« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

涼宮ハルヒとかネウロとか最近の動画

最近見たMADとか。

She's Just <DivX Stage6>ハルヒMAD。洋楽に乗せて作られたハルヒMADは珍しいのかな?曲がいいとなんか全体的におしゃれな印象になるなぁ。
HARUHI feat. Hirano Aya "First Good-Bye" <DivX Stage6>ハルヒのこないだ発売されたドラマCD収録の曲で作られたMAD。ちゃんとバックの演奏に合わせた映像を付けてるので結構いい感じ。
A wonderful delusion<DivX Stage6>原作絵を使ったハルヒMAD。のいぢ絵が好きな人はどうぞ。

For all the ending<DivX Stage6>FateのMAD。曲のマッチングが良いがもう少しスピード感が欲しいのとラストのブツ切れ感が惜しい。

Tanaka<DivX Stage6>もともとのタイトルは「安息」何かのエロゲが題材ですが元ネタが分かりません(「たまたま」という声優のたまご相手のエロゲらしい)。エロゲネタなのに写真を使用した部分の方が多い変わったMAD。こういうのも面白い。

魔人探偵脳噛ネウロ アニメOP<DivX Stage6版>魔人探偵脳噛ネウロ ED<YouTube版>元々はFLASH。かなり出来良い。ED製作の「松井先生にいい飯食わせ隊」が泣ける。

rewrite<DivX Stage6>鋼の錬金術師OP4の「リライト」の英語Verを歌った人本人がアップした物らしい。ちゃんと同じ意味の歌詞になってるっぽいのがすごいなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

07/1月のアニメ視聴率・1回目2回目

2007年のアニメ視聴率、1週目は正月で休みの番組が多いので2週目と併せて。今回から1月からの新番組は赤字去年10月からの番組が青字で表示してます。1/3表記になってる「ネギま!?」「遊戯王GX」「アイシールド」「BLEACH」は実際には1/4放送です。

新番組木曜日組、全部漫画原作。「のだめカンタービレ:5.4%」ノイタミナ枠として順調に高視聴率。ドラマなどの前振りもあったせいか枠として最高記録だそうで。「ひだまりスケッチ:1.2%」4コマ漫画原作で深夜放送はあずまんが大王以来?ぱにぽにだっしゅのシャフト製作で淡い感じの色作りと実写取り込みの小道具が特徴。数字としては普通ですね。「ヴィーナス・ヴァーサス・ヴァイアラス:1.0%」初回としてはちょっと低いかな。電撃ガオ連載ということでちょっと知名度低いか。内容も大体想像通りの展開で個人的にはイマイチ。

曜日は飛んで土曜唯一の新番組「デルトラクエスト:2.5% 3.9%」初回はちょっと低いですが2回目はまあまあ良い感じです。前番組だった徹之進が平均3.5%ぐらいなので3%後半ぐらい取っていけば及第点か。子供向け番組には見えないしっかりとした作りなのでそれなりに期待できそう。

新番組日曜組「がくえんゆーとぴあまなびストレート!:1.4% 1.6%」深夜萌えアニメとしては平均1.5%なら及第点。今期スタートの中では期待作だと思われるので今後同変化するか注目。個人的には1.8%ぐらい行って欲しいけど深夜は数字に出にくいからなぁ。「マスターオブエピック・the animation age:1.0% 1.4%」すいません、1話で切りました。これ実際にゲームやってる人しか面白がれないと思う・・・。新規ユーザー獲得するような内容にして欲しかった。完全に楽屋ネタつーか・・・。

それ以外の注目の数字。「DEATH NOTE:2.3%」12/19放送分から急落して2%前半も2回目。これはたまたまかそれとも・・・。「ネギま!?:2.7%」テレ東1/4SP放送の中で一人だけ妙にいつもより数字を伸ばしてるが次の回は元通りに。「妖奇士:4.2%」初めての4%台。自分は録り溜めしたままです。「金色のコルダ:2.4%」11月終わりから2%台の方が多くなってきました。もうこれは定着したかな。個人的には土浦ルート希望。

続きを読む "07/1月のアニメ視聴率・1回目2回目"

| | コメント (0)

がくえんゆーとぴあ まなびストレート 4話

第4話「プロモでゴーの巻」

のっけから芽生の過去のトラウマ話から始まる暗い話。いやー、もう、こういう暗い話大好きです。目の下にしわの入った病んだ目の芽生がもう愛しくて愛しくて。壊れっ娘大好きです。学級日誌を置く動作を繰り返したりするシーンとかラーメン屋で瞳孔が開きまくってテーブルが伸びる演出とか最高。心の距離が一気に遠ざかった事の現われとともにおぞましさを感じさせる描写で良い。吐きそうになるとことか、まなびの腕をつかんで止めたむつき目の冷たさ?みたいなも良い。なんかもう僕のために作ってのかと思うぐらいツボでした。灯りのつけない部屋で下着のままダルそうにゲームをして現実逃避とかもう芽生ちゃんが好き過ぎるわ、自分。

続きを読む "がくえんゆーとぴあ まなびストレート 4話"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

著作権めんどい

JASRACが漫画の著作権も守ります!!!!!!!
「著作物の利用許諾、ネットで簡易に」 著作権保護期間延長派が計画<酔拳の王 だんげの方>
JASRACが漫画の著作権を管理することに対しての雑感~その1~<ここはどこ?>

JASRACが漫画著作権事業に乗り出した件についてのまとめ。「誰があんなとこに委託すんだよ」って意見も上がってましたが出版社もしくは雑誌単位で「今度からそういうことになったからよろしく☆」とか言われてゴネるようなら連載打ち切りとかもう次の仕事は無いとか有りそう。現状の音楽著作権が著作者→音楽出版社への権利譲渡(半強制)→JASRAC委託という強制的で選択肢の無い(狭い)手段を取っている以上、漫画においても同様の流れになるのは避けられない。基本的には漫画喫茶から取るつもりなんだろうけどそれ以外の懸念が大き過ぎ。漫画喫茶にしてもオタク向け月刊平綴じ雑誌の単行本ってほとんど置いて無いと思うから出版側→契約料払ったけど置いてる店が無いから金が入ってこない、漫画喫茶側→包括契約で置いてない漫画の分まで払わされるなんて心配もあるな。

同人誌についてだが商業漫画・アニメについては複数の企業の利権が絡む事が有るのでしっかりとした著作権対策を採っていく事が多くなると思う。しかし今回の話、商業漫画をどう使うかの問題であって、漫画以外の作品から同人漫画になるケースはフォローしていないような気もする。でも17団体の中にコンピュータソフトウェア著作権協会が入ってればゲーム同人はアウトか。ゲームに関しては会社ごとに対応が違うと思う。世界市場で売るメーカーとかキャラゲーを売るメーカー(バンダイナムコとか)はかっちり押さえていきそうだけど中小のメーカーは金を払ってまで規制するメリットが見出せないだろう。エロゲ業界はまぁほぼ全メーカースルーだろう。

<酔拳の王 だんげの方>では同人に関してグレーゾーンだからということで楽観的に書かれていたけどJASRACの恐ろしい所は著作者本人からすら取り立てる無差別さに有るので個人的には悲観的状況だと思う。もし今回の件が上手く行くとすれば
①払ったコストがどういう風に消費されているのか明細をはっきりする。
②権利者の要望を元に著作権料の額を色々なケースで変化させる。
③さらに②の補足として著作権料を取り立てないケースも用意する(同人、ネットでの紹介ならOKとか)。

これぐらいはやってくれないとお話にならない。②について、例えばweb上で紹介が音楽と同じ1作品90円だと仮定してみるとAmzonでの紹介料をどれだけ稼がなきゃいけないのかと言うと500円台の本なら1冊あたりの紹介料(3%)で16~18円ぐらいなんで5冊以上売らないといけない。漫画を2~3コマ紹介して記事書いただけで90円払って5冊以上売らないといけないなら大手サイト以外誰もやらない。茶化すような記事は嫌ですが真面目にプッシュしてる記事はちゃんと宣伝になると思うのでむしろ自分達の首絞めになる。「大炎上さんが削除されたとのこと。」とかね。
最近で言えば「こどものじかん」「みかにハラスメント」「DMC」等はかなりネットの力による売り上げが大きいのでは。こういう「web上で」「引用が3P以内なら」取り立てないとかの条件がほしい。同人なら頒布価格の「○%」(個人的には5%までかな)で取るか虎とかメロンとかに2次創作同人部門の売り上げの5%とか請求するだけに留めるとかね。コミケ会場に乗り込んでとか毎日同人系サイトをチェックして請求とかは正気の沙汰じゃないと言うかコストとして無駄な気がするから。あとは通報した時だけ取り立ててくれる契約方式とかあればいいかもしれない。「チェック期間外でした」の一言で済まされるようじゃ金払ってる方も安心できないから働いてる事を実証する為にも最低限著作者から通報されたら動くぐらいしないとただの詐欺。

Wikipedia:削除依頼/ちゅるやさん
最近気になった著作権の話もう1個。「涼宮ハルヒ」シリーズのキャラ「鶴屋さん」を元に作られた「ちゅるやさん」、ちゅるやさんを元に作られたアスキーアート(AA)「ちゅるやさんAA」。ちゅるやさんAAは2次的にしろ3次的にしろWikiに貼り付けるAAとして著作権的な問題が有るんじゃないの?って話。中立的な立場のWikiならでは気もしますがもう少しテキトーでもいいんじゃねぇの?この場合著作権者に気を使っているのではなく、著作権問題によって自分達の居場所を奪われたくないという悪い言い方をすれば保身?行為なんだけど両者をごっちゃにしてる人多そうだよなぁ。自己満足と公共の利益を一緒くたにしてる人。サイト乗っ取り厨とかも「私が管理した方が読者のためになるんです!」とか言うらしいし。海外のWikiでは画像貼り付けてある所もあるのになんでこう細かいかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュ 第15話

第15話「喝采のマオ」

う”~ん、マオとの決着付くの早過ぎ。もう1週ぐらい引っ張って欲しかったかな。あとは11年前から契約しているという割りにC.C.の過去や契約の目的などが明かされなかったのも残念。マオと絡ませてその辺をもう少し見せて欲しかったんだけど。
それにしても今週のルルはひどいな「卑劣だ」とか「ひどい女だ」とか自分を棚に上げて当り散らしてる。ミレイ会長が相談を持ちかけた時も「俺に言われても・・・」みたいな態度とってんじゃねーよ。かくまってもらってる恩もあるんだからバシッと「俺が何とかします」ってギアスで助けてやれよ!
会長はひょっとしてルルの事好きなんかな?会長×ルルも結構良さげだなぁ。シャーリーの処理は拍子抜けだな。あんな程度でいいの?「ルルの事を忘れるなんてシャーリー、酸素欠乏症にでも掛かったんじゃ」的な悲壮なムードを期待してたのに割と軽いよ。
そして今週の目玉、記憶喪失ヴィレッタ(・∀・)キター!!まさか本当に記憶喪失で来るとはっ!これでヴィレッタ×扇も夢じゃない!悪女っぽいヴィレッタもいいけど優しい感じのヴィレッタも可愛くてイイ!本当にスタッフはオタクの要望を分かってるじゃないの。記憶が戻って軍人としての任務と扇との愛の狭間で揺れるヴィレッタが今から楽しみですよ。

しかし今回気になった点がひとつ。黒の騎士団幹部の女性・井上が今まで井上喜久子が声当ててたはずなのに今回は何故か出番の無かった小清水亜美に。お遊び?さすがに騎士団内部で同じ声の人間が居るのはちょっとなぁ。あとロイド伯爵かぁ。ますます面白いなあの人は。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

おおきく振りかぶって 7巻

アニメ化が決まった待望の7巻発売。さすがに試合が長くなると作品に対する緊張感が薄れてしまうがそれでもまだこの作品の持つ緊張感は他のどんなスポーツマンガの追随も許さない。公式戦1回目から去年の優勝高が相手な上に天候も雨。圧倒的な差を付ける事も付けられる事も無く試合終盤まで持ってくる事自体相当上手い流れだと思う。某一発逆転撃テニス漫画とかはこれを見習ってくれよ。

続きを読む "おおきく振りかぶって 7巻"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

06/12月のアニメ視聴率・4回目

2006年のアニメ視聴率最終週です。さすがに年末で休止の番組が多くあんまり面白味の無いデータですw
「クラッシュビーダマン」「ワンワンセレプー」「リュウケンドー」が終了したみたいです。しかし、年末で忙しいのか休止や放送時間変更が多い所為か大きく数字が落ちてる番組が多いです。「最終回くらいは見るか」という心理は働かないっぽいですね。

続きを読む "06/12月のアニメ視聴率・4回目"

| | コメント (0)

がくえんゆーとぴあ まなびストレート 1~3話

第1話「学美星人あらわる。」第2話「まっすぐでゴー」第3話「月曜日じゃ遅すぎる」

ufotableは好きなスタジオですが今回はどうかな?とりあえずのクオリティーは高いけど引っ掛かりが無いわけでもない。全体的にあざとい感じが強い感じが気になる。まずキングレコード×堀江由衣の時点で乙ボクの悪いイメージが。キングといえばネギま!?の新仮契約カード商売のあざとさも有るし商売に必死過ぎという印象。
作品の内容の方でもまなびのキャラクターがちょっとあざとい感じがする。2話のホームセンターからの帰り、先生に「危ないから立つな」と言われたそばからわざわざ決め台詞である「まっすぐでゴー!」を言う為に立ち上がって荷台から落ちそうになるシーンとかいかにも過ぎてちょっとあざとい。

続きを読む "がくえんゆーとぴあ まなびストレート 1~3話"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

雑記1/20

■ここ2週間ほど全力で戦国ランスをプレイしてました。ようやく難易度★★で2週目が終わり(っても正史ルートだが)クリア得点は71点。これで余裕を持って他のルートが楽しめる。国取りSLGとしては満足のいく内容ですがエロ部分は鬼畜王の時や大悪司よりも薄いかな?まだ正史ルートだけなので分かりませんがCGモードが結構埋まってるあたり数は少ないかなぁ。それと差分はあるけどHシーンのシナリオは毎回あまり変わらないというかどのキャラでもシチュがあまり変わらないのが残念。今のところお気に入りはおでこの軍師・直江愛と謙信。こーゆう嫌よ嫌よも好きのうちタイプは可愛くてよい。あとは鈴女のキャラクリ時のイベントでランスが鈴女を殴るのとか好き。「ランス殿は優しいでござるなぁ」とか言っちゃったりしますから鈴女は。言動が某作品の忍者に似てるのでもっぱら自分の脳内では鈴女の声は白石涼子ボイスで再生されております。

■関係ないトラックバックが多いので視聴率記事はトラックバック受付停止しました。あと、関係あるような記事でもあまりにも内容が薄いTBは消します。見に行った人が内容薄くてがっかりするTBは消す方針です。新装大オープンとか宣伝を見て行ったら店の中に商品が全然無いというかそもそも商品棚が1個しかない、みたいなのは宣伝しても意味無いっていうか逆に「もう二度とこんな所来るかっ!」って思われるだけだと思うのですが?

■昨日読み終わった本2冊がともに話の途中で終わっているのは何かの罰ゲームですか?その2冊というは
マリア様がみてる―クリスクロス
マリみての「クリスクロス」とネギま!17巻なのですが特にネギま17巻はこれで学園祭編終了だと思い込んでいたら終わらなかった上にあるサイトでぽろっと顛末を目にしてしまったのでなんか・・・orz

続きを読む "雑記1/20"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

コードギアス反逆のルルーシュ 第14話

第14話「ギアス対ギアス」

新OPめちゃくちゃ不評ですね~。確かに歌詞が聞き取れる箇所がほとんど無いってのはこの手のアニメのOPとしては大きなマイナスだとは思いますが。これに懲りたら作品に合わないアーティストや曲をごり押しするのは止めてもらいたい。
シャーリーへの正体バレは横槍が入るかと思いきや即バレの上にヴィレッタにまで見られちゃったか。こんな早い段階でヴィレッタにバレたとなると記憶喪失になるか死んでくれないとやばいんじゃないのか?個人的には記憶喪失になって命の恩人である扇とくっついちゃったりすると嬉しいなぁ。

続きを読む "コードギアス反逆のルルーシュ 第14話"

| | コメント (0) | トラックバック (2)

06/12月のアニメ視聴率・2回目3回目

06年12月のアニメ視聴率2回目と3回目。今回は趣向を変えて10月からの番組で終了した物について振り返ってみます。今期は1クール物が少なかったので10月から始まって年内に終わったのはこれだけ。言うまでも無く「働きマン」がぶっちぎりの数字で平均4.0%最低でも3.1%、最高で5.1%と別次元。次に良かったのが「009-1」平均で1.9%と意外と健闘。あとはどんぐりの背比べ。やっぱノイタミナ枠は強いですねぇ。グラフも用意してみました。

番組名 10/3 10/10 10/17 10/24 10/31 11/7 11/14 11/21 11/28 12/5 12/12 12/19 平均
ノイタミナ・働きマン   4.6 3.4 3.9 3.3 3.1 4.7 4.0 4.2 5.1 3.7 4.1 4.0
009-1 2.5 1.8 2.1 2.9 2.5 2.1 1.3 1.8 1.5 1.3 2.3 1.1 1.9
あさっての方向。 1.5 1.1 1.5 1.5 1.6 1.6 0.8 1.2 0.8 0.9 1.3 0.8 1.2
番組名 10/8 10/15 10/22 10/29 11/5 11/12 11/19 11/26 12/3 12/10 12/17 12/24 平均
ライオン丸G 1.3 1.2 1.3 0.9 1.0 2.6 1.4 1.1 2.2 1.7 1.8 0.9 1.5
ギャラクシーエンジェる~ん 0.9 0.6 0.8 1.0 1.6 2.0 1.4 1.3 1.4 1.2 1.0 1.2 1.2

Anime1012_3   

続きを読む "06/12月のアニメ視聴率・2回目3回目"

| | コメント (0)

コードギアス反逆のルルーシュ 第13話

第13話「シャーリーと銃口」

OP変わったけどSEED方式で絵は少し差し替えただけかよ・・・。曲も良くないしこれなら前のままでよかったのに。ヴィレッタが少しキー人物扱いになってますね。集合絵にしかいないオレンジ卿とは扱いが違う。それ以外の新しい部分は特に目を引くものなし。後期Verになって入った絵の方がやっぱよかったわ。

続きを読む "コードギアス反逆のルルーシュ 第13話"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

C71冬コミのおすすめ同人誌

冬コミで買ったお勧め同人誌をピックアップして紹介します。


@BETTENCHI発行 ノエイン本「明日もシエスタ」
ノエインのトビ&アトリ(萌えVer)中心のまったりとした日常話。基本的に腐女子の方へ向けた本ですが過激なシーンは無いので男性でも安心。ざっくりとした絵柄にコマ割、まったり感とノエインっぽさを余すことなく再現した良い本です。トビ可愛いよトビ。

続きを読む "C71冬コミのおすすめ同人誌"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コードギアス反逆のルルーシュ 第12話

第12話「キョウトからの使者」

一筋縄でいかない黒の騎士団相手にコーネリアは反政府組織の後ろ盾を暴く方針に。一方の黒の騎士団内部も前回のナリタ攻防戦で信用を勝ち得たかと思いきや逆にカレンと扇以外はむしろ疑心暗鬼に。一山超えたと思わせておいてまたヒヤリとさせる所を持ってくるのは上手い。
カレンは完全にゼロの信者になった上に個人的感情まで持ってるね。ルルーシュとしてシャーリー、ゼロとしてカレン、両方でC.C.とモテモテだなぁ。「必要だC.C.おまえが」キター(・∀・)、プロポーズですか?シャーリーとの会話を見て自問自答するC.C.も色々妄想できて美味しい。
生徒会室でミレイ会長の「好きよ」って言葉に露骨に反応したりユーフェミアの写真で角オナニーするニーナに笑った。軍の死亡リストに載っけられてしまったオレンジさんに代わって今週のMVPですな。
キョウトの使者との面会シーンの流れはさすが。昔のつてというラッキー要素もあるがピンチを転じて他のメンバーに有無を言わせぬ立場を確立する逆転劇が気持ち良い。しかし桐原の「行くか修羅の道を」という言葉に「それが我が運命なら」と答えたそのすぐ後でシャーリーに泣き付かれて揺らぐ展開も絶妙。山の連続のさせ方が非常に上手く次回への期待をそそる構成は週間ペースの作品の見本と言える巧みさ。最後のシーンはキスしたのかな?情に流されて慰める為にキスしたんだとすると今後泥沼化するのは必死。情と信念の狭間でどう揺れるのか見ものだなぁ。

続きを読む "コードギアス反逆のルルーシュ 第12話"

| | コメント (0) | トラックバック (12)

06/12月のアニメ視聴率

12月のアニメ視聴率。半ば連載と化してます視聴率の話ですが今の所12月分の続報が入ってないので12月の視聴率に関しては今回きりかも。

結界師:7.6%」前回に引き続き伸びてます。ひとそれぞれ好みは有りますが子供向け以外でもこの時間帯に人気作が出るのは良い事なのかも。ワンピ無き後子供向け以外のゴールデンはこれだけですからこれが不振だともうオタ向け作品はゴールデンに出られなくなってしまうので頑張って欲しいものです。
スパロボOG:1.6%」前回2.3%と良かったのですがやはり下がってしまいました。残念。
働きマン:5.1%」初の5%台。低い時でも3%台ですから夕方番組平均よりも完全に上を行ってます。
コードギアス2.9%」前回の2.7%から微増して3%台まであと一歩。このまま好調が続くのか大いに注目。
ケンイチ:2.8%」こちらも調子が良く2%台が続いてます。どうせなら製作体制を強化して名実共に良作に押し上げて欲しいところです。

続きを読む "06/12月のアニメ視聴率"

| | コメント (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »