« ネギま!?第8話 | トップページ | くじびき♡アンバランス 第7話 »

コードギアス反逆のルルーシュ 第8話

第8話「黒の騎士団」

前回の失敗からルルーシュはカレン達のレジスタンス組織と本格的に手を組むことを決意する。一方、旅行に出かけた会長・シャーリー・ニーナはレジスタンス・日本解放戦線のホテル立て篭もりに人質として巻き込まれてしまう。
アバンでナレーションが入ったように今回はある意味決定的な何かを示した話だったのかもしれない。今回興味深いのは日本解放戦線が非常に偽善的に描かれていることだ。本来、日本やそれ以外の国を蹂躙しつくしているブリタニア人は悪でありそれに対抗するためであれば多少の強引な手段は許容出来るはずなのに不思議と(たぶん)誰の目にも彼らの行動は正当なものに映らない。それは今までブリタニア人らしい露悪的?な態度を一切取っていないシャーリーやユーフェミアが人質になっているからだ。恐らく監督は計算の上であざとくこの構成を選択していると思う。視聴者はこれによって知らず知らずの内に「ブリタニア=悪」の認識が揺らいで何を憎んで何を応援すれば良いのかがぼやけてしまう。これはゼロが仕掛けたメディア戦略そのものを視聴者が受けていると言う事だ。

「正義の味方」を自称するゼロの行動は今後一部のブリタニア人からも支持される可能性が有るが本当にゼロが正義なのかどうかはこの時点では判断できない。また、反政府活動をする人間として日本解放戦線を助けるよりもルルーシュとして友達を助ける結果になった事は物語として正解なのかどうかもまだ分からない。だが大半の視聴者はこの「正義の味方宣言」に痺れるんじゃないと思う。むさ苦しくて古い堅物のオッサンと組むよりもこっちの方が面白いに決まってるからね。この洗脳の仕方は上手いなぁと思う。恣意的に描かれている事が分かってるのにそっちに引っ張られる。でも100%信じてるわけでもない、このバランス感がなかなかに絶妙。
黒の騎士団の中にも玉城という不安要素は有るし、守るべき「力無き者」であるニーナのヒステリックなイレブンに対する恐怖心もまた地雷に見える。何かきっかけが有ればルルーシュ=正義・ブリタニア≠悪というカテゴライズはあっけなく崩壊する危険を孕んでいる。はっきりとした悪=皇帝に手が届くためにルルは悪≠の者達(スザクを含めた)を倒して行かなければならない。これは本当に正義なのか?
今まで露悪的に描かれていたコーネリアも実の妹であるユーフェミアには甘いという人間性を見せコーネリア≠悪(コーネリア≒悪?)になってしまってぐらぐらとキャラに対する価値観を揺さぶられる。今回の決断が正義だったのか、反逆者として正解だったのか、物語として正解だったのかはもっと先まで見ていかなければ分からないだろう。この牽引力あるいは深さは今までの竹田靑滋関連のアニメから一線を画すものだと感じられる(エウレカは惜しい部分があったが)。やっぱ谷口監督の力量かな?

細かい感想に移ると、ニーナには過去のトラウマが有るみたいだなぁ。その場にミレイ会長も居合わせたのかな?過剰なまでのイレブンに対する恐怖心はそこから生まれたみたい。こいつにルルの正体が知れたら一番危ない気がする。しかし、ニーナは会長とかユフィーとか百合っぽい展開になりそうなイメージが有るな。リヴァルはバイトしてるのか。学園の生徒とはいえ全てが富裕層と言うわけではないのか。リヴァルに対する正体バレ→袂を分かつ→復縁みたいな友情ドラマも見たいなぁ。
超電磁式榴散弾銃砲・雷光のシステムが漢字表記で古臭さを醸し出してるのも今回の恣意的な表現の一つだね(さらに言うと何故か彼等からの映像状態が悪いシーンが有る→ローテクなカメラしか持ってない?古臭さの強調)。日本解放戦線はダサいから正義にはなれないのだ。
C.C.の二重人格?は確定、命を複数持っている?「今度はうまくやる」とは一度殺された事を「失敗」と捉えての発言か?カレンも一応シャーリー達の心配をするぐらいの良心は有るみたい、何かというとナイフで殺っちまいそうな雰囲気の人だけど分別はきちんと出来てるのか。
スザク「個人的な感情より組織の論理を優先します」発言、ぱっと見これは今回のルルの行動と対極の発言に見える。もちろんルルが助けたのには世論を味方に付けるという裏の目的が有ったからなのだが自分の目的に反して助けたルルと命令が有るまで動かなかったスザクという構図も今回の錯覚構造に組み込まれている。
TV屋のディートハルトは今後の注目キャラですね。ゼロのメディアを意識した行動もこいつが上手く動く、あるいは加担してくれないと100%活かしきれない。ブリタニア人ながら政府に対して思う所が有るようだし下手するとキーになるキャラかも。
「いざとなったら俺が何とかするけど」玉城超ビックマウス、うぜー。こいつは早めに殺っておいた方がいいぜ。案外金とかで裏切りそうだから。ルルーシュは今回目先のコーネリア殺害に囚われずに何かに役立てる事を思いついた模様、一応成長してますねこうでなくては面白くない。カレンはゼロの言う「正義の味方」に疑問が有るのかな?意外とカレンはゼロと違う道を行く存在になるかもなぁ。
次回は急遽総集編に差し替えだそうで。大丈夫かしら。そういえばEDでナムコバンダイがクレジットされているのでまず間違いなく関連商品としてゲームが出ますね。

コードギアス 反逆のルルーシュ 1 COLORS

|

« ネギま!?第8話 | トップページ | くじびき♡アンバランス 第7話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/12813981

この記事へのトラックバック一覧です: コードギアス反逆のルルーシュ 第8話:

» コードギアス 反逆のルルーシュ stage8『黒 の 騎士団』 [CHEZ MOKANA]
トウキョウ租界から観光地へと延びる鉄道網 そのレールを走る列車の瀟洒さと、その高架下に広がるゲットーの瓦礫広がる光景は対照的である。 イレブンの犠牲のもとに成り立つ豊かさ その象徴が眠るLake Kawaguchi 列車は子... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 11:54

» コードギアス 反逆のルルーシュ 第8話 [鷹2号の観察日記]
 今週見たアニメで一番驚いた瞬間。 「よせ!クルルギ准尉!」  うわっ、ロイドさ [続きを読む]

受信: 2006/11/25 12:35

» コードギアス 反逆のルルーシュ STAGE 8 [アミューズエイド]
 STAGE 8 『黒 の 騎士団』  河口湖に遊びに行くため、列車に乗っているシャーリーたち。ニーナはトンネル恐怖症?  一方、ゼロはカレンたちレジスタンスを集結させ、トレーラーを今後のアジトと定める。  車内のテレビから、日本解放戦線がホテルジャックの報道。議会の人間だけでなく、一般の観光客に紛れて、ミレイたちも映っていることをカレンは知る。  日本解放戦線のリーダーは草壁であり、日本最大の反ブリタニア組織。  湖に浮かぶように位置するホテル。ブリタニア軍が、上... [続きを読む]

受信: 2006/11/25 19:24

« ネギま!?第8話 | トップページ | くじびき♡アンバランス 第7話 »