりも日曜夕方に放送した時の方が低い。しかも作品はあのコードギアスである。今期最も注目されている作品の一つである事は間違いない。

制作側としては青天の霹靂だろう。あれほどセールスの良かった作品の続編がこれほど不調になるとは誰も想像しまい。ファンとしては残念な状態だ。しかし一つ期待していることがある。もしこれでDVDのセールスが良かったらどうだろうか?恐らく前期よりは売上は減ると思うが1.4%という視聴率に見合わない売上を叩き出してくれたらアニメ業界における視聴率の見方が変わるのではないかと期待している。視聴率主義に引導を渡せたら面白いなぁ。

感想ですが書こうかと思ったことが大体3話で解決しちゃったり作品内で疑問として提示されちゃったので書きかけのままお蔵入りに。もう少し視聴者に気を持たせてというか気を揉ませろYO!ヾ(`Д´)ノ
想像するのが楽しいのになぁ・・・。とりあえずヴィレッタ先生×扇を早く!そういえば扇って教師になるのが夢とか言ってなかったっけ?そこら辺も伏線だったりするのかな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ラノベ欲とアニメ化のへの期待

ここ半年ぐらいラノベの新刊を積んでます。ニコニコに時間を割かれたのでそうなったのですがもうひとつ理由として何となく自分の中のラノベ欲が減ってきた事が挙げられるのですがその原因はラノベのアニメ化が関係します。(あと、ここにはfateやひぐらし等の読み物系ゲームも含めていいかもしれません)

ここ数年のラノベはいつかアニメ化されるかもしれないという期待を含んでいました。その期待は妄想の場を広げてくれました。ツンデレキャラが出てきたら「このキャラなら釘宮か千和だな」とか「制作は○○で作画監督は××で・・・」とか理想のスタッフを編成してアニメ化を妄想するのです。しかし実際にはラノベのアニメ化で原作通りにアニメ化されて満足した作品って少ないんじゃないでしょうか。
個人的にゼロの使い魔のアニメがかなりダメだったのでアニメ化に期待が持てなくなっちゃいました。そうするとラノベに含まれていた「アニメ化を妄想するワクワク感」みたいなのがそぎ落とされちゃうんですよね。その分ラノベに対する熱量が下がる。祭って準備期間が一番楽しい、みたいな話です。「この技がアニメ化されたらどんな感じになるのかな?」という期待が永遠に実現しない方が美しく保たれるご時世のなんとつまらない事か。

そして、自分は同人化への期待なんかも有ったりします。主人公×ヒロインのカプ以外にも「サブヒロインとのカプを誰か描いてくれないかなー」といった期待とか、「もうこれはエロ同人で剥くしかないだろ常考」みたいなのとか色々。アニメが盛り上がらないと同人化の期待も一緒に消えてしまいます。

個人的に、ラノベ原作で文句無く面白かったアニメといえばフルメタ1期(原作未読)、ハルヒ(原作1巻だけ読んだ)、狼と香辛料ぐらいかな?もう一個ぐらい有ったような気がするけど思い出せない・・・。マリみてとかシャナはそこそこ面白いんだけど削って欲しくない台詞が結構削られたのが不満。こういう場合は原作未読の方が楽しめる。ラノベ原作でアニメ化するなら2クールぐらいは欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真美×P

bolzeの真美本読んだらなんだか自分の中で真美×Pが流行りそうな気配が!あとエロゲーっぽいアイマスの真美もいいね!亜美じゃなくて真美ってとこがミソ。
急に恋愛に目覚めた真美とか想像すると年の差カプ好きにはたまらないものが有ります。
関係ないけど亜美真美って中の人の関係でカピバラで描かれる時あるじゃないですか。あの2匹のカピバラが積み重なった絵ってなんか交尾してるみたいに見えてしまうんだけど誰か賛同者いないかな。亜美と真美の百合近親に見えるんだよw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同人誌を見られたくない権利

comic1の見本誌寄贈が嫌だなぁと。<@++ - あっとまーく・いんくりめんと ->

例えるなら、「こいつは転売しないだろと思って同人誌あげたらヤフオクに売られたみたいな、あ、そういう使い方もするつもりだったんだー、みたいな、そっかごめん俺勘違いしてたよ、え、でもなんかそういう雰囲気なかったよね?」という感じかなぁ。
うまく説明できないんですが、そんな感じ。

個人的にはうっかり同人とかエロとか嫌いな人に見られる危険性の有る場所に置いておく事の落ち着かなさの方が強いなー。分かってくれる可能性の有る人にだけ見てもらいたい。可能性がゼロなのか少しは有るのかすら見極めていない人には自分の書いたものは見せたくない。鼻で笑われたりキモがられたりするのを想像すると落ち着かない。同人誌なんて本来、好きで好きでしょうがない人だけが読む物だからそれ以外の人が読む事を前提に作ってなかったりするから一般向けじゃないし。

