« 新春アニメ消される/消されない | トップページ | アニメ化されるべき漫画家 »

MAD講座5 音声の加工

MAD講座4

今回は音声について少し触れますがぶっちゃけ僕は殆ど音声ノータッチで作るので本当に初心者向けの話だけです。

■前にも書きましたがムービーメーカーでの音声編集はかなり大変です。音声編集トラックが1本しかないからです。ただしムービーに付属している音声は音声トラックを使わないので場合によっては擬似的に2本使える事になります。実はVS9も音声編集には激しく向いておりません。VS9ではプレビューする時に「Project」と「Clip」2種類のプレビューが有ります。
Photo
前者はプロジェクト全体を再生します。メインレイヤー・オーバーレイ・音声・字幕・エフェクトすべて再現します。それに対し後者は選択したパーツのみを再生します。音声パーツを選択している時は音声しか流れません。赤い横線はプレビュー範囲を指定したものです。短いパートを確認したい時や繰り返し見たい時に使います。この範囲指定は実は「Clip」プレビューには対応してないのです。さらにクリップを選択している時に範囲指定しようとすると勝手にクリップを切ってしまう(そして不要部分を勝手に消去)というわけ分からん仕様になっているので注意が必要です。慣れないと気が付いた時には音声ファイルがやたら短くカットされているという事故が。なので、作業量が多いなら適当に無料ソフトを探した方が無難です。「音声 編集 無料」とかでググって探してください。

次にそもそもの音声ファイルの作り方について少し。FLV形式のムービーから音声を抜くにはhugflashを使います。設定で「Sound」にチェックが入っていればMP3で出力されます。ではAVIから抜くにはどうするのか?特別なソフトはいりません。MMかVS9にAVIを読み込ませて音声ファイルとしてレンダリングするだけです。MMの場合AVIファイルを動画編集トラックではなく音声トラックに置きます。こうするとWMA形式の音声ファイルとして保存できるようになります。VS9では「完成」→「サウンドファイルを作成」→WAV形式選択でOK。あと、VS9でMP3が読み込めないのでMP3→MMでWMAに変換→VS9で読み込みという手順も有効になりますので覚えてください。

不要な音を取り除きたい時。アイマスMADで言うとコミュシーンのBGMを消して台詞だけを抜き出したい場合はよく有ると思います。歌の場合でもアカペラバージョンが作りたい時も同じ事。特定の音を除くには、除きたい音をノイズとして登録して全体の音からノイズを消去するという考えで行います。コミュシーンで具体的に書くとコミュの音は
A:BGM
B:アイドルの台詞
C:Pの台詞が出る時の「ぽぽぽっ」という効果音
この3つで構成されています。あとコミュによっては波の音や車の音とかも入りますがここでは割愛。欲しいのはBだけですからAとCを個別にノイズとして登録しなければいけません。BGMに関してはTHE IDOLM@STER MASTERPIECE 05に収録されていますのでそちらを買って読み込ませてノイズ指定にするしかないでしょう。CはBGMが鳴っていないシーンでこの音が使われているコミュから抜くのが良いでしょう。具体的には美希のDランクにアップした時のコミュとかですね。個別で上手くいかない時はA+Cの音声ファイルを作ってトライする必要が有るかも。ちなみこの方法は理論は知ってるだけで僕はやった事ないのでどれぐらいの精度でできるのかとか分かりません。あと、自分でキャプチャ出来る環境の人は箱○のBGM変更が可能なのでBGM無しの状態でプレイすればすごく楽になります。アカペラバージョン作成の時は実際の曲とカラオケバージョンの二つを用意すれば出来ます。要するに曲-カラオケ=声になるわけです。

音ズレ修正や音量修正。自分はPCの音はイヤホンで聞いているのでスピーカーの人より小さい音量でMADを作ってしまう事が多いです。そこでVS9で音声パーツの設定で音を100→200にしてみたのですが正直2倍の音量には聞こえない。あとflvにエンコした時に少し小さくなるような気がします。確実に音量を上げる為には編集ソフトに頼らず音声ファイルそのものの音量を大きくした方が良いようです。自分の場合「Audacity」というソフトを使いました。前述のノイズ除去もこのソフトで出来ます。他にも音を左側だけから出すようにするとかも出来ます。これは添い寝シリーズの時に使いました。
音量調整が終わったら動画と結合させます。動画から抜き出した音声は音ズレしている時があるので実際に合わせて見ないと失敗します。具体例を書くと、双海悠Pの「iM@story」シリーズがADVゲームを作るツールで作成した後に実際にプレイしてそれを録画してるそうなのですがPCの最大音量が低いために音が小さくなってます。これの対策としてニコニコから保存したflvファイルをaviにしてVS9に入れて、flvから抜いた音声をWAVにして合わせようとたら何故か無音から音が出るタイミングが違うんですよ。同じ動画ファイルから音声を作成してるので本来ならぴったり合うはずなんですが。無音部分が最初にあるのがひょっとしたら原因かもしれません。WAVの無音部分をぶった切って適当に動画に合わせて置いてプレビューで聞いて少しずつWAVの場所をずらして調整しました。このような例はあまり無いと思いますが(普通のMADはプロジェクト上動画と音声は分かれているので音ズレはすぐ直せる)ADVゲーム風のMADをツール上で動かしてから録画して作る場合HDDの書き込み速度等によっては音ズレが出るかもしれませんので一応記憶しておいた方が良いでしょう。

追記:どうやらmencoderでflv化した時に若干音が小さくなるようです。これに対してVS9上で音量を上げても意味が無い事が多いので使用する音素材そのものを事前に音量upしておいた方がいいでしょう。自分は音環境がイヤホンオンリーでスピーカーを使っていないため割と小さな音でも大丈夫なんですがうpした後で音が小さいと言われる事が多いです。

|

« 新春アニメ消される/消されない | トップページ | アニメ化されるべき漫画家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/17675457

この記事へのトラックバック一覧です: MAD講座5 音声の加工:

« 新春アニメ消される/消されない | トップページ | アニメ化されるべき漫画家 »