« うたわれるもの 第26話 | トップページ | シムーン総評 »

ゼロの使い魔 13話

第13話「虚無のルイズ」

録画し忘れたorz まぁ半分動でも良くなってる様な気もするけど。今回もかなり不満がある出来だった。まずレコンキスタの軍艦が1隻だけってのはコピペでもいいからどうにかしろと言いたい。どこの世界に軍艦1隻で他国に攻め入る馬鹿が居るのか。それにトリステインに軍艦が無いのもおかしいし。アンリエッタの服もお色気UPの魂胆が見え見えで萎える。普段着より薄着になってどうすんの?グダグダと会議を続ける貴族たちに業を煮やして自ら先陣に立つアンリエッタのシーンも描かれず結局おとなしいキャラのままだったし。アンリエッタは普段は流されてるんだけど時々逆切れして突っ走る所が面白いのに・・・。タルブの村が襲われるシーンも何の感慨も無い。ここは竜の羽衣を得る時に村を一切描かなかった弊害だ。そいて今回の見せ所の一つであるゼロ戦での戦闘もいまいち迫力の無い描かれ方だった。ここは一番気合を入れて凝った画面を見せて欲しかったのに。ワルドにやられっぱなしだったのもストレスたまる。毎回押されてるシーンの方が時間が長くて逆襲は一瞬で終わっちゃうのでスカッとしない。フーケの出番とか削ってもっと他の所に時間を回せば良かったのに。クロムウェルの出番とかも正直いらない。アレじゃ本当に間抜けな人に見える。最後のキスシーンはもっと引っ張ってからやって欲しかったな。もう少しムードを作ることも考え欲しいぞ。

総評:原作未見の人なら70点ぐらい、原作ファンなら50点ぐらいでしょうか。しかもその内30点は釘宮理恵の個人得点って感じ?萌えだけにターゲットを絞り「燃え」や物語・設定はあくまでも引き立てるための材料に過ぎないと言う感じで素材それぞれの持ち味を活かし総合的な料理をするつもりがまるで無いことが透けて見えました。それもひとつのやり方だとは思いますが原作サイドはこれ了承済みなのか?自分が作者なら「釘宮が勿体無ぇ、深夜は寝ろ」って言いたくなりますが。あとは萌え路線なら萌え路線だと最初に言ってくれれば過剰に期待しなかったんだけどな。原作サイドもMFJ文庫の看板である作品をこんな安い使い方しているようではダメだ。26話でやるかハルヒみたいに予算たっぷりでやるかしないと器が知れるぞ。兎に角、強く言いたいのは「原作とは別物」だという事。

|

« うたわれるもの 第26話 | トップページ | シムーン総評 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/12096459

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔 13話:

« うたわれるもの 第26話 | トップページ | シムーン総評 »