« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

涼宮ハルヒの公式

オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式
[Amazonで見る]
  • オフィシャルファンブック 涼宮ハルヒの公式
  • 著作者:コンプティーク
  • 発売元:角川書店
  • 発売日:2006/08/26
  • 価格: 1,260円 / 定価: 1,260円
  • Amazon売上:位

アニメ版の公式ムック。出てたけど最初あんまり買う気なかったんだけど何となく買った。内容は
■いとうのいぢ描き下ろしイラスト2点
■美樹本晴彦描き下ろしイラスト1点
■アニメ誌等で描き下ろされたイラスト23p29点
■登場人物カラー設定集14p
■ハルヒのクラスの座席表
■各話紹介2pづつ
■OP・ED紹介2p
■声優インタビュー女性陣4p(写真あり)
■声優インタビュー男性陣4p(写真あり)
■アニメロサマーライブのレポート1p
■ゲストイラスト各1点、paco、西又葵、武蔵屋長元坊、ベンジャミン、流瀬剛、後藤邑子(笑)
■美樹本晴彦インタビュー
■背景画像の紹介6p(ここから基本的にモノクロ)
■用語集4p
■ねこマン特集1p
■4コマ漫画4pツガノガク作
■監督・石原立也×演出・山本寛対談4p
■賀東招二×谷川流対談8p
■いとうのいぢインタビュー4p
■関連アイテム紹介4p
■公式ホームページ紹介1p
■正式な話数順序表1p

続きを読む "涼宮ハルヒの公式"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アニメがお仕事! 5巻

アニメがお仕事! 5巻 (5)
[Amazonで見る]
  • アニメがお仕事! 5巻 (5)
  • 著作者:石田 敦子
  • 発売元:少年画報社
  • 発売日:2006/08/28
  • 価格: 570円 / 定価: 570円
  • Amazon売上:位

元アニメーターの石田敦子が自分の体験を元にアニメ業界の裏側を描くこのシリーズ、前巻で製作スタジオ「めもちプロ」が消滅し、主人公のイチ乃は実力派の堀内・星が所属する「スタジオ火山」に所属する事になったのだがやはり新天地でもイチ乃の休まる時は無い。上手い人と一緒に仕事をしてるだけで肩を並べた気になるなと堀内にたしなめられ、めもちプロの残党から嫌がらせを受けたりしてどんどん沈んで行ってしまう。結果的に救いが入るんだけど本当に石田先生はツンデレっつーかS?だなぁと思ってしまう。普通漫画の主人公って壁にぶち当たる事は有るけど「挫折」したり「折れてしまう」ってことは殆ど無い。それをこの人は思いっきり折るんだよね。折った後に直す。何と言うか、壁を乗り越えようと思って飛びついたらその手前に堀が掘ってあったみたいな。
それにしても今回の「救い」も絶妙だった。火山製作の新作に出演予定だったベテラン声優が突如亡くなってしまい、フラっと葬式を見に行ったイチ乃がそこに次々と駆けつける色々な年代のファンを見て自分達の仕事の意味を再び理解するというのが今回のイチ乃への救いなのだがタイミング的に鈴置洋考さんの死とバッチリ合いすぎ。実際には富山敬さんの死を当て込んだ物なんですけどね。
葬式の中で「戦艦」のオープニングテーマが流されファンがむせび泣くんですよ「宇宙へ行く曲だ」って。富山さんにも鈴置さんにもそれほど思い入れは無いんですがこの辺りはグッと来ました。そしてファンは語りだします。「戦艦って今観るとめちゃくちゃだよな」「色は放送途中で変更になるし」「打ち切りだから話は飛ぶし」「カットつながってないし」それでも「やみくもなパワーだけはあったよね」「わけわかんない熱いもんだけは感じたんだよなぁ」って。奇跡のように皆の力が重なって生まれたと評され、好きだったことも忘れるくらい時間が経っても思い出して泣ける。そんな作品が今どれくらい有るだろうか。当たり前のように何年も同じ作品を追っかけていた昔が懐かしい。
しかし、この作品ってプラス・マイナスしてどうにかプラスになるような作品だなぁって思いました。すごい悪意だとか悪意の無い暴風だとかを見せられて凹むんだけどこの作品ならではの大きな感動もある。でも感動を描く為にはその前の凹みが不可分で・・・。面白いんだけど気軽に人には薦められない作品です。埴輪くんなんかは痛がって読めないって言うんだけど創作に関わりたい人には割と読んで欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフオクは同人の海賊ROMの巣窟