自分なんか同人系の知り合いに本あげるのも恥かしかったしね。下手だからというのもあるけど知り合いだからといって必ずしもそのジャンルが好きな訳でもないし自分の好みでない絵とか漫画を貰っても困るじゃん?上手ければ好みじゃなくても参考にはなるけど下手だとねー。赤の他人が気に入って買ってくれる分にはいいんだけど。

児童ポ問題とかでもゾーニングしたい人の話は良く出るけどこっちだってちゃんとした方法ならゾーニングされたいよ。一般人に見られるのなんてまっぴらごめんだよ。
ゾーニングされるから代わりに儀礼的無関心を下さい、みたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

赤の他人を思って泣いてもいいじゃないの

ニコマスファンならご存知の方も多いと思いますが、ニコマスのプロデューサーの一人である桃邪気Pが亡くなったようです。ニコマスという物が始まってからまだ1年しか経っていないのにこのような形で引退するPが出てしまうとは残念です。

昨日の深夜に知って代表作である

を見てきたんですが夜になってもう一度行ったらかなり荒らされていたそうですね。コメ流しをしてくれた人達ありがとう。最初のバージョンからコメでアドバイスとかしながら追っかけてたのはいい思い出ですがまさか歌の通りになってしまうとは。

会った事も言葉を交わした事も無いけど同じものを好きな人間としてやっぱ泣けるわ。人の死をおもちゃにする連中はキモイよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめての権利者削除

削除されますた。・゚・(ノД`)・゚・。
本当に権利者が嫌がってるなら文句言う筋合いも無いんですが、同じしょこたんの曲でフルVerでも生き残ってるMADが有る中でショートVerで曲の作者クレジットも入れたMADが消されるとどうしても「それ本当に権利者?」と尋ねたくなるなぁ・・・。音質をもっと下げればセフセフなのかとか基準は知りたいな。新しいアルバムでいい感じの曲が有ったのでまたしょこたんの曲でMAD作りたいなぁとか思ってたんだけどこれじゃ怖くて使えないや。2ヶ月近くかかったうちの美希は寿命2ヶ月でした。

続きを読む "はじめての権利者削除"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

0.5次創作から3.0次創作

ai sp@ceがらみで1次創作と2次創作について考えていたんだけどよくよく考えればもうこの分け方自体古いのかもしれないと思った。そこで創作の「○○次」について考えてみた。

■0.5次創作
ビスケたんという擬人化キャラクターを知っているだろうか?ケンタッキーフライドチキンで販売されていたビスケットが擬人化されたもので数年前に一部で流行し擬人化キャラクターのはしりともされているキャラである。彼女のデザインは基本的に匿名の誰かが勝手にデザインした物であり(一部デザインはカーネル・サンダースにヒントを得ているらしい)KFCが関わった物ではない。ビスケたんは同人誌になったりもしたがその場合同人誌を(あるいは最初の擬人化自体を)2次創作、KFCのビスケットを1次創作とすべきだろうか?
通常「創作」というのは著作権の発生するような物に対して使われる言葉でありKFCのビスケットはその要件を満たしていない。という事はビスケットは1次創作としては足りないので0.5次創作としてはどうだろうか?1次創作ほどの権利は主張できないが全く恩恵を受ける権利が無いわけでもない立場として0.5次創作。

■1.5次創作
0.5次創作を元に作られた、従来で言う所の2次創作を指す造語。個人的にボーカロイドに関する創作も1.5次創作だと思っています。公式が示したのはあくまでもデザインとボーカロイドという存在だけ。デザイン面を除けば1次創作としての機能は殆ど無いと思う。従来の2次創作という立場よりもより1次創作に近い権利やリスペクトを得られる次元。

■2.0次創作
2次創作ではなくて2.0次創作。前から思ってたんだけど原作付きアニメって2次創作じゃね?ということで原作からメディアミックスされたもの(公式)を2.0次創作って事にしてみるのはどう?「原作者に許可とって作ってるなら2次ではないんじゃないの?」と言われると同人から公式に昇格したゲームソフトとかあるし(ひぐらしデイブレイクとか)作者から否定された公式アニメ(ヘルシングとかゲドry)とかを分けるのが難しくなるからとりあえず一律で2.0次創作。

■2.5次創作あるいは3.0次創作
2.0次創作を元に作られた物。アニメ版○○の同人誌とか。原作から直接同人化したら2.0で2.0から同人化したら3.0が適当かな?難を言えば従来の2次創作よりも1次創作から遠ざかった次元になっちゃうこと。

続きを読む "0.5次創作から3.0次創作"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「みくよん」単行本出てました

なぎみそ。SYSによる初音ミクのサイレント風4コマ漫画「みくよん」がまとめられて単行本化してました。現在店頭に少数あるのみで通販は受付停止していますが増刷するそうです。

みくよん1話~100話まで(一部書き足し・書き直し有り)と書き下ろしイラストやニコニコのボーカーロイド曲を作者のイメージで描いてみたイラストコラム、みくよん各話解説などが収録。2次創作の範疇に収まらない存在感と完成度ですのでボカロ好きの方はぜひ読んで頂きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ai sp@ceに必要なのはプレイヤーのバックグラウンド

