« コードギアス反逆のルルーシュ 第17話 | トップページ | かんなぎ 2巻 »

まなびストレートは化ける必要があるか?

まなびストレートは化けるか?<日本のアニメは本当に世界一か?>

トラックバックをもらったので少し考えていたのだが、僕としてはやはり「化ける必要はないかなぁ」といった感想である。僕はまなびストレートを見る時にそれほど頭を使っていないと思う。1~3話の感想を書いた時に「引っ掛かりが無いわけではない」と僕は言ったがその内容に関しても僕はキングレコードの最近のやり方から来る反感だとか身振り手振りが大げさすぎるとか書いたけどこれは、まぁ感情論だ。何で頭を使わずに見るかと言うとそれで十分だし、その方が楽しく見れるからだ。自分自身で把握しきれていないけど、たぶん僕が頭を使うのは「深読みした方が面白い時」なんだと思う。つまらない作品に頭を使ってもつまらないままだと思うのでどうせなら楽しい作品に楽しく頭を使います。

skripkaさんはまなびストレートがつまらない(違和感が有るとかの理由でもいい)と思ったら即、頭を使うのを止めて流し見したり、視聴停止したりすればいいんじゃないかなぁ。傑作云々の話が書いてあったのはskripkaさんがまなびストレートが傑作であって欲しかったと思っていた(けど違った)のか、この作品を持ち上げてる人達が傑作扱いしているので違和感が膨れ上がった、このどちらかなのかな?僕は多分今後ずっとまなびストレートを「傑作」と賞する事はないと思う。その代わり「好き」と言うと思う。「傑作」という響きには、嫌な言い方をすると「これは傑作なのでこれが理解できない人は理解力が足りない人間である」みたいな押し付けを感じちゃう時があるのでそう易々と使う気にはなれない。で、傑作でないと位置づけたなら「こんなもんか」と気楽に見れます。欠点はあって当たり前、むしろその欠点を愛するのもアリ。僕は「欠点は有るけど好きだよ」ってスタンスで行きます。

あと、カテゴリーとして「学園コメディーでストーリー中心なんだけどコメディーで水増ししている」って話ですが楽しんでる人は大抵分けて考えてないと思う。コメディー無しで感動話だけやっても胡散臭いだけだと思うし個人的にどんなにストーリーの良い作品でもコメディーは入っていて良い(邪魔とか水増しには当たらない)と思ってます。ここ数年で僕が一生懸命感想を書いた作品といえば「フタコイ」「ノエイン」「ハルヒ」「ARIA」「よみがえる空」「極上生徒会」みんな良い話に感動しつつコメディー部分も楽しんだ作品ですよ。そう感じてしまうのは仕方ないかもしれないけどメインとその他というような要素分けもそろそろ必ずしもしなくていいじゃないでしょうか。そこは上手くミックスされているか否かだけを問題(このギャグは唐突過ぎる!とか)にすればいい。

4話の芽生のトラウマ話に関しても、僕はあの話が無い方が落ち着かない。ああいう極端な過去や理由が無い限り芽生の手を握られた途端あわあわしちゃうシーンは過剰演出になっちゃうから4話を無しにするならそれまでの芽生のシーンも書き直さないといけなくなるから。この話に関しては、まなびストレート!第04話における芽生の心象風景<エネルギー吸収と発散>の感想が個人的に納得がいった文章でした。

それ以外の項目でも面白いぐらいに僕はskripkaさんと反対の意見を持っている。ってことは、もし仮にまなびストレートがどうしようもない駄作だったとしても僕と同じメンタルを持てば楽しく見れるわけで、少なくともそれだけの余地は存在しますよという結論に。何割かは「観る側のスタンスの問題」ではないでしょうか。とりあえず議論はめんどいのでここで終了。

|

« コードギアス反逆のルルーシュ 第17話 | トップページ | かんなぎ 2巻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/13877235

この記事へのトラックバック一覧です: まなびストレートは化ける必要があるか?:

« コードギアス反逆のルルーシュ 第17話 | トップページ | かんなぎ 2巻 »