« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

この際だから書いておくと

アイマス関係、特にMASTER ARTISTシリーズの曲をフルサイズでアップするのは基本的に自粛されているんだけど非アイマス系の曲だと時々フルサイズ使っているMADが有る。あれ、止めにしないかなぁ。仮にフルサイズでないとしても初めて聞く人にフルサイズと錯覚させる程度の長さ(4分とか)だとその人にとって「これがフルサイズ」になりかねないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アイマスP名での商業行為はNGですか?

釘宮理恵がオリジナルのカルタを読み上げてくれるCD付き「ツンデレカルタ」なる物が発売予定だそうだが、その企画にニコニコでアイマスMADを作っている有名なPが数人参加していると言う事でアンチがランキングに入ったアイマスMAD全てに複数のIDによるマルチポストコメント「Pたちが商業活動開始!→sm○○○○」というコメントを入れまくっている。誘導された先の動画はカルタを宣伝する形になっているがどうもアンチくさい。参加しているPの名前タグを本人でもないのにロックしたり投稿者のニックネームが「大友雄二」というのもかなりあやしい。
追記:今見たら宣伝動画は消えてるので本当に善意で宣伝のつもりだったのかな?

宣伝動画うp主の意図はどうあれこの問題は少なからず揉めそうだ。反対派はMADという著作権違反行為で有名になったP名を商業行為に使うべきでないと主張している。ちなみにカルタの内容とアイマス、特に伊織は今の所一切関係ない模様。

個人的には「別にいいんじゃない?」ぐらいの感覚。嫌な人は買わなければいいだけだし、ニコマスファン以外P名なんて知らないだろうからそれほどP名による宣伝効果は無いと思うし。そもそもなー、ニコニコに来てる時点で視聴者も犯罪予備軍としてはPと大して立ち位置変わらないと思うんだけどね。「オレは見ていただけだから悪くない!悪いのはうpした奴だ!」的な発想から来てるのかなコレ?最初から「ニコニコなんて違法な物オレは見ない!」っていう人ならこの行為を批判する道理は適っていると思うんだけど視聴者としての恩恵だけ受けといて動画の作者が商業行為した途端批判するようなのは納得しがたいなぁ。コメント欄でも書かれていたけど同人で2次創作やっていた人が商業漫画描いたら犯罪者扱いするか?って言われたら普通しないよねぇ。
感情論として「P名出して欲しくないなぁ」程度なら分かるんだけど嫌儲的な猛反発はちゃんと自分の立ち位置把握して発言してるんだろうか?これが批判されるんだったら、P名出したブログでアフィリエイトしてる自分も責められるべきだし、著作権違反の品を売っている「とらのあな」も責められべきだし、今回参加していないP達も動画を投稿する事によってニワンゴや広告を出している企業の商業行為に加担しているのだから責められるべきだし、ニコニコを褒めるIT関連のコラムニストも責められるべきだし、なんかもう「八方三両損」って感じになるんですけど。
あと、P名隠して後でばれたらそれはそれで批判逃れの為に隠していたって取られそうな気もするんだよねー。純粋なアイマスアンチにとっては叩ければ材料何でもいいだろうし。波風立てることを警戒するならP名は伏せた方が良かったと思うけど著作権意識の見直しの為にこれぐらいの波風は立った方が正解かもしれないな。いいかげん俺もお前も五十歩百歩の位置に居る事を自覚しろと。

関連記事
釘宮理恵のツンデレカルタ企画のスタッフにアイマスのPが大量参加 <敷居の先住民>
ツンデレカルタ騒動<はじめてのC お試し版>
トラブルは廻る<おっホイ。>
ツンデレカルタ騒動について<花見川の日記>
色々。<HARU☆閣下の政見放送>

| | コメント (4) | トラックバック (0)

美希お誕生日おめでとう

Photo
あのう~み、あ~の街角わぁ~
2日遅れです。表も裏も好きです。裏の清楚な感じもいいですが、表の金髪ギャルに見せかけて実は天然というのも良いのです。ラストコンサート前のrelations口ずさむ所と交通事故のシーンは今見ても涙出そうになります。
しかし、久しぶりに絵板で描くとすごいつらい・・・。時間掛かるし似ないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2年遅かった「アニメで町おこし」

かがみの家のモデルとなった神社の有る町が、らき☆すたで町おこしをする運びになりましたがいかんせん遅い。放送中に企画して放送終了と同時ぐらいにスタートできると良かったのだが。もっと言うと、鷲宮町云々はおいといて「アニメで町おこし」と言うのが2年遅かった。これは「かみちゅ!」でやって欲しかった。町おこしの為とはいえよく分からん萌えキャラグッズを売るのってやっぱ町の人としても引いてる部分は有ると思うのよ、実際。その点、かみちゅ!ならおとうふちゃんとかのもののけ(付喪神)をグッズにしておけばかなり自然だったはず。ゆりえ様も神の格好をした時の奴をディフォルメしておけばいかにも郷土的なお土産に見せられただろうし。町自体も元々観光地だから抵抗感少ないと思うんだよね。作品内部にも町おこし的なお話があったからそこらへん見せておけば商工会の人も納得、全て上手く収まる。かみちゅ!続編作らないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トムとジェリー的な面白さ「ウサビッチ」

昨日の時点で話題になるかなぁと思ったけどあんまり話題になってないので一応紹介しとく。11/16現在ニコニコマイリストランキングトップのCGアニメ、ウサビッチが面白い。

まず一見してCGに見えない質感がCGアニメ特有の嫌さを感じさせない。CGでショートアニメというとアート的な物が多い印象で綺麗だけどよく分からない感じの作品が多い。しかしこの作品は純粋にエンターテイメント作品。ロシアの刑務所で服役中の2匹のウサギの暮らしをコミカルに描いたテンポの良いコメディー作品です。リンチとか死刑とかのちょっとアレな要素もコメディーで上手く丸め込んで楽しませてくれます。個人的には古き良きドタバタコメディー「トムとジェリー」を彷彿させる出来でした。一部でランキング工作とか言われてるらしいけどこれは純粋に楽しめる。値段によってはDVD買ってもいいぐらい。コメディーのテンプレを上手く消化してる作品は最近少ないよなぁ。

ニコニコのアカウントを持ってない人は公式サイトから見れますのでそちらでどうぞ。
ウサビッチ公式 携帯からも見れます

| | コメント (1) | トラックバック (0)

MAD講座3 画質を上げるために

MAD講座2

エンコード以外の部分で画質を上げる方法はどんな物が有るのか?画質を上げると言っても通常は殆ど素材の時点で画質は決定されます。素材の画質以上に画質が良くなる事は物理的に無いからです。しかし場合によっては素材の画質よりも良い画質にする事が出来ます。今回は画質関係の小ワザを紹介します。

■今回のサンプルはイヤンP制作の

こちらの動画。イヤンPは静止画のカットインに定評のあるPですが一つだけ惜しいのが画質があまり高くない事です。そこでカットイン部分の静止画を塗り直します。

続きを読む "MAD講座3 画質を上げるために"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

週刊アイドルマスターランキング作業工程がすご過ぎて全ファンが泣いた

あなたが神か?

先日、週刊アイドルマスターランキング製作からの引退を表明した桃月Pですが引継ぎ人募集の為に週マスがどうやって作られているかの工程を動画で公開しています。しかしその内容が予想以上に濃い。数字の苦手な自分はもう完全にお手上げ。普通の職人とは全く違う方面での才能を見た気がする。もう普通に事務仕事のレベルです。コメントで皆書いてますが桃月Pになら金を払ってもいい。毎週一人100円払って、そういう人が2~300人居ればもう桃月Pは週マスだけで食べていけますよ。ニワンゴは早急に視聴者がウェブマネーで桃月Pに給料を払えるシステムを構築すべき。アイマスファン以外でも週刊ニコニコランキングやみくみくランキングファンの人もこれは見るべき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MIDIアニメ職人という新たな才能の無駄遣いが炸裂

MIDIの譜面を流しつつ音楽を聞かせる。MIDIのアレンジが上手いのもさることながらその譜面がFFのキャラクターや文字を構成してしまうというMIDI+譜面アニメという新しいジャンルが誕生してました。とりあえずこれは見とけ!他にも「おっくせんまん」「チーターマン」などもアップされてます。とにかくすごいのはアニメというか譜面が絵になる部分は本来必要の無い音の部分のはずなんですがそれが違和感が全くないことこの上ないのに驚いた。完全にアレンジの音として絵を組み込めているセンスが上手い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAD講座2 基礎的な手順

MAD講座1
基本的にアイマスMAD前提で話を進めますので、そうでない人は各自部分的に判断してください。ソフトに関しては自分でググって下さい。ある程度自分で調べる根性のない人にはMADは作れません。

■まず使用する音楽を決めます。どんなMADにも基本的に音楽は必要です。特にアイマスMADは音楽有りきのタイプも多いので作りたいMADに合った音楽を選ぶ必要が有ります。ネタ系、コミュ系の場合は雰囲気さえ合っていれば適当でもOKです。PV系は歌の場合歌詞がキャラクターの性格や設定に反していないか、声質が似ているかどうかなどを判断材料にします。逆に曲が先に決まっていればそれに合わせたキャラ選択をします。
CDを持っている人はメディアプレーヤーの機能でWMA形式の音声ファイルに出来るのでそれを使って音素材とします。ニコニコの動画から使いたい時はhugflashです。それ以外の時は頭をひねって考えてください。今までの講座内容ではたぶん無理だと思いますがいずれフォローになるような事も書くのでお待ちください。自分で調べる人はここか動画で教えてくれるこれを参考にして下さい。

二つの音源をミックスしたいならMMはきついのでVS9を使います。音素材はムービーとは別にWAV形式で保存しておくと良いでしょう。編集した時のプロジェクトファイルもムービーが完成するまでは取っておきましょう。後でムービーの内容に合わせて音声も編集し直さなければいけなくなった時にプロジェクトファイルが無いと一からやり直しになる場合が有ります。

続きを読む "MAD講座2 基礎的な手順"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

MAD講座1 ソフト解説編

製作中のMADが行き詰っているので気晴らしに初心者向けMAD講座的なものを書いてみたりしよう。基本的に静止画を利用した物や手書きアニメMAD向けです。

■必要な物
①編集ソフト
ムービーメーカー、VideoStudio 9
②キャプチャ抜き出しソフト
hugflash、VirtualDub
③お絵描きソフト
SAI、PhotoShop

もちろんこれ以外のソフトでもOKですがとりあえず無料でやりたい人はこのあたりで。以下ソフトに関する解説。

続きを読む "MAD講座1 ソフト解説編"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

職人は無償で動画を作ってるわけじゃないよ

こないだの記事の続きのような物。前の記事がポイントがフラフラしてよく分からない文になってしまったのでもう少し。

要するにまずニコニコの職人にとって当てにならないと言われても再生数って大事だよという話。あくまでも個人的意見だけどね。「才能の無駄遣い」タグに象徴されるように基本的にニコニコで何か作っても1銭も貰えない。だからコメントで「よく無償でこんな物作るよな」的なのが時々有るけど、完全に無償じゃなくて再生数・コメントによる賞賛が職人に対する給料です。
だから普段2~3万ぐらいが平均の給料が30万貰えたなら普通に「ありがとうございます」って言うよ。作者側からも見てる人に対して作品を通して以外でもコミュニケーション取りたいだろうし。P活動報告中心のブログ持ってる人も居るぐらいだしね。そのお礼の言葉を「いかがなものか」って捉えちゃうとPとしてはやり辛くなると思う。見てる人が「30万おめでとう!」って言ってるのに何にも返さないのも寂しいし、少し感じ悪く見られるかもしれない。だから、煽ったりずるいやり方で得た再生数じゃないなら作者がコメントしても過剰に反応せずスルーしといて。

逆に言うと職人を育てるにはちゃんと給料は必要だよ。最初は他人に触発されて自発的にMADを作り始めた人でも最終的に育てるのは視聴者のコメと再生数だと思うんだよ。全く評価されない職人が1週間も2週間も、1ヶ月もかけてすごい動画を作り続ける精神力が有るか?仙人じゃないんだからそんなのは無理だ。だから応援したい動画を日参するのもアリだと思うよ。工作じゃなくて30万まで伸びた動画が有るのは大いに結構なんじゃないのかな。

続きを読む "職人は無償で動画を作ってるわけじゃないよ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今、ACE COMBATのMADが熱い

ニコマスファンの中ではエースコンバットシリーズのOPやトレーラーがMAD素材として熱いのは常識なんですが珍しくアイマス関係以外でランキングに入ってました。


基本的に字幕を入れ替えただけなのに何にでも合う。

個人的には6のトレーラーが最高。どんなMADに使われても「○○の事はよく分かりませんでも聞いてもらわなくちゃいけない××が有るんです」のシーンで泣きそうになる。以下はアイマス×エースコンバット関係のおすすめ。

続きを読む "今、ACE COMBATのMADが熱い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一応Pである自分が勝手に答えるよ

えこPのロケットガールが閲覧30万を越えたらしいが…

底辺と言うわけでもないが中堅と言うほどでもない私、西岡Pが勝手にPとしての感想を答えるよ。個人的にロケットガールは信者によるマイリスト工作とかあんまりなかった感じだし今もランキングに入ってないから別にいいんじゃないかと思う。
だいたい作って1週間ぐらいすると殆ど再生数って上がらなくなる。これは週末に「アイドルマスター」で検索かけて全てのアイマスMADに目を通そうとする人も見終えて新しい視聴者がいなくなるタイミングだからだと思うんだけど、それ以降も増える再生数はマイリストで戻ってきたリピーターが中心だと推測する。再生数は増えてもコメントが増えないあたりから考えても一定期間過ぎた後の新規視聴者はかなり少ないと思う。そんな中で何度も見てくれる人ってPとしてはありがたいというか嬉しいよ。ニコニコってお祭り的な感じが強いからその熱が冷めても見返してくれるってのは本当にその人の心を揺さぶったのかなぁって思える。

でもしーなP作の「KOTOKO Princess Bride!」は信者の工作が見え見えで嫌。あの場所がコメントアート職人の交流の場になってるのはいいけどわざわざ毎日マイリスト工作してランキング維持する必要は無いと思うんだけどなぁ。それよりも新しいP達を掘り起こす方が重要だと思うんだよね。PBが居座る所為でデイリーランキングの枠が1個減るし一時期まではアイマスランキングの枠もアレの所為で1個減ってた。デイリーランキングに載るかどうかってかなり再生数に関わってくると思うから枠が減ってるとそれだけでなんかもうPBを正視できなくなる、自分の実力とかは置いといてもね。っていうかニコニコの中でも比較的空気を読む集団であるアイマスファンの評価がアレの所為で「アイマスオタってランキング工作厨でしょ?」みたいに思われてるんじゃないかと思うと・・・。ホント自重して欲しいわ。しーなP自ら「ランキングを故意に上げないで下さい」とかコメントしてくれればなぁ・・・。

続きを読む "一応Pである自分が勝手に答えるよ"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

業務連絡のようなもの

いつ書こうか考えているうちにだいぶ時間が過ぎてしまいましたが一応書いておくべき事として、退職したので今後このブログで視聴率データーの記事はありません。約1年ほど提供してきましたアニメ視聴率、このブログに来る人の何割かはそれ目当てなのでアクセス数への貢献も大きかったのですが手に入る立場でなくなったのでおしまいです。一応会社に残る人に頼んでみたんだけどメール返信来ない・・・。っていうか貸したゲーム返してくれよ(ノД`)

視聴率記事目当てでブックマークやリンクしてる方は外してもらうのが吉かと。

中学生の頃から客として、大学以降店員として関わってきたアーケードゲーム業界ですがもうプライベートでゲーセン行く事もほぼ無い状況になってしまいました。今の主流のカード+ネット対戦は面白いけど金が掛かりすぎる。客も1つのゲームしかやらない客が圧倒的に増えたし完全にジリ貧。何か大きなきっかけが無いとそのうちやばいですね。ネット対戦もどうしてもそのゲームでなければならない場合を除けばPCの月額固定で遊んだ方が数十分の一の費用で済むので目玉にならないんだよなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »