« 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | ARIA THE NATURAL 第21話 »

同人誌の転売問題

同人製作者と転売屋と同人誌販売店の話。<樹海エンターテイナー>

同人誌とプレミア<よつばの。>

同人誌と転売とプレミアと中古同人誌市場の話。<樹海エンターテイナー>

同人誌の転売の是非について書かれた記事を読んで自分なりの話を。僕は転売を推奨もしなければ否定もしない立場です。コミケに行き始めた頃、東京に行くたびに2千~3千円の中古同人を漁ってお気に入りになった作家の過去の本を補完していました。それが転売屋の売った物か普通の人が飽きて売った物かは分かりませんがどう見ても原価500円の本を2千~3千円で売っているので結果的には転売屋価格で買っているのです。しかし3千円でも時には売れてしまうような本が最初から600円で売られていたらどうなっていたでしょうか?多分僕が店に入る前に売れているでしょう。高価だからこそ手に入った本も有るのでそこで恨み言は言いません、高過ぎる本は勘弁して欲しいけど。当時地元にはとらのあなが無かったので(中古ショップはあった)東京まで行って買い付けてくる人の手間や目利き料を考えれば1500円ぐらいするのは妥当な料金だったかもしれません。それ以外に手に入れる方法が無かったのですから(ゼロでは無いけど現実的な線として)。

現在でもとらに大量入荷すれば原価で買えるかと言うとそうではありません。例えば沖縄に住んでいる人は一番近いとらのあなでも福岡になりますのでそこまでわざわざ行くか送料を払って通販で買うしかない。ネットが使えない人なら結局自分の足で県外まで買いに行く事になります。送料をプラスした金額と少し高い中古同人で同じ金額になればどっち買っても買う人には同じです。もちろん絶対数が増えれば中古同人も送料+分よりも安くなる可能性があるので供給量が増えるにこした事は無いですが。結構難しいですよ、需要と供給のパワーバランスを均等にするのって。

樹海エンターテイナーさんの「BTO方式で需要に応じて増刷」というのは実現できれば申し分ないですがその前に別の方法も有ると思います。それは、とらのあなが積極的に動いて本を刷ると言う事です。コミケ後に入荷したはいいけど1日~2日で完売する本があります。そうした時にとらのあながまだ残っている購買層の数を推測して印刷コストを全て請け負って増刷して売る。当然リスクを全てとらが請け負うので取り分も通常の委託とは逆に、とら8:2作家ぐらいにする。作家としては増刷はリスクが怖いのでやりたくないけどとらにとってはビジネスチャンスの時も有ると思います。
あとは、やらせ臭いですが「次のコミケではこれが流行りそうだ」という作品の同人を作家に依頼して原稿料を渡して描いてもらう。出来た原稿からとらの責任で本を刷り、作家には原稿料+印税っぽい出来高1~2割を払う。とらの目利きによっては部数が増えるかも。合同誌や過去の本の再販に関してもとらが売れると判断すればリスクや連絡の手間を請け負って発行を肩代わりする事は可能なはずです。
同人誌をビジネスとして扱うのを嫌う人が殆どだと思いますが同人業界の外の人に聞けば十中八九「それは商売だ」と言うでしょう。法律的にも税金的にも同人は商売です。愛情を持ってやっているかどうかは商売かどうかの判断には影響を与えません。金を受け取った時点で商売です。僕らの感覚が異常なんです。その上でビジネスとしてまだ色々なやり方は残っていると思うので方法を掘り出してそこから好きな選択をさせるようにしないといけないと思います。「同人誌は頒布するもの」と言う考えは思考の硬直に繋がるのであまりお薦めできません。逆に「売るもの」として考えた方がまだ可能性は広がると思います。

他にもとらのあなができる事としては、「もっと宣伝・告知を強化する」という事があります。「コミケ終了○日ぐらいでとらのあなに入荷する」という情報の有る本であれば会場で買い逃したからといってすぐに高い中古品に手を出す必要性は無くなります。もっと進めば、会員登録して「ジャンルが○○の本」「△△氏の参加している本」という様な条件設定に合う本が入荷もしくは入荷のめどが立ったというメールが自分の携帯に届くシステムとか有ればとらに行く予定が無かった日もいそいそと買いに行くかもしれません。
反面、サークルの会場での売上が減る、サイト更新等のコストが掛かるといった問題も有るので実現できるかどうかは分かりませんが。とにかく「いつ誰の本が入荷する」かが分からないというのは普通の本屋ではありえない話なので可能な範囲で情報統制の強化は図るべきだと思います。

他にも書ける事有るけどこの辺で。僕的には転売屋よりも海賊版の方を何とかしたい。

追記:コメント欄にてすでにとらの入荷情報システムは有るとの情報を頂きましたがやはり事前情報がなければ使い物にならないと思います。今回のコミケ前にとらのあなでは一部のサークルの夏コミ新刊が「8/14から販売」というように事前情報を店頭で公開していました。これぐらいの情報が有れば「無理に会場で買わなくてもいい」とか「買い逃しても中古に手を出す必要は無い」という流れになります。可能な限りこのレベルを保つ事とこういう情報システムが有るということ自体をもっと宣伝するべきですね。ビジネス的に言うならとらは会場から客をもぎ取るぐらいの気概が無いと。

|

« 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | ARIA THE NATURAL 第21話 »

コメント

とりあえず突っ込みをひとつだけ。

「とらのおきにいり」を利用すれば、通販入荷情報をメールで受け取ることはできます。
問題は店頭入荷状況と完全一致しないことですが。。。

諸事情でメアドが偽者ですいません。。。

投稿: @++ | 2006/09/01 10:50

ああ、一応もう有るんですね。1~2日で売り切れる品がある事を考えれば入荷状況と完全一致もしくは事前情報でないと意味無いですが。コミケ新刊のページも重複が激しくてチェックし辛いので人によっては見る気無くなるでしょうし。
メアドに関しては一応の厨フィルターなだけですので気にしませんがそういう事は黙っていてくださいw

投稿: 西岡勇志 | 2006/09/01 16:39

とらのあな出庫情報
http://www.toranoana.jp/shop/newka/shop.html
をうまく使えればいいんですが。
こっちはとらのあなの倉庫から出たら記載されるんで最悪当日情報になります。RSSとかでうまくできればいいんですが。

投稿: @++ | 2006/09/01 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/11712240

この記事へのトラックバック一覧です: 同人誌の転売問題:

« 涼宮ハルヒの公式 | トップページ | ARIA THE NATURAL 第21話 »