渚のフェイクとすら呼べん代物だ。<Something Orange>

海燕さんの
「そうじゃないと思う。いくら、ほらかわいいでしょ? 萌えるでしょ? こういうの好きでしょ? といわれても、バックグラウンドのないキャラクターには感情移入できない。」

という話に敷居さん
「これを読んで、あれれ? と思いました。いや、だって背景の物語は既に提供されてるじゃないですか、CLANNADやSHUFFLEのキャラなんでしょ?」

と答えてるんですが僕的には両者の中間的な発想で、プレイヤーには古河渚に愛されるだけのバックグラウンドが無いのが難点だと思います。プレイヤーは岡崎朋也ではないし朋也になる事も出来ないただのオタクです。そんなオタクに、例え朋也と出会っていないifの渚だとしても惚れる理由が無い。その違和感にプレイヤー自身が耐えられないとai sp@ceはプレイできないんじゃないでしょうか。あるいは朋也以外の男に対して渚がどんな振る舞いをするのか想像できない人もプレイできないかもしれません。

この部分がクリアできる人は余裕でai sp@ceをプレイできると思います。しかしこれがクリアできないタイプの人間こそ2次創作をやってる人に多い気がします。例えば「マリア様がみてる」が同人で流行った時もエロ同人は凄く少なかったんですよ。有っても半数以上が百合物で、見知らぬ男にレイプされるとか、作中にわずかに出てくる男性キャラと絡ませるような同人誌も殆ど無かった。ファンがマリみての世界に入り込む時、自分は女性キャラになっているか神の視点どちらかに限定していたんだと思いますね。そうしないと作品の空気が壊れるから。

アイマスの世界で言えばプロデューサー以外の人を好きになる天海春香なんてそう簡単に許容できるはずも無い。十年後の26歳の春香ならいざしらず現在の16歳の春香がP以外の人を好きになる事なんて無い。だから「ファン代表P」なんてのはプレイヤーが自己を投影する対象としては全くもって役不足(誤用)なんですよ。僕らの愛する春香は僕らに愛の言葉を投げ掛けたりしない。そんなものはサラマンダーが取り付いた偽者ですYO!千早とか律子とかあずささんなら僕も全力でお付き合いする覚悟完了ですが春香だけはPじゃなきゃだめなんですよ。好きな人が自分と結ばれる事以上の幸せが有るんですよ。
なんつって痛い事が書ける人が二次創作の出来る人だと思うので。いやもちろん、もっとライトに二次創作出来る人もそれなりに居るでしょうが。

ゲームではないって事らしいんですが自分のキャラドルと仲良くなっていくようなイベントというかストーリーモード?みたいなのは欲しいかなぁ。朋也じゃ無いけど渚に愛される資格を得た男にさえなれればおkだと思うので。個人的にはいっその事SSを募集してそれを元にイベントを作っていけばマンネリ回避になるし二次創作活発になるとか考えたんだけど無理かなぁ。あとはエロゲ・ギャルゲキャラに限定せずに最初からアニメのキャラとか欲しいね。ハルヒ入れればそれだけで一気に売上UPするっしょ。アニメ化する予定のラノベキャラを先行で追加して宣伝に使うとかしたら面白いかもなー。着せ替え出来るとはいえ同じキャラばかり歩いてるのはつまらないからそれなりのキャラバリエーションは欲しい。あとはそのキャラを連れている事がプレイヤーのステータスにどう関わってくるかが問題か。ラグナロクならレア装備付けてると羨望の眼差しみたいなのがあったけど他のプレイヤーと交流する上でキャラドルがどう意味を成すのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドットアニメで見る年金問題

合成音声が何か笑える。あと、おまけ上手ぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ココログにはてブが

ココログの記事に付けられたはてなブックマークが表示されるようになったみたいだね。便利な気もするけどネガティブなブクマに気付きやすくなるので精神衛生上良くないかも。しかしniftyの仕事としては(珍しく)評価できる事ではあると思う。でもココログのユーザーとはてなの住人は食い合わせというか組み合わせあんま良くない気もするなぁ・・・。あふぅriceball

と思ったら速攻で消えてるんだがwwあれっ夢でも見てた?それともエイプリルフールネタだったのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニコマスと切り抜き

わかむらPの新作

を見てさすがに安心と信頼のブランドだなぁと感心。ニコマスの技術の一つに「切り抜き」がありますがあれの意味を一番分かっているのがわかむらPなんじゃないかな。

抜く事にどんな意味が有るのかと聞かれれば「寝・逃・げでリセット!」を見た後の自分は「キャラの存在感を高められる」と答える。アイマスのキャラにとってステージは活躍の場であると同時に檻でもある。映像的にはコミュシーンよりもカメラがぐりぐり動いて踊るPVパートの方がヴァーチャルなはずのアイドル達を生っぽく感じる事が出来る。反面、カメラの角度が変わるので背景を合成しにくい。公式背景以外の場所で生きている彼女達を映した方が存在感は高まるがMADの制作難易度は上昇する。

続きを読む "ニコマスと切り抜き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »