« 「ぼくらの」が面白い | トップページ | ラノベの挿絵は下手と言う以前に »

作家と契約

前記事:作家個人と出版社の著作権の比重が分からない

あまり意味の無いコメントをされる方がいるのでさらに補足。
少なくとも僕の知り合いに契約書の無い作家がいます。また、竹熊健太郎氏が「フリーにとって原稿料とは何か(1)」<たけくまメモ>で
ところで、どうもコメント欄を読むと、烏賀陽さんは最初にAFPBBと連載にあたっての契約書を交わしていたらしい。実はこっちのほうが俺には驚きだったりして。日本の出版社は基本的に口約束の世界で、紙媒体・ネット媒体を問わず、記事の掲載や連載にあたって「契約書を交わす」なんて聞いたことがないからです(単行本は別です)。
と書いているところを見ると少なからず契約書が無い出版社は有ると思います。これらの例が少数派だとしても出版という仕事で契約書が無い事自体、僕は問題だと思います。反論なり情報なり示すのであれば「どこどこの誰が言っていた」「○○のサイトで見た」程度でいいので書いてないとあまり意味は無いです。まぁこちらもソース無しに語ったのは良くなかったのかもしれませんがせっかくコメントして頂けるなら有益な情報が望ましいですね。

次に契約書があれば問題無いかと言うとそうではないと思います。例えば漫画賞に応募する人のどれだけがそこで連載が持てた時の自分のページ単価を知っているでしょうか?ネットで知識が有れば大体いくらぐらいというのは推測できるかもしれませんが基本的に実際の数値を知るのは契約した時だけです。もしかしたら聞いたら答えてくれるかもしれませんが普通の仕事の場合事前に分かっていて当然ですよね。就職試験を受けるのにその会社の雇用条件が分からないって事はあまり無いと思います。しかも作家と言う仕事は下手すると中学生でもなれるわけですから相場を知らずに応募してくる人がたくさん居てもおかしくない。普通よりも気を遣って欲しいぐらいです。もちろん安い原稿料を掲示しちゃうと人が集まりにくいからというような言い訳も推測できますけどね。
週刊漫画を連載スタートするにあたってまず都内近郊に仕事場を用意しアシスタントを雇わなければならないがその費用が重く、思うように稼げないと借金だけが残ると言う話があります。この話が本当なら結構理想とのギャップが大きいですよね。でもこういった話はどれだけの人が知っているんでしょうか。リスクを語らずにリターンだけ語る会社なんて普通は怪しまれますよ。

良い方向の話だとジャンプだと連載が終了した後も契約により給料のような物がもらえるらしいと言う話があります。これが本当なら次の連載まで無収入と言う事が避けられ良いかも知れません。ジャンプ作家は次の連載までにやたら時間が掛かる事が有るのはひょっとしたらこのシステムが関係するのかもしれませんね。(例えば和月伸宏は「ガンブレイズウエスト」から「武装錬金」まで2年休んでいる)

アニメ業界に話を移すと、アニメーターの給料が安いと言う話題が時々出ます。でもアレ、アニオタの中じゃ周知の事実だと思います。それが何故定期的に出てくるのかというとまだ知らない人が居るからという事と広く知らせて改善していかないとまずいんじゃないかという事ですよね。アニメの著作権の問題としては製作委員会などの出資者がDVD化権などの権利を持っていってしまうので良い作品を作っても製作スタジオにそれほどお金が戻ってこないと言う事です。

結局の所、業界ごとに問題はあっても我々一般人は良く知らないと言う事です。でもせっかくお金を出すなら良い状況になって欲しい気持ちがあるから報道にしろ個人にしろ記事を書くわけです。知っている人が存在するから書く意味が無いという事は無いんですよ。

|

« 「ぼくらの」が面白い | トップページ | ラノベの挿絵は下手と言う以前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/15437257

この記事へのトラックバック一覧です: 作家と契約:

« 「ぼくらの」が面白い | トップページ | ラノベの挿絵は下手と言う以前に »