« ゼーガペイン総評 | トップページ | ROOM NO.1301 8巻 妹さんはオプティミスティック! »

コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話

第1話「魔神が生まれた日」

製作:サンライズ、キャラ原案:CLAMP、監督:谷口悟朗と今期で一番力の入っている作品のひとつ。他にも有名スタッフとしてはメカデザインの一人に安田朗(ターンA、キングゲイナー)、企画:竹田靑滋(=竹田 菁滋:SEED、エウレカ)、メインアニメーターに中田栄治、千羽由利子など。
竹田靑滋+TBSとくれば当然グロ有り反戦作品と言う事で舞台はブリタニア帝国(地図上ではアメリカ大陸全土に位置する。要するにアメリカに対する揶揄)の属国となり「エリア11」という名称で呼ばれる事になった日本。貴族をはじめとする特権的なブリタニア人に混じって生活しているがブリタニアに復讐する事を誓った少年ルルーシュが主人公。偶然テロリストの逃亡に巻き込まれて軍に殺されそうになるが謎の少女との契約により力を得てブリタニアに反旗を翻すという展開になる模様。もう一人、ルルーシュの昔の友人で今はブリタニア軍に所属している少年スザクが白いロボットに乗り当面のルルーシュのライバルになりそうで、ある意味ダブル主人公展開かも。

キャラデザの木村貴宏は最近好きではないが個人的な好みを除けば現時点で今期最高峰の作画レベル。キャラ・メカ両方とも綺麗で動きも良い。メカデザインもオリジナルティーを出しつつ基本を抑えたデザインで個人的には好き。声優陣も有名どころばかりを集め深夜番組としては破格のコストが掛かっていそうな豪華スタッフ。
問題は脚本方面がどうなるかということ。個人的に谷口悟朗・大河内一楼(ストーリー原案&シリーズ構成)は「プラネテス」の改悪があるので手放しに評価できないし吉野弘幸(副シリーズ構成)や竹田靑滋もSEEDの事があるので(まぁアレは殆ど監督と嫁の所為だとは思うが)素直には信用できない。あとは各話担当の脚本家が別に居ればその人達次第か。あまり「テーマ性」と言う物に引っ張られ過ぎなければ少なくとも良作にはなるとは思うのだが・・・。

グロっぽい描写多いですねぇ。死体を山積みにして燃やしたり老人や子供が容赦なく射殺されたり。グロ嫌いではないがTBSのそれは「うひょ~」って物でも無いし無理にグロくしなくてもいいのになぁって感じ。とりあえずメカ戦闘に期待。今回ではカレンの乗るナイトメアが道路に飛び出すシーンやOPのスザクの出撃シーン、サザーランドが壁を登るシーンなんかが面白かった。キャラではお姉さん風吹かしてるシャーリーが気になるけどたぶん脇役で終わるだろうなヒロインはC.C.かカレンのどちらかと言う所か。脚本的にはどうこう言う程進んでないのでなんとも。

コードギアス 反逆のルルーシュ 1
[Amazonで見る]
  • コードギアス 反逆のルルーシュ 1
  • 発売元:バンダイビジュアル
  • 福山潤 櫻井孝宏 ゆかな 小清水亜美 名塚佳織 折笠富美子

  • 発売日:2007/01/26
  • 価格: 2,363円25%OFF / 定価: 3,150円
  • Amazon売上:13位

|

« ゼーガペイン総評 | トップページ | ROOM NO.1301 8巻 妹さんはオプティミスティック! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/12176776

この記事へのトラックバック一覧です: コードギアス 反逆のルルーシュ 第1話:

» 俺は人間をやめるぞ!スザクーーッ!! 〜復讐のコードギアス 感想 第一話 魔神が生まれた日〜 [日がな一日ラらラら日記]
「若者はいいな。時間がたっぷりある。後悔する時間が。」 チェスで呑気に遊んでるテメエに言われたかないわボケ。という突っ込みはともかく、冒頭の如何にもな門閥貴族の台詞ですが、密かに良いこと言ってやしないかと思いま... [続きを読む]

受信: 2006/10/08 19:10

« ゼーガペイン総評 | トップページ | ROOM NO.1301 8巻 妹さんはオプティミスティック! »