調べてみたら結構居るね。ヤフオクで同人誌のスキャンデーター集めてCD-ROMとかDVD-ROMで売っている奴。基本的に18禁同人を集めた物で、涼宮ハルヒ・ひぐらし・ToHeart2・ガンダムSEEDなど何でもあり。おそらくwinnyで集めたのであろうデーターを焼くだけだからコストも手間もほぼ無し。

海賊販売業者その1 matuda3341
海賊販売業者その2 furikuri6969
海賊販売業者その3 takumabrave2
海賊販売業者その4 sli_1980              (ダウンロード販売までしてる・・・)
海賊販売業者その5 ryurion_ex_2
海賊販売業者その6 naru_naru_naruto77
海賊販売業者その7 hebimetasanrockfujiyama
海賊販売業者その8 zontazontazonta
海賊販売業者その9 meru_night
海賊販売業者その10 kaz19390219
海賊販売業者その11 vastlord20022    (これもダウンロード販売)
海賊販売業者その12 aoatsu
海賊販売業者その13 skidraw0872
海賊販売業者その14 hagane106
海賊販売業者その15 super_strong_machine
海賊販売業者その16 ruiandrui2002
海賊販売業者その17 pokoyuki001
海賊販売業者その18 qwerzxc789123
海賊販売業者その19 jinsei_games
海賊販売業者その20 gintama51
海賊販売業者その21 kitamura0707
海賊販売業者その22 m9175428
海賊販売業者その23 masterfileplanner
海賊販売業者その24 flash7428
海賊販売業者その25 refrainblue9_perceval
海賊販売業者その26 hierophant_greein
海賊販売業者その27 kumiyuke
海賊販売業者その28 kurimaru1984
海賊販売業者その29 stikitaly
海賊販売業者その30 takumabrave2
海賊販売業者その31 haruma2jp2000
海賊販売業者その32 rd5060

多過ぎて閉口。違反オークションの報告はここから違反者のIDリンク先の出品者が出している商品ページに書かれたオークションID(終了時間の下)をコピペして理由欄に「他人の本を無断複製した海賊品」とか書いて送る。現在出品中の物が無ければ過去の評価を見て終了したオークションについて報告する。ヤフオクIDを持ってる人はさらにここからも念を押しておくと良いみたい。あるいはヤフオクの管理自体を問うのもアリかと。あとは迷惑になるかもしれないけど自分の知ってる作家さんの画像が有ったら本人に連絡してあげるの一つの手。どう対処するかは本人の自由だが。単純な被害額で言えば、1冊500円として100冊収録されているROMなら5万円、一番多い9000冊収録の物なら450万円。しかもその450万相当の物を1500円程度で売る価格破壊っぷり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔 8話

第8話「タバサの秘密」

原作4巻収録のエピソード。この作品屈指の萌えエピソード・惚れ薬の話の導入編。タバサの過去を描くという点においては早すぎるのでもったいない気もするけど2期目が有るかもしれない含みは待たせないのが方針っぽいので仕方ないか。
冒頭、休暇に行く前にキュルケがぱふぱふしただけであっさりサイトを置いていってしまうのはちょっと違うかなぁ。もうちょっと別れを惜しんでくれてもなぁ。あとはタバサの複雑な事情、それを受け止めてあげるキュルケ共にもっとゆっくり話が進んだ後の方が最大限に威力が発揮できたかと思うと・・・。まださすがにタバサに萌える体勢できて無いよ。キュルケがタバサのお母さん代わりになってあげるシーンは好きな所ですが結構あっさりした描き方だなぁ。時間があればもう少し間を取って欲しかったかな。
シエスタとのお風呂、一旦服のまま入る描写も入れて欲しかった。濡れたメイド服とかやればエロいのに。脱いだら胸が増量されているのは良い。ちゃんと「脱いだらすごいんです」仕様になってるよ。シエスタが一気にサイトとの仲を詰めてきた印象だけど原作見返したらほぼそのままだった。風呂エピソード自体は3巻収録だからそんなものか。
肝心のルイズですがむしろ前回よりも「どうして私が気にしなきゃいけないよ!」と自問自答してツンとデレの境界線上に居るのはいい感じ。やっぱこの過程を無視してデレに移行されてもやや興醒めだからね。ツンツン→ツンデレ→デレデレと移行するからこそ旨みがあるんですよ!来週はもう、とろっとろに蕩けそうなデレデレのルイズが見れるはずなので楽しみ。「パンツはかない」宣言とかやってくれるのかなぁ、ワクテカ。

ゼロの使い魔 Vol.1
[Amazonで見る]
  • ゼロの使い魔 Vol.1
  • 発売元:メディアファクトリー
  • 釘宮理恵 日野聡 堀江由衣 櫻井孝宏 井上奈々子

  • 発売日:2006/09/22
  • 価格: 3,938円25%OFF / 定価: 5,250円
  • Amazon売上:位

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同人という物について

ひぐらし公式で竜騎士07さんからこんな話が
二次創作の公認について
基本的に「公認」する事は無いけど好きにやっていい、ただし責任は全部自分で取れという話。まぁ当然と言えば当然、流石と言えば流石。知恵先生に関してのTYPE-MOONの回答も多少冷たいように見えるけど釘を刺す事によって色々明確にしているのはさすが。
著作権の話だと邪SRAC関連の事とか自分の書いた記事だと「同人は是か非か」「同人かオリジナルか!?」みたいなつまらない話になっちゃいがちですが元が同人とはいえすでに商業作品へと発展しているひぐらしの公式にこういう話が書かれるのはちょっと嬉しいかも。同人というジャンルに関する議論って本当につまらない話が多くて辟易するんだけどここからもう少しまともな思考が育つといいなぁ。

お客様は家畜ですと言わんばかりだと思った夏コミ3日目。」「BLや801の方が(二次創作として)健全だというその根拠とか。」<Screw Pile Driver>の記事とかね、いやもぉ酷いなと。釣りにしても酷いし全く頭が回らない程バカな人には見えない辺りが酷い。これほどつまらない記事を見たのも久しぶりだって感じで。
確かに男性向けエロ同人なんて外側見れば醜いに決まってるだろうけど裸の王様っていうか、BL・801も外側見れば同じだっての。どこから見るかの違いでしかない。男性向けエロはただやるだけって作品が多いのも確かだけど逆に女性向けエロの「本来そういう性嗜好の無いキャラクターを勝手に同性愛者に仕立てる」っていうやり方もあまり好ましく無いからどんぐりの背比べだよなぁ。改変するよりも伸ばして欲しいし愛が有れば何やってもOKって自分たちで言うのは違うでしょ。漫画家の上山徹郎さん(もしかしたら道郎さんだったかも)が「作者といえどもキャラクターに勝手な事をしてはいけない」みたいな事を仰っていて感動した覚えがあります。キャラクターは生み出された時にそのキャラクターがあるべき方向というのを持って生み出されているので作者の都合でそれを捻じ曲げてはいけない、みたいな。

何つーか悲しくなりますよね。僕はかなりの金額同人を買う人間なんですがふと考えるとこんな話ばっかで。コミケ準備委員会の運営の仕方に対する不満とか某社のケツの穴の小ささとか理想論だけ念仏のように唱えて現実を見た意見を一切言わない人とか、何か有ったら一気に滅びそうだなぁ・・・。

なんてことをつらつらと書いていたらヤフオクで他人の同人誌をCD-ROMに納めて売ってる馬鹿が。その上、過去にも同じ事を何回も繰り返してるらしい。同人誌自体がグレーな存在なのにそれを使って真っ黒な事すんなよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うたわれるもの 第21話

