« AQUAPLUSが同人の書店卸を禁止した件 | トップページ | ジャストボイルド・オ’クロック »

ゼロの使い魔 10話

第10話「姫君の依頼」

アンリエッタ姫が同盟の為に政略結婚としてゲルマニアに嫁ぐ事になったがその前にアルビオンの王子に宛てた手紙を回収しないと破談になるのでルイズに回収を依頼する。ここで原作と違うのは原作では「好きな相手と結婚するなんて、物心ついた時から諦めていますわ」と言っていたのがアニメでは「私はトリステインの王女、国の為にこの身を投げ出す事など厭いはしません」と改変され良い人っぷりを演出されてる。もちろん原作のアンチ・アンリエッタ派にすればプギャーって感じだ。アンリエッタ好きの自分としても諦感の強い「流される人」としての演出の方がいいと思う。あのダメダメなところがむしろいい。あとは「ウェールズへの手紙の最後の1行」って演出が無い。あれが有る無しでウェールズとの問答が結構変わってしまうと思うのだが・・・。
コルベール先生の出番キター。龍の血液=ガソリンですねぇ、ここをわざわざ描くってことは2期の布石と見ていいのかな?出発前夜のルイズとサイトのやりとりはアニメオリジナルの展開で今回の後半にも繋がる演出で良い。サイトの気持ちのまとめとして「俺が守ってやる」と言わせルイズもまんざらでないという関係を示した後に婚約者・ワルドの登場でそれが揺らぐというのが分かりやすい。しかしワルドの登場シーン、風の魔法は横から来たのに本人は上からって描いたやつレイアウト考えろよ・・・。
後半はだいぶオリジナルに近い展開だな。宿についてからのルイズとサイトの会話はこれもオリジナルだがいい感じだった。細かい所が色々端折られていたが次回も舞台が移動して無いっぽいので今回の補足的なエピソードになるのかな、と思って今月のアニメ誌で13話までの展開がどうなるのか見たら・・・orzおそらく原作ファンからは非難の嵐になりそうなラストの展開だった。正直に言おう、現状の情報から言うと残り3話にまったく希望が持てない。話の途中でもいいから素直に原作通りの展開で描いて終わってくれよ・・・。

|

« AQUAPLUSが同人の書店卸を禁止した件 | トップページ | ジャストボイルド・オ’クロック »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/11863524

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔 10話:

« AQUAPLUSが同人の書店卸を禁止した件 | トップページ | ジャストボイルド・オ’クロック »