« ブギーポップのFLASH「4月に降る雪」 | トップページ | うたわれるもの 第26話 »

「トラックバック文化圏の違い」というか生まれも人種も違うよ

トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか <絵文録ことのは>
ライブドアブログのトラックバックスパム防止策導入についての文句をローゼンメイデン風に書いてみる<TERRY オブ レジェンディア>

元記事は1月の物なんだけど最近また微妙に見かける話題になった。もともとトラックバックは相手の書いた記事に言及する記事を書いてリンクURLを併記してからするのがマナーじゃないのか?という意見があってそうするとアニメ感想系ブログではトラックバックに関する作業が多くなり過ぎるという問題が発生する。スパムトラックバック問題を重視している人達からすると「何それ?」と言う事でトラックバックを送る人達には4つの文化圏が有ってそれぞれ基本となる考え方が違うのではないかという話になった。「言及リンク文化圏」「関連仲間文化圏」「ごあいさつ文化圏」「spam文化圏」、一応このブログははアニメ感想系の「関連仲間文化圏」です。で、
トラックバックと文化圏<M.A. -Blog- >
トラックバックに相手の承諾が必要?<スラッシュドットジャパン>
みたいに僕らアニメ系の人達がよく分からないという印象の他文化圏の方々が居ますがそもそも文化圏以前に生まれや人種が違うのではないかという気がする。

そもそも使っているブログが違う。アニメ系の人は個人的にココログ、livedoor、Yahooなんかの有名プロバイダ系を使ってる印象が強い。niftyなら加入していれば無料でブログが始められるしね(最近はほとんど無料の所が多いとは思うが)。さもなくばFC2のように無料で大容量の所とか。だからネット初心者・ブログ初心者が多そうな「関連仲間」の人達(仮にココログ、livedoor、Yahoo、FC2の人としておく)は「言及リンク」に多そうなはてなダイアリーでブロガーとして生まれる事は殆ど無いと思われる。特定の文化圏の付近で生まれたブロガーは例えばココログなら「ココフラッシュ(ココログ新着記事)」「ココフラッシュ:デイリーランキング」を―はてななら「はてなブックマーク」でもいい―見て育つ可能性がある。そうなれば傾向もおのずとその場に合った物になりがち。これは同族での近親交配みたいなもの。こうして真っ白なブロガーも自分の近くの文化圏に染まっていく。だから違うのは当たり前なんだよね。まさかカルチャーショックを受けるぐらい想定されていないとはね。

なぜアニメ感想系のブログに「関連仲間文化圏」の人が多いのかといえば
「同盟」と言う物があるから。素で繋がるのが好きなんですよ。
同じ時期に同じ内容の記事を書く可能性が高い。半年前の記事にトラックバックするのってなんか躊躇われるけどタイムリーな記事ならせっかくの同士と繋がっておこう。
トラックバックから遡って来る人はアフィリエイトの客になるから。たとえばIT関連の記事を書いてもそれに適した広告商品がいつも有るとは限らない。でもアニメの感想ならDVDの広告を貼っておけば訪問者のニーズにぴったり。
繋がりたいけど相手の記事は言及するほどの内容が無い。アニメ感想だと粗筋だけの人とか居るし。ならば言及する必要はなし。
言及して反発食らったりすると嫌だし。僕らは生暖かい「仲良し空間」が好物です。議論なんてしたくないから言及相手が特定されるような書き方はしないよ。
積極的にトラックバック送らないと疎遠になる。トラックバックはラブコールの様な物。トラックバック返しだけで自分から送ってきてくれない様な人はいずれトラックバックが来なくなります(僕のように)。自分の記事に関心が有るという人と繋がった方が気持ちいいしね。貢ぐだけだとつまらない。
こんな感じですかね。特に⑥、「読んでいるかどうか」よりも「読んでいる事を表明する」方が大事っぽいです。そのへん、アニメ感想系でありながら中身は「言及リンク文化圏」である僕はよそ者っぽいです(笑)毎日トラックバックくれた様な人がある日ぱったりとトラックバックをくれなくなり、どんどんそういう人が増えてきて仕舞いにはトラックバックゼロになりますから。面白いぐらいに。いや「お前の書く感想が気に食わない」とか有るかもしれませんがね。僕は相互リンクもお断りにしてるから旨みが少ないんだろうな。

|

« ブギーポップのFLASH「4月に降る雪」 | トップページ | うたわれるもの 第26話 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「トラックバック文化圏の違い」というか生まれも人種も違うよ:

« ブギーポップのFLASH「4月に降る雪」 | トップページ | うたわれるもの 第26話 »