« うたわれるもの 第21話 | トップページ | ゼロの使い魔 8話 »

同人という物について

ひぐらし公式で竜騎士07さんからこんな話が
二次創作の公認について
基本的に「公認」する事は無いけど好きにやっていい、ただし責任は全部自分で取れという話。まぁ当然と言えば当然、流石と言えば流石。知恵先生に関してのTYPE-MOONの回答も多少冷たいように見えるけど釘を刺す事によって色々明確にしているのはさすが。
著作権の話だと邪SRAC関連の事とか自分の書いた記事だと「同人は是か非か」「同人かオリジナルか!?」みたいなつまらない話になっちゃいがちですが元が同人とはいえすでに商業作品へと発展しているひぐらしの公式にこういう話が書かれるのはちょっと嬉しいかも。同人というジャンルに関する議論って本当につまらない話が多くて辟易するんだけどここからもう少しまともな思考が育つといいなぁ。

お客様は家畜ですと言わんばかりだと思った夏コミ3日目。」「BLや801の方が(二次創作として)健全だというその根拠とか。」<Screw Pile Driver>の記事とかね、いやもぉ酷いなと。釣りにしても酷いし全く頭が回らない程バカな人には見えない辺りが酷い。これほどつまらない記事を見たのも久しぶりだって感じで。
確かに男性向けエロ同人なんて外側見れば醜いに決まってるだろうけど裸の王様っていうか、BL・801も外側見れば同じだっての。どこから見るかの違いでしかない。男性向けエロはただやるだけって作品が多いのも確かだけど逆に女性向けエロの「本来そういう性嗜好の無いキャラクターを勝手に同性愛者に仕立てる」っていうやり方もあまり好ましく無いからどんぐりの背比べだよなぁ。改変するよりも伸ばして欲しいし愛が有れば何やってもOKって自分たちで言うのは違うでしょ。漫画家の上山徹郎さん(もしかしたら道郎さんだったかも)が「作者といえどもキャラクターに勝手な事をしてはいけない」みたいな事を仰っていて感動した覚えがあります。キャラクターは生み出された時にそのキャラクターがあるべき方向というのを持って生み出されているので作者の都合でそれを捻じ曲げてはいけない、みたいな。

何つーか悲しくなりますよね。僕はかなりの金額同人を買う人間なんですがふと考えるとこんな話ばっかで。コミケ準備委員会の運営の仕方に対する不満とか某社のケツの穴の小ささとか理想論だけ念仏のように唱えて現実を見た意見を一切言わない人とか、何か有ったら一気に滅びそうだなぁ・・・。

なんてことをつらつらと書いていたらヤフオクで他人の同人誌をCD-ROMに納めて売ってる馬鹿が。その上、過去にも同じ事を何回も繰り返してるらしい。同人誌自体がグレーな存在なのにそれを使って真っ黒な事すんなよ。

|

« うたわれるもの 第21話 | トップページ | ゼロの使い魔 8話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/11596483

この記事へのトラックバック一覧です: 同人という物について:

« うたわれるもの 第21話 | トップページ | ゼロの使い魔 8話 »