« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

ニコニコ市場 2007年総売上高ランキング

今年のニコニコ市場の売上ランキングを作ってくれた人が。順位は30位からで単価×売上個数で金額の高い順です。アニメDVDやゲーム、CDを中心に特定の動画の影響で売れたものからとりあえずニコ市場で買っとくか的な物まで色々。一番高価な物が24万っても驚きですが3位以降が1000万オーバーなのも驚き。30位でも300万越えてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おすすめアイマス動画2007

敷居さんありがとうございます(挨拶)今年見たアイドルマスターのMADで好きな物をキャラ別に3本まで紹介。2007年はアイマスの年でした。数が多いので重いです。最近の作品は多少外しました。

■春香

一番スタンダードな恋する女の子としての春香が良く表現された演出系PV。作者はこんにゃくP。もう1本こんにゃくPで

もおすすめ。こちらは普通のPV系だけど歌唱力に定評のある(マイナス的に)春香の意外な一面?が見れる・聞ける貴重な動画。


「春香さんが衣装で~」と同系統の演出系PV。作者はわかむらP。青空をバックに踊る春香はすがすがしい。

続きを読む "おすすめアイマス動画2007"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

箱○を買って小鳥さんをプロデュースしよう


突貫で作ったよ~。なんかキーワードの反映が時間掛かりすぎなんだが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイドルマスター 「ドラマチック」雪歩&オールスター


「おおきく振りかぶって」前期OP「ドラマチック」でアイマス。当初の予定を大幅にオーバーしてようやく出来ました。あまりにも時間が掛かりすぎたのでせめて話のネタに今回は色々書きます。

続きを読む "アイドルマスター 「ドラマチック」雪歩&オールスター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイマス新譜がAmazonで即日完売

12/19日発売の初回限定生産CD「THE IDOLM@STER Christmas for you!」が発売当日の午前からもう完売品切れ。C4u_2

中古で4280円出品が1点のみ。ちなみに定価は2300円。この売れ行きはファンとしては嬉しい限りですが地方でオタショップの無い土地なんかは大変ではないでしょうか。ニコニコ市場からは1589枚売れていますがこちらもほぼこの数字で打ち止めでしょう。あとは代金払っていて発送待ちの人の分だけ。自分は前日購入の勝ち組なので問題無いですが。

今回のお奨めは個人的には全員で歌う「メリー」と春香が槇原敬之のカバーをした「雪に願いを」がいいですね。千早・真・美希もいつも通り安定はしていますが選曲としてはまぁそこそこ。真が失恋の曲なのは珍しい。春香は上手くないけど曲がマッチすると素朴な感じが好きだ。やよいは・・・子供っぽい曲なんで個人的にはおまけ程度に。ここで洋楽のクリスマス曲とか歌えば意外性あって良かったかもなぁ。しかし、誕生日なのに出演無しの雪歩は不遇。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未来日記アニメ化?


ちょっと短いのが惜しいけどクオリティは高い「未来日記」の動画。本屋で流したら宣伝に良いかも。何となく来年あたりに実際にアニメ化しそうな気がする。そういえば角川って意外とアニメ化は少ない印象有るな。系列の電撃はアニメ化多いのに角川本体からアニメ化するのはそれほど多くない気がする。そこそこヒットする奴だけに絞ってるのかもしれないな。未来日記の原作漫画はいまさら説明するまでも無いと思うけどヤンデレ好きにお奨めのドロドロとした漫画です。

未来日記 (1)未来日記 (2)未来日記 3 (3) (角川コミックス・エース 129-7)未来日記 4 (4) (角川コミックス・エース 129-8)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日陰者の憂鬱?

ミクに思う<はじめてのC お試し版>

個人的には日陰でもいいとは思うけど日向に行った人がどんな事が出来るか興味がある。今は職人の情熱だけが頼りだが情熱+資金力になったらどんな物が出来るのか。あとはこのまま情熱だけに頼り切っていてアイマスMADが続くのか多少不安もある。MADの世界では技術の継承も行われていないからなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAD講座4 切り抜き

MAD講座3

高度なMADを作る時に欠かせない切抜き。切抜きにはVirtualDubを使っています。あらかじめ日本語化しておいてください。まずソフトを立ち上げ切抜きをする素材動画を読み込みます。VirtualDubではflv形式は読み込めないのでhugflashで設定を「AVIではなくBMPで出力」にチェックを入れたまま「VIDEO」にチェックして直接BMP変換するか、普通にAVIに変換してからVirtualDubに読み込ませるかして下さい。
Hf1Hf2
ちなみにflvからaviに変換すると画質が低下しますので画質が気になるならflvは直接hugflashでBMP画像にして下さい。
VirtualDubがhugflashのBMP変換より優れている点は好きなシーンを抽出変換できることです。秒間30フレームの動画2分なら30×120=3600枚のBMP画像が出来上がりますので容量はもちろんの事、どこらへんが自分の使いたいシーンの画像か探すのに一苦労します。VirtualDubで最小限の部分だけを抜き出してBMPにすれば後の作業が楽になると言うわけです。

続きを読む "MAD講座4 切り抜き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「みんなのうた」レベルのすごい初音ミク動画


NHKの「みんなのうた」に出しても恥かしくない高レベルの初音ミク動画。絵本チックなイラストを使った簡易アニメですがこのクオリティを絵師は数日で描き上げているらしい。ミクの調律は別の人担当だがこちらもシンプルながら美しい歌に仕上がっている。ぜひとも「みんなのうた」に採用してほしいものだ。同じ絵師の前作「子猫のパヤパヤ」もかなり良かったのだが全然伸びてないみたい・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鷲宮町商工会・・・恐ろしい子!

らき☆すたの公式イベントが鷲宮神社で行われたらしいがそれに際しての商工会の商品展開等がかなり的確で感服いたしました。企業もこれくらい見習って欲しいよ。どれくらい的確か<痛いニュース>から抜き出してみると
白石みのるのCOCO弐番カレー(普通のカレー)600円
つかさのバルサミコ酢てん 300円
なぜかブルーハワイ 300円
小神あきらの味噌路うどん(味噌けんちんうどん) 750円

などアニメの内容を知ってないと付けられない名前ばかり。

続きを読む "鷲宮町商工会・・・恐ろしい子!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今期のアニメは・・・

今期のアニメは不作だとか来期のアニメが不作だとか1クールごとにどこかで言われていると思うのですが個人的には今期は大物は無いけど粒はそろっている感じがする。でも何か物足りないなぁと思っていたら気に入ったOP・EDがない。CD買いたくなる曲や、このOP映像は曲とマッチしてイイ!という感じの作品が無いので少し寂しい。「こどものじかん」のED曲がMADで聞いてノリが良いので欲しいと思ったけどアニメ自体は見てないんだよね。

とりあえず今はカイジが一番面白い。立木文彦のナレーション一つであんなに緊迫感が出せるなんて福本作品以外では考えられないな。全然動かなくて会話してるだけなのにあんなに面白いと普通のアニメの立場が無いわ。あとはシャナⅡ、バンブーブレード、クラナドあたりが普通に面白い。ガンダム00もソレスタルビイーングのメンバーがみんなネジが一本ずれてるキャラばかりだと分かって面白くなってきた。あとスメラギさんのおっぱいはすばらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GUNSLINGER GIRL 9巻

GUNSLINGER GIRL 9 (9) (電撃コミックス)

今回の巻は一番最初の義体少女アンジェリカの死とその後までを描いたものですが単行本の帯と1本目の話である45話の扉には

「むかしむかし、パスタの好きな女の子がいました」
と書かれている。当然これはアンジェの事なので

「むかしむかし、パスタの好きな女の子がいました(でも、もういません)」
という意味になる。そしてこの言葉は二重の意味を持っている。義体化される前のアンジェはパスタが好きだったがその後パスタを好んでいる描写は特に無い。パスタ好きの少女は義体化された時に一度死んでいるのだ。そして義体化の過程で担当官であるマルコーやその仲間が創作して語った「パスタの国の王子様」というお話も今のアンジェは忘れている。つまり

「むかしむかし、パスタの(国の王子様というお話が)好きな女の子がいました(でも、もういません)」
という訳だ。アンジェはもう2回も死んでいるのだ。思えば2巻で初登場した時からすでにアンジェには死の影が見えている。7巻分の時間を経て描かれる緩慢な死。これほどゆっくりとした死をかかれたキャラも珍しいのではないか。個人的に、テロリストとの戦闘に人体実験というハードなテーマを扱いつつゆったりとした時の流れを見せる作者の手腕はなかなかの物だと思う。

続きを読む "GUNSLINGER GIRL 9巻"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »