« 時間帯別アニメの視聴率ってどんなもん? | トップページ | 06/12月のアニメ視聴率 »

コードギアス反逆のルルーシュ 第9話~11話

第9話「リフレイン」

黒の騎士団として地盤を固めるゼロと、偶発的にだが戦う意義を再発見すると言う意味でカレンの地盤固めが行われた回。このあたりの2人分の話を含める手腕はこの番組いつも上手い。生徒会でじゃれあうカレン達、ニーナはスザクに対しては大丈夫になったぽい?カレンはちゃんとブリタニア人でも倒す相手と守る相手をわきまえてるねぇ、分別が有る。ルルの「カレンはもう(猫を)被ってるだろ」発言とか公園での態度とかわざとカレンを怒らせる事によってゼロだと疑われないようにしてるのかな?自分の娘を見守る為だけに屋敷に居続けたというオチは普通に良い話でした。ただの皮肉や泣き話ではなくストーリーの流れとして機能するように組み込んでるのはえらい。

第10話「紅蓮舞う」

新verのOPといいジャーナリストのディートハルトは黒の騎士団にはいるっぽ。個人的にはブリタニア側から中立な見方で報道して欲しかったんだけど。成田連山の作戦情報を流したのも彼ですね。紅蓮二式を与えたりカレンの戦う理由に理解を示したり前回とは打って変わってカレンを持ち上げるゼロ。ルルとゼロの二面作戦で上手く信頼を得るのが面白い。C.C.との会話もなかなか面白い。自分の事を何も語らない彼女が妙に謎めいたことを言うだけで何かの伏線かと想像を膨らませれる。当初ありえなかったルル×C.C.が成り立ちそうな雰囲気なのも良い。玉城達との駆け引きもカレンの扱い同様押して引くのが上手いねぇ。背水の陣を引いておいて実質の選択肢は1つしかない。しかしその残ったひとつを自らの手で選択させる事に意味が有るんだよねぇ。ジェレミア卿の「オ、オオレンジだとぉ~」以降はもう面白過ぎ。ネタの扱いを分かってらっしゃる。オレンジさん死ななくてよかった~。

第11話「ナリタ攻防戦」

新VerのOPを良く見ていくと色々伏線が見えるというか想像出来るなぁ。ルルーシュのとこのメイドとか黒の騎士団勢に入ってるし変な博士風の人も居る。あとは巫女?軍団とそれにイメージが重なるナイトメアの群れ。サザーランドは単独のカットも入ってるし単なる兵器ではなくギアスや皇帝の謎に直結したものなのかも。エヴァにおける実は人の魂が入ってましたみたいな。ブリタニア軍は受けに回ると毎回弱いなぁ。まぁ今回は黒の騎士団にも死者描写が有りましたが。もう少しこのあたりで絵的に面白く見せれるといいんだけどメカ戦闘はあくまでも手段であって目的で無いからしょうがないか。ランスロット発信前のセシルが素敵。上司殴っちゃっていいのか?いやーロイドも毎回おいしい。いいわこの人。ランスロットvs紅蓮弐式戦は満足。雑魚戦闘が一方的な分、互角かつ高度な戦いは気持ちいい。C.C.の中のイメージはさっぱり分からないですね。スザクの見た宇宙的な映像とか中世風の世界で迫害されるご先祖様?枢木神社(くるるぎじんじゃ?)とかから類推すると1話冒頭で幼いルル達を見ていたC.C.はイメージ映像では無く実際にあの場に居たと言う事か。そうなるとひょっとして日本占領自体、サクラダイト独占とは別の目的が有ったのかも。モノクロ映像の中で左目にギアスの宿った子供が映ってるな。ルルとC.C.のやり取りもラブ臭がして良い。その上カレンがC.C.にやきもちを焼くおまけも付いてきてこれで戦闘編での恋愛展開も期待できる。次回は学園編かな?シャーリー動くか?

|

« 時間帯別アニメの視聴率ってどんなもん? | トップページ | 06/12月のアニメ視聴率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/13167046

この記事へのトラックバック一覧です: コードギアス反逆のルルーシュ 第9話~11話:

« 時間帯別アニメの視聴率ってどんなもん? | トップページ | 06/12月のアニメ視聴率 »