« らき☆すたは普通に面白いっての | トップページ | ニコニコ動画「春香たちの夜」が完結 »

「祭」としてのらき☆すたは正しい

また「らき☆すた」の話。「祭」だかららき☆すたは楽しいという意見、僕は理解は出来るけど実感は無い。でも、祭を前提にした作りってのは正解だと思う。
これだけアニメの数、娯楽の数が増えた中で何を選択するかの基準に「友達が皆見てるから」とか「盛り上がってそうだから」というのはごく当たり前の理由だ。変な反骨精神でもない限り友達と共通の話題世間の流行を追うのは安定した方針だ。しかも祭というのはその時しかやってない希少性がある。なぜなら大量の人が集まってこその「祭」だから後で人為的に再現しようとしても難しいからだ。いくら自分ひとりが祭当時の熱量を維持し続けても周りが乗ってこなければそれは祭の空気とは違ってくる。祭は今しか参加できない、ならばそれその物の価値に+αされて評価されるのも当然。「こんな作品が有るとアニメがダメになる」じゃなくて「今のアニメの状況がダメだからこんな作品が有る」だと思う。いわば必然、生存競争を生き抜くために生まれた突然変異種なのだ。しかし環境が変わらない限りこの変異種はますます数を増やす可能性が有る。

■次にパロネタと祭の関係について。らき☆すたには同じ角川系の作品、ケロロ軍曹とかフルメタルパニックとかのネタが多用され、嫌いな人にとっては不快の種なのですが祭を肯定的に捕らえるとこれも祭りの一要素なんじゃないかと思われる。パロネタとはいわばスタンプラリーである。小学生が夏休みとかにやるアレ。全部スタンプを集めても大して良い事は有りませんがイベントに参加した充実感がある。基本的に受け取る事しか出来ない一般参加者(視聴者)が能動的に参加できるよう運営側が用意したイベントである。もちろんこれは強制参加ではない。めんどくさい人はステージイベント(アニメ本編)だけ眺めていればいいし金のある人は出店で買い物(キャラソンとか)しつつ楽しんでも良い。出店から場所代を取って祭の運営資金にしているのでステージイベントでも「あそこの○○は美味しいよ」とか紹介したりスタンプラリーへの参加を促したりもする。

■聖地巡礼と祭。聖地巡礼も祭の一環である。何も知らずに行けば面白くもなんとも無い場所が祭のテンションで行くだけで「聖地」になる。スタンプラリーと同じく視聴者が参加できる数少ないイベントだ。面白いか面白くないかは参加者の受け取り方で変わる。楽しもうとすれば楽しく、そうでなければつまない。実際の土地を元に背景を構成するのは製作側にとって楽をする意味が有るが図らずもそれが祭のテンションの中では遊びに昇華される。

■スタッフ側の祭。イベントではしばしばボランティアの手を頼りにする。アニメーターはボランティアではないが厳しい環境である事を考えればある意味ボランティア的であるとも言える。ボランティアが金銭的報酬の無いあるいは少ないイベントを手伝うのは楽しいからとか充実感があるからとかそんな理由だろう。そういう目的が有れば士気も保ちやすい。では辛い環境であるアニメ製作現場においてその方法論を導入するならば「製作側である自分達が仕掛け人である」という流れは有効なんじゃないだろうか。「おかげさまでコンプ売れてますよ」とか角川の人に言われたやはり悪い気はしないだろうし自分達がこっそり入れておいたネタがMADに使われたりしたらニヤリと笑いたくなるだろう。作品の評価とは別のところで反応がもらえるというのはモチベーションアップになりそうだ。

■商売としての祭。昔買ったキャラソンCDを今聞くと恥かしくて聞けなかったりする。何で当時の自分は恥かしげも無くこんな物聞いていられたのか不思議に思うこともある。これはらき☆すたでもおなじみの「海の家の焼きそば」である。価値の低い物でもその時のノリで欲しくなる。これは商売する上でこの上ないタイミングだ。面白くない物が面白くなる、売れない物が売れる。TVアニメがビジネスである事実からすれば中身が無くても祭さえ起こしてしまえば勝ちになる。
そもそもキャラクターグッズは本編の出来と関係が無い。物語がすごい良かった作品のポスターを眺めたって物語の良さは伝わってこないし、CDドラマには動きが無いし脚本も本編と違う場合も有る。グッズを買って楽しめるかどうかは半分ぐらい受け手に掛かっている。どんなに面白い作品であっても本編以外の商品が売れるのは基本的に「勘違い」なのだ。いや、本編DVDですら本来必要の無い物だ。レコーダーで録画した物をDVD-Rに焼いておけばそれで済むんだから。アニメは元々無駄な物を売って来たのだ。最初から祭の要素を含んで商売を成り立たせてきたのだ。

■祭ってのは結局の所、受け手と作り手のコミュニケーション(擬似を含む)だと思う。これはらき☆すたに限らず、ぱにぽに以降の新房作品とかハヤテのごとく!、もえたんなんかも同じだと思う。だからそれを望む、あるいは有効だと思ってる人がいる限り無くならないかもしれない。らき☆すたが一番売れてるから矢面に立つ事になってるけど祭に関して語るならもっとアニメ全体を俯瞰して語らないとダメかな。

|

« らき☆すたは普通に面白いっての | トップページ | ニコニコ動画「春香たちの夜」が完結 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/16123853

この記事へのトラックバック一覧です: 「祭」としてのらき☆すたは正しい:

« らき☆すたは普通に面白いっての | トップページ | ニコニコ動画「春香たちの夜」が完結 »