« ネギま!?第4話&5話 | トップページ | 06/10月のアニメ視聴率・4回目 »

今日は著作権の話が多かった

巡回してたら何故か著作権、特にオタク絡みのジャンルでの著作権話を目にしたのでニュースサイト風に並べて紹介。
いわゆる「海賊版」に対する中国人消費者の意識<日経BPnet><RinRin王国より>

ロボットと3D著作権~「著作物」と「工業製品」の違い <ロボットWatch><はてブニュースより>

住み分けという了解と、あまりの白々しさ。<実物日記><ぬるヲタが斬るより>

「涼宮ハルヒの憂鬱」の北米市場での可能性について――AWOの見解<ULTIMO SPALPEEN><ぬるヲタが斬るより>

一番興味を引かれたのは最後のハルヒの話題で、アメリカのファンサブとその利用者の購買意欲に関する話。ファンサブとは主に米国内で、日本のアニメに字幕を付けて公開する違法行為の事で宣伝になるという名目で正当化されている。
「あずまんが大王」はファンサブによりヒットした作品だと思っていたけど事実はどちらかというと逆だったのね。売り上げは相当芳しくなかったようで。
でもって、あっちのファンサブ利用者がファンサブで見た作品を気に入っていながら購買しない理由がちょっと変。「ファンサブと翻訳が違う」「名前のスペルが間違ってる」等、妙に言い訳がましい理由で正規品の購買を避けている。個人的な印象として日本の消費者で正規品を買わない人は単純に「金が無いから」「そこまで好きじゃないから」という理由で正規品に金を出さない、ある意味「購買者になり得ない層」だと思っているのだが米国の彼らは変なポジションだ。
彼らはファンサブが無ければ購買層になったかもしれない(もちろんファンサブが無ければその作品の存在自体知らない可能性も有るが)。ならば日本の権利者にしろ、米国内でライセンスを取った企業にしろもう少し規制を強化するべきだと思う。あんまり締めすぎると反感食らうから発売後にファンサブ公開してるとすぐ訴えるとか段階的にね。僕は常々今のアニメ業界が賃金を良くする為には海外での収益をアップして還元するのが手っ取り早いと思っているので何とかならないものかねぇ。個々に対応するんじゃなくて一括した権利団体がやってくれんかな。まぁ、邪スラックみたいにろくな事にならんかもしれんが。政府もアニメ産業を育てるとか何とか言ってるならアジア圏だけでなく欧米での対応も必要だと認識するべきだ(むしろ市場としては北米の方が大きいかも)。ファンサブについての話は<AskJohnふぁんくらぶ>が詳しいというか生に近い話が色々と読めます。

|

« ネギま!?第4話&5話 | トップページ | 06/10月のアニメ視聴率・4回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/12628402

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は著作権の話が多かった:

« ネギま!?第4話&5話 | トップページ | 06/10月のアニメ視聴率・4回目 »