第21話「大封印」

うたわれの感想もだいぶさぼってしまったなぁ。色々語りたいシーンも有ったんだけど1話全体で語るには足りない話が多かった感じかな。おやじさんが死んだシーンとか「黙れと言っている!」とかなかなか良かったんだけどね。クッチャケッチャ・シケリペチム戦は面白いんだけどそれぞれもう1話づつ追加してやってくれたらベストだったなぁ。戦闘シーンではトウカ絡みがいつも良いですね。相手の攻撃を受け流す感じが出てて他のキャラとの差がハッキリしてるのがいい。

さて、クンネカムンがラスボス前の障害?として全土支配に乗り出しましたがまさかここまで嫌な展開になるとは思いませんでした。もともとクーヤ自体自分勝手な思い込みで動く迷惑なキャラとしてあまり好きじゃなかったんだけどさらに堕ちて厨っぽい展開に流れるとはなぁ。
初期のベナウィもそうだけど偽善的?な方向に流れるキャラって好きじゃない。国を守るためとか言いながらやってるのは虐殺でクンネカムンに攻め込んでる奴等と同等かそれ以下。そもそも犠牲を計算の上で動くハクオロと違って将来的に犠牲をゼロに出来ると勘違いしているのが間違い。あとはハウエンクアみたいな頭の悪い奴を飼ってるのものなぁ・・・。ヒエンも冷静っぽく見えてそうじゃない所とか痛い。まぁ、そういう役どころとして作られたキャラ・国なのでしょうがないだけど。しっかしこれだけ嫌われていてよく今まで生き残っていたなぁシャクホコル族。
トゥスクル側で面白いのは作戦会議してる所にエルルゥが入ってくるとスッとみんな静まるのがエルルゥの微妙な立場を示してる。戦闘要員じゃない上にやたら心配性だからな。あとは20話のカミュ絡みのシーンが良かったなぁ。かたくなにその場所で待ってるユズハとそれに寄り添うムックルとかそれを見たカミュが大泣きしちゃうのとか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひぐらしのなく頃に 第9話~13話

だいぶ溜めてしまったので祟り殺し編まとめて。
またしても冒頭の部活が端折られたので何故、圭一と沙都子が急に仲が良くなったかの説明が機能していない。やっぱりキャラクターの掘り下げという意味で部活シーンはやっとくべきかなぁ。弁当勝負があって沙都子の作ってくれた弁当が魅音達にこき下ろされ、沙都子の名誉の為に立ち回るシーンぐらいは欲しかった。ちゃんとしたやりとりの後に絆を深めたのでなければ自分の事を「にーにー」とか言い出す圭一は痛いだけ。
沙都子の問題に絡み叔父を殺そうと決意する行程も単純すぎ。本来は色々悩んで児童相談所とか部活メンバー、園崎家と様々な力による解決を試みた後無力感に打ちのめされた圭一が切れて決意する、という過程があるのに。
魅音の発した「私達が無力だから」という呪いの言葉をトリガーに圭一のKOOLモードが発動するシーンもこの祟り殺し編の異常さを演出する為に欲しかった。倫理観を、不要な情報の一切をカットし北条鉄平を殺す事だけに脳細胞を集中しフル回転させる、まるで将棋や囲碁の名人が何手も先を並列した可能性ごと読むかのように脳内に計画を編み上げる圭一は或る意味主人公としてとてつも無く光っていたのにそれが描かれないなんて・・・。他にも「口先の魔術師」圭一の本領発揮である野球勝負や平穏な日々が突然終わってしまうんではないかという圭一の不安に答えるレナ、取り乱す沙都子に構おうとする圭一を制して「黙ってろって言ってでしょおおぉッ!」と怒鳴るレナのシーンが削られたのは痛い。レナは個人的に鬼隠し編の不安定な怖さよりも綿流しや祟り殺しの中に一本筋の通った凶暴さが垣間見える状態の方が魅力的だと思っているので非常に残念。しかも罪滅ぼし編もやるんだよね?確か。そうなると余計にレナの出番は増やしておいた方が良かったんだが。描かれた部分自体はさほど文句は無いのだが削られた部分に関しては文句が有り過ぎるというのもアンバランスな結果だなぁ。ふと気が付けば祟り殺し編は5話使ってるのにもかかわらず足りて無いんだな。こうなるとホントに目明し・罪滅ぼしはカットした方が良かったね。

ところで皆さん、コンシューマー版の「ひぐらしのなく頃に 祭」はどうでしょうか?個人的にはキャラデザにかなり不満があるんですけど。同じ絵師の「怪盗ルソー」はプレイしていませんが絵はいい感じだと思ってました。しかし公開されたコンシューマー版の絵を見ると何だかしっくり来ない物ばかりでした。
まず魅音が巨乳じゃない。原作の方では竜騎士07さんが「魅音は巨乳だと思う」と言っていた筈だし女の子らしいスタイルを持ちつつ性格がおっさん臭いというギャップが良かったのに普通乳に。あとはポニテの髪が硬そうな表現なのや髪全体でヘルメット臭く見えるような感じもちょっと・・・。レナは髪型がおかっぱベースだと思うのですが首の後の部分がやけに短くなっちゃっていてサイド部分がむしろもみ上げの延長線に見えてなんか落ち着かない。沙都子は髪がちょっと癖毛っぽくなったのが違うかなぁ。どっちかと言うとサラッとしていて長くなると少しウェーブが入る様なイメージだったんだけどな。梨花ちゃんはこんな物かなと言う気もするけどなまじ絵が整うと服装が野暮ったく見えるので服のデザインを多少なり変えた方が良かったと思う。
あとは全員に言える事だが表情が原作版の方が生き生きしてる。竜騎士07さんの絵は下手なんだけどその分荒削りの魅力が有って、照れた時の表情なんかがすごくいい。その大きな魅力を小奇麗な絵と引き換えに捨ててしまうのは下手をすると原作ファンにとっては損失の方が大きいかも。もちろん、今まで絵がダメで敬遠していた人達等の新規客が増えるのは好ましい事なんですが個人的には竜騎士07さんの絵をベースに誰かがリファインするぐらいが丁度良かったと思うのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かんなぎ 1巻

かんなぎ 1 (1)

TYPE-MOONアンソロで活躍中の武梨さんの連載漫画。霊感の有る少年が切り倒された御神木を使って像を掘ったら本当に神が宿ってしまって一緒に暮らす事に。同居ラブコメ+不思議要素+ハーレム展開?
すごく面白い話では無いんだけどラブとコメディーとシリアスのバランスがなかなかに絶妙。すっきりとして可愛い絵もいい感じ。この手の漫画はギャグか萌えに傾倒し過ぎるきらいが有るがこれぐらいのバランスでやってくれた方がトータルバランスの気持ち良さが売りになると思う。英語の副題が「Crazy Shrine Maidens」だったりヒロインのナギがAカップだったりする所もなんか面白い。個人的には幼馴染のつぐみちゃんが一押しで、主人公が巨乳派だと知った時のガッツポーズがとても好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔 6話&7話

第6話「盗賊の正体」第7話「ルイズのアルバイト」

6話は満足度高かった。ルイズもキュルケも可愛かったしテンポも良かった。馬車の上でサイトに胸すり寄せている時のキュルケとか鼻の下が伸びてる感じでエロ可愛くていい。
ルイズの「魔法が使える者を貴族と呼ぶんじゃない、敵に後ろを見せない者を貴族と呼ぶのよ!」以降は原作で見ててもグッと来る。いつもはうるさいだけのルイズだけどこういう真っ直ぐな所や自分の能力に対するコンプレックスから泣いちゃう所を見せられると正直たまらん。贅沢を言えばもう少し学園でのルイズの馬鹿にされっぷりをもう少し描いたりすると良かったんだけどテンポ重視ならまぁこんなもんだよな。サイトのアクションシーンもギーシュ戦に比べればだいぶ良い感じ。ゴーレムを倒した後のサイトを見上げるルイズのシーンが良い。良く有る演出だけどやっぱこういう基本的なシーンは大事だよなぁ。
祝賀会は端折りすぎかな。せっかくの手がかりを無くして落ち込んで飲んだくれるサイトがシエスタの気遣いやキュルケの誘いを断った上でルイズとは踊る、みたいな流れを作って欲しかった。あとはオールド・オスマンとフーケの馴れ初めとか削るのも少しもったいない気がする。コルベールもロングビルとの会話削られたけどああいったシーンを積み重ねておいた方が後の活躍(2期目が有ればの話だが)の時に活きてくるんだけどなぁ。

