« 同人という物について | トップページ | ヤフオクは同人の海賊ROMの巣窟 »

ゼロの使い魔 8話

第8話「タバサの秘密」

原作4巻収録のエピソード。この作品屈指の萌えエピソード・惚れ薬の話の導入編。タバサの過去を描くという点においては早すぎるのでもったいない気もするけど2期目が有るかもしれない含みは待たせないのが方針っぽいので仕方ないか。
冒頭、休暇に行く前にキュルケがぱふぱふしただけであっさりサイトを置いていってしまうのはちょっと違うかなぁ。もうちょっと別れを惜しんでくれてもなぁ。あとはタバサの複雑な事情、それを受け止めてあげるキュルケ共にもっとゆっくり話が進んだ後の方が最大限に威力が発揮できたかと思うと・・・。まださすがにタバサに萌える体勢できて無いよ。キュルケがタバサのお母さん代わりになってあげるシーンは好きな所ですが結構あっさりした描き方だなぁ。時間があればもう少し間を取って欲しかったかな。
シエスタとのお風呂、一旦服のまま入る描写も入れて欲しかった。濡れたメイド服とかやればエロいのに。脱いだら胸が増量されているのは良い。ちゃんと「脱いだらすごいんです」仕様になってるよ。シエスタが一気にサイトとの仲を詰めてきた印象だけど原作見返したらほぼそのままだった。風呂エピソード自体は3巻収録だからそんなものか。
肝心のルイズですがむしろ前回よりも「どうして私が気にしなきゃいけないよ!」と自問自答してツンとデレの境界線上に居るのはいい感じ。やっぱこの過程を無視してデレに移行されてもやや興醒めだからね。ツンツン→ツンデレ→デレデレと移行するからこそ旨みがあるんですよ!来週はもう、とろっとろに蕩けそうなデレデレのルイズが見れるはずなので楽しみ。「パンツはかない」宣言とかやってくれるのかなぁ、ワクテカ。

ゼロの使い魔 Vol.1
[Amazonで見る]
  • ゼロの使い魔 Vol.1
  • 発売元:メディアファクトリー
  • 釘宮理恵 日野聡 堀江由衣 櫻井孝宏 井上奈々子

  • 発売日:2006/09/22
  • 価格: 3,938円25%OFF / 定価: 5,250円
  • Amazon売上:位

|

« 同人という物について | トップページ | ヤフオクは同人の海賊ROMの巣窟 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/11601216

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔 8話:

« 同人という物について | トップページ | ヤフオクは同人の海賊ROMの巣窟 »