« ひぐらしのなく頃に 第9話~13話 | トップページ | 同人という物について »

うたわれるもの 第21話

第21話「大封印」

うたわれの感想もだいぶさぼってしまったなぁ。色々語りたいシーンも有ったんだけど1話全体で語るには足りない話が多かった感じかな。おやじさんが死んだシーンとか「黙れと言っている!」とかなかなか良かったんだけどね。クッチャケッチャ・シケリペチム戦は面白いんだけどそれぞれもう1話づつ追加してやってくれたらベストだったなぁ。戦闘シーンではトウカ絡みがいつも良いですね。相手の攻撃を受け流す感じが出てて他のキャラとの差がハッキリしてるのがいい。

さて、クンネカムンがラスボス前の障害?として全土支配に乗り出しましたがまさかここまで嫌な展開になるとは思いませんでした。もともとクーヤ自体自分勝手な思い込みで動く迷惑なキャラとしてあまり好きじゃなかったんだけどさらに堕ちて厨っぽい展開に流れるとはなぁ。
初期のベナウィもそうだけど偽善的?な方向に流れるキャラって好きじゃない。国を守るためとか言いながらやってるのは虐殺でクンネカムンに攻め込んでる奴等と同等かそれ以下。そもそも犠牲を計算の上で動くハクオロと違って将来的に犠牲をゼロに出来ると勘違いしているのが間違い。あとはハウエンクアみたいな頭の悪い奴を飼ってるのものなぁ・・・。ヒエンも冷静っぽく見えてそうじゃない所とか痛い。まぁ、そういう役どころとして作られたキャラ・国なのでしょうがないだけど。しっかしこれだけ嫌われていてよく今まで生き残っていたなぁシャクホコル族。
トゥスクル側で面白いのは作戦会議してる所にエルルゥが入ってくるとスッとみんな静まるのがエルルゥの微妙な立場を示してる。戦闘要員じゃない上にやたら心配性だからな。あとは20話のカミュ絡みのシーンが良かったなぁ。かたくなにその場所で待ってるユズハとそれに寄り添うムックルとかそれを見たカミュが大泣きしちゃうのとか

|

« ひぐらしのなく頃に 第9話~13話 | トップページ | 同人という物について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/66195/11594877

この記事へのトラックバック一覧です: うたわれるもの 第21話:

« ひぐらしのなく頃に 第9話~13話 | トップページ | 同人という物について »