7話に関しては全体的に時間不足。出来ればもう1話使ってやって欲しかった。そもそもこのエピソード自体原作5巻の物で、前回まで1巻のエピソードを描いていたのにいきなり時間が飛びすぎる。そのせいでいきなりルイズがデレ期に突入したかのように見えてしまう。それを和らげる為に2話使って、「フーケ戦のサイトは格好良くてそれを思い出すと何だかドキドキしちゃう」みたいな感じで徐々にデレに持って行って欲しかった。
あとはジェシカとかもそれなりに美味しいキャラなのでもうちょっとゆっくり消費して欲しかったかなぁと。チップレースに勝った後も原作では部屋の掃除をして料理を作って待ってるはずなのにアニメではビスチェ着てるだけ。デレが強くなり過ぎないようにとの措置かもしれないが珍しく可愛げの有るルイズのシーンなのに削られるのは少々もったいない。
でもアンリエッタとのキスシーンやジェシカのおっぱいはかなり満足。この作品キスシーンがエロくないと魅力半減だからね。ジェシカのおっぱいはちょっとロケット型おっぱいっぽい感じでキュルケのよりいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

コミケはハルヒ本の数がすごかった

夏コミから帰ってきました。予想以上にハルヒの勢力が強くてその分他のジャンルの突発本が殆ど無かったのが残念でした。たぶん3日間で100冊以上のハルヒ本が出てたと思う。でも個人的には絵柄とか横並びで食指が伸びずハルヒ本で入手したのは3冊のみ。しかもその内1冊はNNZ団のグレート魔神さんからタダでいただいた物でもう1冊はコミケ後のとらのあなで買った物なので会場では1冊しか買って無い。残りの1冊は辺境仮設地帯ここのコピー本。どうやら自分はピーキーな絵でハルヒ本が見たいらしい。なんかいかにもな絵だと沢山有り過ぎてどれも同じに見えるからなぁ。とらで買ったのは稀有馬屋の「恋するハルヒは切なくて、キョンを想うとすぐHしちゃうの」。キョン×長門、キョン×ハルヒの二本立て(みくるはおさわりだけ)でボリューム有るし長門にメイド服着せたりキョンの部屋で自慰するハルヒとかラブコメ要素も入ってるので美味しい。個人的にはキョンのち●んちんを前にしてよだれ流しちゃう壊れたハルヒが好きですw。

しかし、前述の通り各サークルさんの創作パワーを全てハルヒが持って行ってしまったので他のアニメ作品とかは相当割を食ってた。順当に行けばそれなりの数の本が出ていたはずの「うたわれるもの」や「ゼロの使い魔」「ゼーガペイン」等の本は2~3冊しか確認できなかった。これはこれであんまり面白くない状況だなぁ。うたわれ関連では松本ドリル研究所のエルルゥ本をとらで購入。
あとはキミキスも思ったよりは少なかった印象で、しかも内容が殆ど二見さんと摩央姉本で8割ぐらいは占められていた感じ。二見さん=摩央姉>>奈々>>明日香>越えられない壁>その他って感じ?みんなもっと川田先生とか描くんだ!っていうかみんなうどん嫌い?まぁシナリオは微妙かなぁーとは思うけどビジュアルと中の人的にはもう少し人気出ていいような気もするのだが。
ハルヒ関連に関しては99%エロだったのでほのぼの日常話とかエロ無しのラブコメ本が見たいなぁ。藤岡ハルヒの本も2~3冊見かけてレベルも高めでしたがエロはいらないのでスルーしてしまいました。何と言うかもっと殿萌えの本とかが見たいんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同人の紹介・ひぐらし18禁とかハルヒとか

アクセス解析見てるとハルヒ・うたわれ・ひぐらし・ゼロの使い魔あたりの18禁を求めてやってくる方が結構居るようですが基本的にウチには18禁物は無いっスよー。まぁ今描いてるのはひぐらし魅音の18禁本ですが。
検索ワード見てると面白いですねー。「ゼーガペイン ソゴルキョウ もっこり」とか、もっこり?「キョン 妹 はさみ 謎 OR 伏線 」キョンの妹がみくる(極小)かもしれない説の事でしょうか?「かみちゅ 章吉 近親相姦 」えー僕はみこ×章吉派なのでw「意地悪Hな王様ゲーム 」???
とりあえず迷える子羊の為にお薦めの同人とか紹介してみますね。
■ひぐらし関連
床子屋 いいわけ会社 ひぐらし関連のエロならこの二つが最強。ただし両方とも圭×魅。それ以外だとKEY FOLDER Paper Crown 辺りが個人的に好きです。

■うたわれ関連
自分の知る限りうたわれは現在中古同人以外では存在しないかと思います。原作の方は同人としては当時からそんなに盛り上がっていないのでアニメ見た人が夏コミ合わせで出すと思いますのでそのあたりのタイミングで「とらのあな」をチェックすると吉。あとはうたわれるものらじおを広めるための団

■ハルヒ関連
個人的にお薦めのハルヒ本が無い。Webコミックとしては非18禁だけど殆ど死んでいるなぐ茶 オルタイン軟膏(医薬品) 鶴屋さんとキョン妹ならねこうさプリンがお薦め。SSなら魔界都市日記 From dusk till down of the dead

■ゼロの使い魔関連
これも今のところ同人はほぼゼロ。ラノベ作品はアニメ化されるまで基本的に同人で扱われません。ネット上でのCG等もこれから増える所でしょう。とりあえずふたば落裏で見かけた(・ω・)つ 初霜の月

■情報系サイト
自分の知ってるサイトで同人やイラスト等の紹介が有るとこはゴルゴ31 好き好き大好きっ 萌えミシュラン D.B.E三二型 CG定点観測 Mug-G's
議論・評論・感想の情報系としては萌え理論Headline

あとはgoogleのイメージ検索で探すのも手ですが探す物によっては殆ど引っかからないのでこまめにオタク系ニュースサイトをチェックするといいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゼロの使い魔 5話

第5話「トリステインの姫君」

4話の剣を握ったのにガンダールヴの力が出ない事に関して好意的な解釈を思いついた。ガンダールヴの力は主人との心の繋がりが大きく作用すると言う設定なのでたやすくシエスタを見捨ててしまったルイズに対して不信感が大きすぎて力が発揮できなかった、という解釈が可能かもしれん。貴族に手を出した事に関してのお咎め無しについても5話でフォローが有ったので何にも考えて無いわけではないようだ。しかしガンダールヴの設定については語られる所まで話が進みそうに無いので不親切と言えば不親切。

ルイズの幼馴染にしてトリステイン王国の姫であるアンリエッタ登場。どうも原作では不人気のようですが僕は好きです。この人が一番人間臭い所を見せてくれるキャラなので。しかし、作画としてはやはり特別可愛い感じはしない。縦ロールとか有る分まだモンモンの方が姫様っぽいかも。もう少し睫毛増やすとか描き分けが欲しいなぁ。あと、あの服装の安っぽさは何とかならんものか・・・。アンリエッタの出番を前倒ししたのは割りといい感じにまとまってる。タバサも上手い具合に出番もらってるし前回に比べると小奇麗にまとまってる。ただサイトのいい所が無いのはちょっと残念かな。ゴーレムを倒そうとするルイズに答えてガンダールヴの力が――とか次回への布石っぽい描写ぐらい欲しかったかな。今回の「使い魔を見捨てるメイジはメイジじゃないわ」って台詞がサイトのルイズに対する信頼のきっかけになるのは見て取れるんだけど原作未読者に対してもう一歩ステップが欲しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »