« ラノベの挿絵は下手と言う以前に | トップページ | 07/5月のアニメ視聴率4回目・5回目 »

なぜアニメ化で改変は起こるのか

「ぼくらの」騒動などに見る「原作からの改変」という行為への反発は繰り返しネットで炎上しているにもかかわらずなぜ存在し続けるのか。

■アニメ化時にリアリティを目指すのは当然の行為
「ぼくらの」で森田監督の単純なリアリティへの傾倒を僕は良くないと書いたんだけど、大雑把な部分ではアニメ化=リアリティの向上は当然だと思っている。基本的に個人で作る漫画や小説に比べアニメはストーリーや演出に関する部分だけ見ても関わる人間が増えている。監督・脚本・演出・プロデューサー、少なくともこの4人のフィルターを通過しないといけない。その過程で「ここは無理がある」とか「この知識は間違っている」といった校正が自然と発生するから基本的にアニメの方がリアリティが有って当然だと思う。
また、そういった修正可能な箇所を放置したままアニメ化してしまう事はアニメ製作スタッフにとっては視聴者にツッコミを入れられない為に改変する権利があるという言い方も出来る。軍事関係のネタなどはツッコミが激しい事が多いので明らかに間違った部分を放置しておくと「この脚本家軍事オンチだな」とか言われてしまう可能性がある。もちろん原作既読の人間は「原作ママだからしかたないけどね」と思ってくれるかもしれないけど。自分の仕事のクオリティーを高く保つ為には自分が良くないと思う部分は改変していかなければいけない。アニメ製作スタッフもただ金を貰って動くだけの「アニメ製作マシーン」ではないからね。
個人的意見として原作の良いシーンを削った上にリアリティを低下させたアニメ化は論外です。どの作品とは言いませんが。

■原作者すら分かっていない
この世には原作者の手による改悪という物も存在している。これはリメイクにおいて原作者自ら良い部分をカットしてしまったという話。例えばエロゲーの名作「To Heart」において来栖川芹香シナリオで出会ってすぐの頃のイベントで「いきなり廊下でタロット占いを始める」というのが有ったんだけどPS版では変更されている。人目を気にせず、廊下が汚れている事を気にせず占いを始めてしまう芹香の天然ぶりが上手く表現されたシーンだと思うのだ何故かカット。葵シナリオでも一番燃える部分の一つである「葵ちゃんは強い!」がカットされている。
漫画だと高河ゆんの「恋愛」が作者自身でリメイクされているが旧「恋愛」の名シーンはことごとくカットされている。個人的には、旧作が未完だったので続きを描くついでに今の絵に書き直す程度で良かったんだけどなぁ・・・。
どうしてこういう事が起きるのか考えた末に僕が到達した結論は「原作者は自分の作品のどの部分が優れているのか客観的に分からないのではないか?」という答えだ。100%原作通りにならない場合どこを削るべきか、どこを手直しすべきか、どこは絶対に残さなければいけないのか分かってないんじゃないだろうか。あるいは原作サイドが十分に自分達の持つ作品の商品価値をアニメ製作側に伝え切れていない。アニメ化を宣伝として考えるならこれは商売としてお粗末なやり方だ。この辺りは編集が読者からのアンケートやファンレターなどを元に人気の有るシーンや台詞を有る程度推測してアプローチするべきだろう。アニメから入った人間に「アニメより原作の方が面白いね」とか言われたら編集者は恥じないといけないよ。ある意味原作の魅力を十分に伝え切れていないんだから。

ちょっとテーマ外の事もついでに
■クリエイターは神でも仙人でもない
「ぼくらの」の件で「嫌いならこの仕事受けるなよ」と言う意見が多く見られた。彼らの主張を元に考えると製作者が
原作好き→アニメの出来良い
原作普通→アニメの出来普通
原作嫌い→アニメの出来悪い
となるんだけど、そうなると殆どの場合アニメの出来は普通の出来になっちゃうんじゃない?例えば僕がアニメ監督だったとして今放送中の原作有りのアニメの中で「原作が好き」とはっきり言える作品ってせいぜい2~3本だよ。自分の好きな原作をアニメ化出来る確率は数十分の1だ。だとすれば原作付きアニメが何十本あろうが凡作ばかりになるのは当然になってしまう。アニメ製作者が原作を愛してアニメ化するなんてのは幻想だ。結果だけを見て冷静に判断すればいい。つまらなかったら「原作を愛してないからだ」と理由付けてもいいけど見る前から「原作を愛してないからつまらないに違いない」というのは早計。原作を知ろうともせずに作るのはダメだとは思うけど。
あと、こういう騒動でよくある意見が「貴方には幻滅しました。今まで買っていたけどこれからは絶対に買いません」みたいなコメント。作者の人格を作品評価に結び付けすぎなんじゃ・・・。例えば宮崎駿が淫行で逮捕されても日本人全員がラピュタのDVDを焼き払うかと言えば違うと思う。そういう人も居るだろうけど僕なら「それはそれ、これはこれ」で出来の良い作品として取っておくよ。ああいう考えの人って一度罪を犯した人間は更生の可能性は無いとか思っているんだろうか。自分がそういう立場になった時の事考えてないよね。特に誤読して誤爆してる人とかどうしてやろうかって気分になります。

|

« ラノベの挿絵は下手と言う以前に | トップページ | 07/5月のアニメ視聴率4回目・5回目 »

コメント

アニメは改変ありきだと思っている。
雰囲気さえ保ってくれれば嬉しい。
しかし中には雰囲気をぶち壊しだったり基礎設定さえぶち壊しでもおもしろい物があるから困るw
そういう意味で壊しても良いとは思う。
そこまで行くとオリジナルを作ってくれと思ったりもするけどw

投稿: M | 2007/06/22 12:02

アニメと漫画・ゲームでは媒体が違うのだから
表現方法もターゲットも変わり
それにあわせて改変するのは当然

あと、改変なしに進められると
原作で読んだ話をそのまま繰り返しやられても、と思ってしまい
かえってアニメを見る気なくしてしまう・・・
こう思う私は少数派なんだろうが

投稿: ルー | 2007/07/10 20:30

 原作者を超えるストーリーを作れていたら人気がでるし、
アニメ叩きになったりしない。
 なぜたたかれるか、改変した結果面白くない上にしょうもないからです。


アニメは原作通りにしたとしても大きく変わる。
 それは原作(漫画、小説など)にはない動く絵
キャラの動き、最新のCGや絵による空間の表現。

 それらは決してMANGAや小説などではハイレベルに表現できない、むしろ無理があるだから自分は原作どおりにやってほしい。


 アニメ会社はキャラ設定、ストーリーなどの主要部分には
原作者の考えるストーリーを超えるいいものが作れるならかまわないが、
 むりならそれらには一切触れずに
アニメならではのキャラが動く、しゃべる、最新の絵とCGによって表現できる世界(空間)に力を入れてほしい。

投稿: ヴァンダボー | 2010/10/21 18:23

いや、そんなに改変万歳、
 改変しないと面白くない。
 改変せざるおえないのなら。

 「アニメ会社が原作に頼らないオリジナルアニメを作れよ」

これで原作と違うからってたたかれたりしない。
原作レイプ万歳派と原作派とで争いになったりもしない
 これで万事解決じゃないか?

投稿: スタロロロローン | 2010/10/21 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/15496459

この記事へのトラックバック一覧です: なぜアニメ化で改変は起こるのか:

» 作品は宗教じゃないよね [えんどれす、なう。]
改変は嫌いだけど、そういうスタンスは嫌いじゃない。 作品の全てを肯定するというのは、何も考えてないと同じだと俺は思っている。確かにストーリー内で齟齬が生じても脳内で相互補完することは、浸るためには必要だけど、それが本当にその作品の全てを享受しているいえるのだろうか。 読み終わったときに作品を見直して、あり得ねーとか、主人公バカスとか、○○は俺の嫁とか、もしこの設定なら俺がここで登場して~とか、ひいては801とかに、もっていくとか、情報の同期や並列化によるコミュニケーションとか、まあ作品を... [続きを読む]

受信: 2007/06/21 22:31

» ここは酷い経年劣化ですね [障害報告@webry]
というわけで誕生日。築25年という憂鬱 [続きを読む]

受信: 2007/06/22 10:44

« ラノベの挿絵は下手と言う以前に | トップページ | 07/5月のアニメ視聴率4回目・5回目 »